8/31:34年目の体験

かつてボクらが若かったころ、確かにフュージョンという音楽が一斉を風靡しておった時があった。


フュージョンちゅーてもドラゴンボールちゃいますよ。あっちは90年代ね。こっちは80年代。

こういうの。

 

まあ今でこそ、天気予報とか株式の番組のBGMぐらいにしか思われてないかも知れないが、特に80年代始めにおけるこの音楽の人気はハンパなかった。そもそもフュージョンというのは、クロスオーバーとか言われてて、要するにジャズに他のジャンルを掛け合わせた音楽のことです。なかでも、日本のフュージョンというのは実に実に聞きやすくなり、歌謡曲的…バブル前夜のリゾート気分と合わさって「アイドル的」と言っていいほどに普及しておりました。前も言ったけど、スクェアをクラスでかけると女子が寄ってきたぐらいなんですよ!「この音楽何?貸して」って。信じられますか。

 

なかでも、ボクが中学生の時に人気があったのが、ザ・スクェア(現T-SQUARE)とカシオペア。高中正義とかもっと人気あったけど世代が上だった。中2ぐらいの頃、ボクがいた吹奏楽部ではザ・スクェアのブームが突如巻き起こった。というのも「オーメンズ・オブ・ラブ」を部活でやったからなんだね。スクェアは「宝島」「オーメンズオブラブ」というブラバン定番曲も持っているので吹奏楽界では人気なのだ。アニメのユーフォニアムでも宝島やってたでしょ。

 

ボクもスクェアを聴いていたんだけど、カシオペアをいっぺん聴いてしまってからはカシオペア派になってしまった。とにかく巧い!メロディがキャッチー!アレンジがいい!巧いとかメロディが良いってのは当時のフュージョンバンドはみんなそうなんだけど、この「アレンジ」の部分…これはカシオペアの真骨頂というか、まるで4人が一つの歯車にくっついているんじゃないかという完璧な同期がすごい。「ドミノライン」って有名な曲があるんだけど、これがマスゲームのように各パートが離合集散を繰り返す超絶的アンサンブルを繰り広げる。このアンサンブルと言う部分の独自性で、カシオペアは世界のフュージョンファンの間で有名になった。ボクもこの一体感にしびれて聴き始めたのだ。

 

で、気が付けば、それ以来34年も聴いておるよ。

 

そしてカシオペアも色々あり、メンバーが辞めたり、入ったり、また辞めたり、入ったりしながら、第三期「Casiopea3rd」となったカシオペア40周年ツアーの最終日が赤坂ブリッツであると聞いて、行ってきた。

 

なんと初めてですよ、生で見るの。どうしてもっと早く行かなかったのか。

 

最初は「PAL」から。この日は40周年記念セトリということで、いろんな年代の楽曲をやってくれる。「SetSail」「Tokimeki」「Dazzing」「DominoLine」さすがに知ってる曲ばっかりだ。

 

初めて聞いた時のカシオペアとはメンバーも違う。向谷実も桜井哲夫もいない。野呂一生、神保彰は還暦に到達。ナルチョは今年70才だ。でも元気。さすがにこのトシになると昔のような機械仕掛けのアンサンブルという訳には行かないようで、結構アバウトwでも観客も含めて、まだまだ現役感は残っていた。掛け合いもあるし、後半から総立ちで見てるんだもんね。かつてカシオペアがアイドルだった、という香りがかすかにまだ感じられる。嬉しい。何より、神保さんのドラムソロが生で聞けたのが嬉しかった。「カシオペアパーフェクトライブ2」の神保さんのドラムソロ何遍聞いたか。YAMAHAの神保彰モデルのスティック持ってたもんね。あの頃に比べるとセットもシンプルになったけど、ホントうまい。

 

でも意外(?)というか、一番よかったのが、最新作の曲だったかも知れない。未だに第一期を忘れられない人々が一杯いてネットでうだうだ文句言ってるけど、今はこれでこれでいいかなと思う。昔のカシオペアの曲を今のメンバーがやっても無理がある気が。「GipsyWind」とか結構危なかったw。野呂さんも興味ないんじゃいかな。今のポールマッカートニーが歌うビートルズもそうだけど、今のメンバーにあわせた新曲の方がしっくりきてる。

