7/13:仕事の尾根

今日は忙しすぎてブログを書く暇すらない。

仕事のピークが尾根のように続いている。

 

仕事しながら「シャーロック」のS4の1話目を見た。

なんか…「そりゃねーよー」という展開w S3予習してから流れで入ると正直ビックリ…というより脱力。2話で盛り返せるのか、これ。

 

wakakitamiki * ふとした話題 * 23:59 * - * - * pookmark

7/12:もう水不足なの

今年の夏の殺意は特に濃い。

 

どうしても食べたくなって、仕事始まる前に銀座に行ってフィリップコンティシーニのパフェを食べる。アメリカンチェリー。

最初はさわやかなグラニテばっかりで物足りなかったけど下に行けば下に行くほど、甘くなり塩くなり全体が濃厚になってくる。ドラマチックパフェ。美味しかった。

 

さて今日はサンデー発売日です。

 

KOIは10話目。アンファンテリブルのコンサートをお届けします。

 

これがIOSの力だ!

今週は単行本より印刷のいいサンデー本誌の方が臨場感あるかも。

 

これでやっと1話の内容の説明が全部終わった気がします。長かった〜。是非是非見て下さい。

 

wakakitamiki * ふとした話題 * 13:47 * - * - * pookmark

7/8:水無月は1週間前

7月8日はかの香の誕生日。いつでも元気でやってそうな娘だなぁ。

 

水無月って見た目あんまりだよね〜。

 

 

今日から単行本作業を始めないとだけど、いきなり爆睡で開幕。ボクは徹夜仕事はしないことにしてるんだけど、それでも睡眠負債がとんでもないわね。睡眠負債って、また便利な言葉作ってくれたなぁ。

wakakitamiki * ふとした話題 * 23:54 * - * - * pookmark

7/5:サンデー発売日です。

何かかわいい犬が近寄ってくるんだけど、誰かに脳をいじくられていて、かわいいと思えば思うほど殺意が芽生えてくるようにロボトミーにされる。

 

という夢を見た。

悪夢製造器の仕事場の寝部屋のベッド。仕事場のベッドで寝ると3回に1回は変な夢を見る。

 

今日はサンデー発売日です。

ジェミニさん再登場。

 

今週と来週は、大きめの原稿で見てもらいたいなぁ、と思っています。是非本誌で。

wakakitamiki * ふとした話題 * 23:44 * - * - * pookmark

7/3:ツインピークス the Return

今日ももちろん原稿。毎日原稿。

仕事依頼は断りまくり。面白そうな仕事も全部パス。悲しい。

 

都議選は都民ファーストの大勝…というより自民党の大敗。「代わり」がいればどれだけ謎の集団でも票が集まってしまう今の状況。

 

 

昨日は個人的に選挙より心が高鳴るイベントがあった。

 

ツインピークス!

 

7/22から始まるツインピークスの新作。

昨日はその新作の、第4話までの先行放送が行われたのだ。大盤振る舞い!

 

ツインピークスは僕が初めてハマった海外ドラマ。久々に録画のスタートボタンを押す手が震えた。1話目だけは居住まいを正して見始める。

 

いやーすごい…

 

わけわかんねー!

 

いや懐かしい場所、懐かしい曲、懐かしい人々、そして懐かしい訳わからなさ。なんだこれ。

 

個人的には、ツインピークスは以降のクライムドラマの多くに影響を与えてるような気がするんだ。最近すごいよかった「トゥルーディテクティブ」とか「ファーゴ」とかさ。だから、逆に不安な部分もあった。真似されすぎて時代に追いつかれてちゃうんじゃないかと。

 

でもやっぱりオリジナルは違った。観客そっちのけで悪夢を延々と見せられているような第1話。全然意味がわからなかったから4話まで見てみたけど、ずっとわけわからん。一つ一つのシーンが一向にリンクしない。誰も具体的な話をしない。「それを探せ」とか「あれはどうなってる」「私は進化した腕」「430。忘れるな」。こんなんばっかり。まさしく続編。前のシリーズで最高に難解でバッドテイストだった最終回を延々と繰り返すような感じ。しかもユーモアが前より減って、残虐なシーンが多い。これはキツい。

 

仕事場でスタッフと一緒に見ようと思ってたけど、やめた!初見の人は全く何のドラマかわからないだろうね。このストーリーどういう結末を迎えるのか全く予想できない。5分先の想像すらできないんだから。最後までついて行けるのかこれ。わくわくするなぁw。

wakakitamiki * ふとした話題 * 10:50 * - * - * pookmark

6/30:バーンアウト

今日は二階堂先生の誕生日(あってる?)

