9/13:FLAG21「一拳落着」



名前・春日楠
ジョブ・ファンシー拳法家
身長・175cm
体重・55kg
スリーサイズ・89-60-90
誕生日・4月10日
血液型・A型
備考・出てこなかったが、檜という放蕩な姉がいる。


楠編、終了しました。今回の話は、女の子のなかの男の部分と女の子の部分の葛藤のお話でした。

前回、栞編の結末について「抽象的だったかも」という評価があり(僕的にはあれはあれでよかったと思うんですが)、じゃあ今回はもっとわかりやすいものを描こうか、というのが今回のお話の前提でありました。そこでまあ、悪魔と天使が心のなかで戦うというジレンマ表現の典型的な構図が頭に浮かびまして、これはわかりやすいだろうと。それに「かわいいもの好きの強い女」という属性についての批評を組み合わせて、一つ話を作りました。

しかしまあ、そこから「女の部分と男の部分が分かれて実際に戦う」というところまで発展してしまったので、単純じゃなくなってしまった気もします。これまたもっと長い話にしようと思ったらできたな・・・。毎回、描きたいことが多すぎるんですよ。かと言って、じゃあ描きたいことを全部描いたら面白くなるのか?と言えばそうでもないし(参考:ニューシネマパラダイス完全版)、漫画でも映画でも「編集」は重要ですね。

ただまあ、今回は2話目3話目で桂馬と楠の触れ合いは比較的多く作れたので、ここは満足でした。榊だ榊だと言われとる主将ですが(まあ、途中4コマとかまでやってるしね)、メインとなったモチーフは某打ち切り漫画のチャーハン女です。それとわかるサインを用意しておけばよかった。僕はこういう女の人が好きなんだな、と改めて思いましたねぇ。まあ、毎回好きなタイプしか描いとらんのですが・・・。



今週のココマ

つおりやー。もはや頭身自在のエルシィだー。エルシィ、いつも最終話では不在ですから、今回はちょっとがんばりました。


ココマ2

ボツコマです。1話目で出てきた桂馬の落書き、一体、どうなったんでしょうか?実は最終話で描いたんですけど、カットになったんですねー、しかも、校了の最後の段階での差し戻し!これは単行本で拾うか・・・。




今週はこんな感じです。次の回はいつものインターバル回なしで、いきなり次の女の子が現れます。



↑これです!まあ、何と言うか、新展開という奴ですかな。

ただまあ、次回の掲載は、えーっと・・・・あれ?来週は、載ってな・・・あれれ?
wakakitamiki * 神のみぞ知るセカイ * 23:20 * - * - * pookmark
このページの先頭へ