 

これだけ変わると、ナルチョが許せるようになってる自分がいるのもよかった。ナルチョが桜井さんに変わって入ってきた時は「なんつー下品な音を出すおっさんやねん!」と憤ったけど、ライブで見るとナルチョはなくてはならない存在って感じだった、音はまだ下品だけど。そりゃ1期のメンバーでもう一度やるってのは夢だけど、3rdは3rdで2期の一時期よりは全然いいわ。

 

12月にメルパルクホールでやるらしいけど、これも行こう。

wakakitamiki * 音楽 * 23:59 * - * - * pookmark

8/23:成長するってこと

打ち合わせ。

昨日直したネームと新しく作ったプロット。それなりによさげ。

 

打ち合わせの話題。天気の子の話から、「どうしてボクらはかっこいい大人を描けなくなったのか」という話。加持&ミサトからほぼ代わり映えしない空疎な大人像。陰キャの大人はなんぼでも描けるけど、かっこいい大人が一向にかっこよくない。ランバラルを越えるようなの出てくるのかね。でも、自分たちがかっこいい大人に少しも憧れてないから仕方ない。

 

昔は大人と子供には歴然たる差があり、子供は大人にならなきゃどうしようもなかった。責任をもてることが嬉しかったし、早く一人前になりたかった。だから、髪型、ファッション、全部老けてみられるためのものだったし、大人はさらにかっこいい大人を目指した。でも今は子供は尊重され、大人は責任を持ちたがらない、むしろ、みんな子供に見られたがっている。ファッションも大学生の延長みたいな格好だわ、ボクも今もってまだBEAMSで服買ってるとか。「いい靴とか何の意味があるの?」みたいな。課長島耕作で出てきた「いい立場の人がいい服装をしなければ、相手を戸惑わせることになる」という場所と真逆のベクトルに成長しちゃった。これじゃあかっこいい大人が作れるはずもなし。

 

wakakitamiki * 音楽 * 03:45 * - * - * pookmark

8/8:和菓子ロック

また打ち合わせの日々にリターン。

 

早稲田松竹で、ザ・バンドの「ラスト・ワルツ」がやってるというので見に行く。

実は「ラストワルツ」はロック史上に残る名作と言われつつ、ボクは最後まで完走したことがなかった。なんとなれば、ザ・バンドの良さが全然わからなかったからなのだ。でも、劇場で釘付けにされたら多分最後まで見るだろうという気持ちで視聴。

 

ザ・バンドが好きという人は相当の音楽好きだと思う。「ロック」というのは自意識の固まりで、その「ハレ」で、非日常なところこそがロックの醍醐味だとボクは思っているんだけども。一方、ザ・バンドは「ケ」の固まりみたいな音楽で、この人達が目指しているのはアメリカの風景としての音楽なんだ。アメリカ人が歴史のなかで、その風土のなかで血肉になっていた音楽。いつぞや洋菓子は常に新しいモノを生み出す必要があるけど、和菓子は変わらないものが求められるって話題にしてたけど、和菓子というのはお菓子であると同時に日本の風景なんだよね。ザ・バンドの音楽ってのはそういう音楽って気がする。和菓子ロック。と言っても、カナダ人なんだけどwでもこの時期は、こういう音楽も「ロック」だったんだよね。文脈的には。

 

でも、年取ってきたら何だか、好きかもって思ってきたよね。何曲かは。

 

ただ、この映画で一番ビビーンと来たのは、やっぱりボブディラン、ニールヤング、そしてヴァンモリソンみたいなゲストの皆さんなんだけども。

このヴァンモリソン、ロック史上でもっともダサイ格好のもっともカッコイイステージかも知れない。ロックで大事なのはハート、これは映画館で見て鳥肌が立った。

wakakitamiki * 音楽 * 23:59 * - * - * pookmark

7/22:目を閉じておいでよ

吉本おもろいけど、選挙のニュース後回しにしてまでやる話題かね…。

 

テレビに映る面々がことごとくガキ使で見た連中で、全体がコントみたいに思えてくる。岡本もこんだけまっちゃんの言う通りにするんやったら、もうブリーフで猫抱えて記者会見やればえーねん。

 