 

燃え尽き症候群。

 

予定から大幅に遅れて原稿完成。

 

今回は本当に疲れた。でも良い思い出になった。原寸で出力して額に飾りたいぐらいの原稿。スタッフの人達と打ち上げがやりたい。まだ来週もあるけど。

wakakitamiki * ふとした話題 * 23:36 * - * - * pookmark

6/28:サンデー発売日

かなり梅雨っぽくなってきたなぁ。

こんな寒いのにサーティワンにアイスクリーム買いに行ったら、店員の人が外国人だった。…と思ったら日本の人だった。余りにも流ちょうに話すから日本語に聞こえなかったのだ。あの人はネイティブサーティワン人だな。

 

ネームができたので作画開始。

 

今日はサンデー発売日です。

どうぞよろしくお願いします。

wakakitamiki * ふとした話題 * 18:53 * - * - * pookmark

6/23:ベターコールソウル

9話目の原稿が終わった。金曜日の昼だよ〜やっちゃいけない。木曜日に出さないと。

 

睡眠3時間を続けてやっとこれだからね。経験とは何のためにあるんだろう!こういうギリギリをやらないために経験を積むのではないのかね?

 

「ベターコールソウル」もシーズン3が終わった。

ウォーキングデッドのようなハイエナジーは展開はほとんどなく、一見何も起こっていないようでずっと何かが起こってるというあだち充的なサスペンスを続けるベターコールソウルだけど、シーズン3はジリジリ引っ張った挙げ句(途中すごい爽快な瞬間があったけども)、今まででもっともモヤモヤする最後を迎えた。これで1年待つなんて殺生やで、ホンマ。スピンオフやねんから、さっさとウォルター先生だして終われや!という気もするけど、正直、ブレイキングバッドよりも面白い部分多い。いい人が転落する本編よりも、悪い奴が頑張るスピンオフの方が面白いという基本的な話。ウォルター先生の悪行に疲れる本編に比べて、ソウルとマイクの素直に応援できるたたずまいよ。これでピンクマンがでてきたら、こっちが本編でもええぐらいやで。

wakakitamiki * ふとした話題 * 15:30 * - * - * pookmark

6/22:ウォーキング・フルートじじい

前直そうかなって言っていた奴、やっぱり直した。

今日は締め切り日だ。今週はまたもすごく進行が遅い。心臓のドキドキが止まらない。

 

 

しかも、眠っても、フルートを持ったじじいに追いかけられるという夢を見てしまって眠りの質が悪い。フルートを持ったじいさんに、「それ本当にフルートですか」って聞いたら、それがムカついたのかずーっと追いかけてきてさ〜。マンションのオートロックのなかに逃げてもガラス割って侵入してくるんだよ。たまらないな、フルートじじい。

 

 

こういう夢を見るのもウォーキングデッド見てるからだ。

眠たくならないのはいいけどさ。1シーン1シーンのインパクトがありすぎて残像がね〜。こんだけ絵面の強い世界で、よくどんどん新しい絵が出せるものだ。

今シーズン5の序盤まで来た。だいぶ「死んで欲しくないメンバー」が増えてきたから、ここからはどんだけでも盛り上げられるような気がする。退場させる気があるのであればね。シーズンで1人は誰か退場するから、それが誰なのかドキドキする。

 

しかし、もっと早く見始めておけばよかった。シーズン7はHULU配信終わってるし。

wakakitamiki * ふとした話題 * 10:00 * - * - * pookmark

6/21:B4スキャナーとは言わないけど。

今日はサンデー発売日です。

まほろ砲が再び登場。

身体検査を粉砕することはできるでしょうか?

 

どうぞごらん下さい。

 

 

 

 

仕事場からWIN7のPCが消滅。全てのPCがWINDOWS10になった。これで仕事場のスキャナが使えなくなった。スキャナのドライバがWIN7でしか使えないんだ。

 

仕方ないので、A3複合機を導入。

こないだMobilestudioPro買った時のポイントで買った。とにかくデカイ!スキャナとしてしか使わないのに、このサイズ。なんで安いA3スキャナなくなっちゃったの…?この重いフタを見るだけでウッっとなるよ。

 

こういう時ハッカーとしての才能があれば、古いスキャナのドライバをWIN10で使えるようにするのになぁ。

 

それどころか、複合機のドライバインストでトラブってえらく時間かかっちゃったよ。うちの仕事場の人達は、拡張子すら知らないという人までいる状態(←こういう人たちでもPCが使えるって、いい時代だよね)なので、何か起こると全部ボクがやることになる。締め切り前にする移行作業じゃなかったね。

wakakitamiki * ふとした話題 * 20:00 * - * - * pookmark
このページの先頭へ