それにしても宮迫は怖い男よ…記者会見の殺意の波動はすごかった。

世間を手玉にとる方法をわかっておる。しかしそもそも、こんなのいちいち世間にお伺い立てる必要ってあるのかね…?選挙の次の日でもトップニュースやし。

 

このついでに漫画界も風穴誰かあけてくれんかね。週刊連載で連載貧乏とか、本来あってはいけないんだけどもね。サンデーは今の編集長になってから少なくともボクの見える範囲では多少改善されておりますが。

 

 

 

今日もイラスト。自分が何屋なのかわからなくなるよ。

 

昨日からバービーボーイズをよく聴いてる。別にRGと鬼奴の物まねを見たという訳じゃないんだけど。

それにしても、東京ドームでコンサートをやったほどのバンドなのに、今の時代にほとんど存在感がないのはどうしたことか。というのも、フォロワーがいない、フォローしようのない、とにかく独特なバンドだったから致し方ない。初めて友達のステレオから「Listen!」というアルバムが流れてきた時の衝撃はすごかった。ポリス直伝的パワーイントロからの男女ツインボーカル。しかも「男が高音で女が低音」!それで歌詞はずっと痴話ゲンカ。ソプラノサックスの入ってくる編成といい、いまみちともたかのルックスと言い(マクロス7見てもトライガンみてもああ女神様みてもイマサを思い出してしまう)、どこを切っても個性しかないという音。これはマネしようと思ってもできない…がそれゆえに、今聴いても鮮度が落ちてない。今でもたまに再結成してるけど、結構変わらないのもすごい。

wakakitamiki * 音楽 * 23:59 * - * - * pookmark

6/17:ジャズはここより始めよ

今日はネーム直し。

 

最近何だかキャノンボールアダレイを聞いてる。こないだマイルスのレコード買ったけど、やっぱりマイルスは好きになれない。ボクがジャズで好きと言えるのはアダレイとビルエヴァンスだけだよ。あと、フュージョン!永遠の初心者。

 

画像の『キャノンボールアダレイ・クインテット・イン・シカゴ』は大学時代にジャズ研の友達に「ジャズ聞いたことないんだけど、最初に聞くのにいいのない?」と言った時に、彼が勧めてきたものだ。曰く、「これは要するにマイルスのいないマイルスのバンドなんだけど、普段難しいことしてる面々が御大がいなくなった途端に好き放題演奏してるのが最高なんだよ。とにかくジャズの楽しさが詰まってる」らしい。実際その通りの名どんちゃが祭りをやっておったのだった。

 

で、それ以来ずっとボクはキャノンボールアダレイばかり聴いておるのだった。進化してないね。ちなみにそのジャズ研の男、25年ぶりぐらいに見かけたのがテレビだった。室町時代に詳しい教授としてテレビで話しておった。室町時代の話なんて聞いたことなかったぞ。こういう底知れぬところが、大学時代の友達にはあった。

wakakitamiki * 音楽 * 23:59 * - * - * pookmark

6/16:こんにちはアメリカ

最近アメリカでは日本のシティポップが大流行…ってほどじゃないけど、結構そこそこ人気があるという話ってブログでしたかね?

 

今月細野晴臣がアメリカ行ってコンサートしていたけど、なかでも細野氏へのリスペクトがすごい。

アナログレコードもアメリカでリイシューされてる。「HOSONO HOUSE」とか日本でもう買えないけど(バカ高い二枚組はあるが)、アメリカ版なら買える。日本からも帰るけど試しにAmazon.comで買ってみた。普通に届いた。英語の帯がいいね。細野さんは、バッファローだのジェームズテイラーだのテクノアンビエントだの、基本的に海外の音楽でなんか流行ったらすぐにパクっ…いや取り入れて自分の味のなかで料理する。情報格差のなかで活動していた人なんだよ。アメリカの音楽に憧れたこういう音楽を今のアメリカの人で好む人がいるってのが面白いね。グレイシー柔術みたいなものなのかな(全然違うね)。でも、ビートルズでもそうだけど、パクリであろうとなんだろうと「憧れ」ってのはリアルだから。

 

久々にジュウニブンベーカリー。ご本尊の365日は全然行ったことないのに、ここのパンばっかり食べてるよ。

wakakitamiki * 音楽 * 23:59 * - * - * pookmark

6/9:雨の霞に消える三月のパンタシア

今日は三月のパンタシアのライブ。楽しみ。

 

代々木にある、「傷だらけの天使」のエンジェルビルこと代々木会館を見ながら地下鉄乗り換え。

このビル、ず〜と前から行きたかったんだけど、すぐに忘れちゃってた。とにかく今や廃墟同然のビルで毎年「今年で取り壊し」みたいな話だったんで、もうとっくになくなってると思ってた。でも、普通に、堂々と建っておった。うしろのドコモのビルとのコントラスト…。令和の世の中に昭和ど真ん中の建物。傷だらけの天使の時点でもそこそこ古かったのに、ほとんど手入れされる風でもなく45年。なんとまだ内部で営業中のお店もあって(書店)、入ってみたけどもう幻想的な空間。店の前で店に似つかわしくない派手なお姉ちゃんが立っていたんだけど、この人は本当に今の時代の人だったんだろうか?

 

そこから電車に乗って最近の歌手のライブへ、一気に40年タイムスリップ。

EXシアター六本木。三月のパンタシア、ワンマン。

 

三月のパンタシアは今年の三月に出たセカンドアルバムがとにかく素晴らしくて、まさにボクの三月にパンタシアを起こしてたんで、ライブも楽しみだった。

 

どんなライブなんだろうって思ってたんだけど、一曲目からめっちゃ演奏が巧くてビックリ。見るとメンバー見るとみんな譜面見てる。プロのミュージシャンなんだね。そのなかでボーカルの(多分)みあが出てきて歌う。音源よりも大分へなちょこだけど、これはこれでアリ。曲は最高に好き。

 

それにしても聞いてるうちに不思議な気分になってきた。曲もいいし、演奏も歌もいい。何の問題もない…はずなんだけど、時折自分が何を見てるのかよくわからなくなるというか…。「みあという人の声に惹かれた人たちが楽曲や絵を持ち寄ったユニット」というお題目がこのユニットには付いているんだけど、ボクが楽しんでいたパンタシアの音源のなかで、ステージ上にいるのはその「声質」だけなんだよね。ボクはこのユニットの何を求めて、ここに来たのだろう?曲なのか、詩なのか、動画の少女なのか。少なくとも演奏力ではなかったと思う。なんとなれば、みあがラジカセかなんか持ってきて真ん中に置いて、ベンチに座って歌ってくれたら…もっともっと楽しめたのかも知れない。

 

ユニットバンドの楽しみ方がまだよくわからない。おじさんでした。

wakakitamiki * 音楽 * 23:59 * - * - * pookmark

5/19:週間ザンダクロスも近いな

ところで先日の大阪ダービーは良かったですな。

 

僕は遠藤今野が中盤がいる状態で宇佐美の復帰には疑問だったんだけど、昨日のように運動量が多くて全体の規律ができてるなかだったら宇佐美復帰はあり。遠藤がいなくなった分が宇佐美が違いを出してくれたら(倉田がサブかな…)、FWは十分強力だから。行けるでしょ。

 

今日は16bitの原稿を書く。日曜大工ならぬ日曜同人。

 

音楽はマイルス・デイビスの「カインド・オブ・ブルー」

 

なんか、デアゴスティーニが最近はレコードも隔週で出してるそうな。ビートルズのレコードまで出している。しかも音の評判がいいwもう何でも出すんだね。

 

このジャズの方のシリーズも結構ちゃんとしてて、180g重量盤で990円ですよ(創刊号価格)。これは最高にお買い得でしょ。音質に関しては、元の音知らんから何とも言えない。でも、特にジャズはレコードで聞くだけで味わいを感じる。ジャズにはそういう憧れがあるから。ライトユーザーでごめん。でも、ジャズとクラシックにはこういう「初心者需要」ってのは絶対あると思う。定期的にジャズの「勉強」をしたくなるから。ただ、このジャズのシリーズは3号からは普通にHMVとかで買う方が安い。ジャズのレコード安いからね。ビートルズはデアゴスティーニ盤の方がいいかもしんないけど。

 

昔のロックの名盤とかもこんな調子で出せるんじゃないの?渋谷陽一が選ぶ100枚とか言って(もう淀川長治さんのノリ)。こういうの、アメリカでは最近「ピーター・クイルズ・ズーン・チューン」というらしいな(ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーより)。ビートルズの権利とれるんだったら、これぐらいできるんじゃないの?出たら買うよ。

wakakitamiki * 音楽 * 23:23 * - * - * pookmark

5/6:ボーカル&ギター

なんか布袋さんが、高橋まこっちゃんと松井恒松となんかやるらしい。

3/4BOOWY再結成って訳だ。

 

これのヤフコメ見てると、布袋批判キツイ。「布袋の商業主義嫌い」とか「氷室は筋通してるけど、今更再結成とかかっこわるい」とか。

 

まあ、そう言ってやるなよ…。

 

布袋はホントにBOOWYが、いや氷室が好きなんだから。LASTGIGSのの直後に早くも後悔してる旨を言ってたんだし。氷室ともっぺんやりたいってのはず〜と思ってる訳で。COMPLEXがケンカ別れしたのも、結局自分で歌うことにしたのも、ホントはバンドでやりたいけど、ヒムロック以上の存在がいない、からでしょ。でも東北の震災の時ですら再結成なかったんだから。

 

きっと布袋はあの時「再結成なら、このタイミングしかない!1日だけでいいから、ヒムロック!」って思ったと思うんだけどね。でも、ヒムロックやらなかった。今更再結成なんてかっこわるいぜ!ってんならわかる。でも、ヒムロックがやったのは、ソロでBOOWY再現だった。これ再結成と何が違うん…選ばれなかった布袋のショックでかかったと思うね。中年の大失恋。ブログでグチたれてたけど。その後、COMPLEXのドームやった時の気分いかばかりか(吉川晃司には失礼な話だけどさ)

 

ギタリストってのは、最高のボーカルを常に求めてるんだよ。布袋は帰ってこないヒーローを待ってるんだよ。「ピンポン」みたいに。だから見守ってあげなよ。

 

 

 

なんて言ってるボクは、今はネクライトーキーみたいなの聴いてますけども。

実は最近コンテンポラリーな生活を好きになったんだけど、これが今活動してないんで、コンポラの二人がプロデュースしてるネクライトーキーに流れてる。Boowyがいいけど、Complex状態よ。まあ、これはこれで吹っ切れてていい。

wakakitamiki * 音楽 * 08:25 * - * - * pookmark

4/29:次は戦争だ!

東京国際フォーラムの早見沙織さんのコンサートに行くです。うお〜品川ステラボール以来。楽しみ。

 

つるとんたんで芸能人気分で腹ごしらえ!グボェェエエ辛い!春野菜麻辣汁なし担々のおうどん。こんなメニュー初めて!

 

という訳で辛さで鼻水垂らしながら、東京国際フォーラムAへ。ここは松本隆の誕生日コンサート以来。

……………

 

いや〜。これは…。

これほどまでに「ふぅ〜」とか「おお〜」みたいな、合いの手つき声優コンサートノリが似合わないコンサートがあったであろうか。普通にシンガーソングライターのコンサートではないか。しかし、そんじょそこらの女性シンガーにこんな美しい声でピアノ弾き語りができるものかな。声優という肩書きがジャマですらある才能のほとばしり。メロディもコードもすごいよ、訳わかんない。よくこんな難しい曲歌えるなぁ。しかも自作。

 

しかも、それを実に涼しげにやってのける。ように見える。ご本人はそういうもんじゃないって言いそうだけど、常に余力を残してる感がするんだよね。早見さんって。どんな高い欲求でも「難しいですねぇ」と言いながらすぐにやれる。リアルハクアとか言うけど、ハクアはもっと不器用だよw早見さんがやる気になりさえすれば、国会議員ぐらいすぐなれそうだよ。デフレなんとかしてください、早見さん。10年後はどんな歌を歌っているんだろうね。

 

早見さんの音楽チームは神のみと共通なので、会場ではちょっとした再会の場になった。バックコーラスで川崎里実さんがステージに立ってるのを見ると、eyelisのコンサートが見たい…と切に思った。川崎さんの歌声が聴きたい〜。

wakakitamiki * 音楽 * 23:59 * - * - * pookmark
このページの先頭へ