11/13:ライアン・ゴズリングの刈り上げを堪能

単行本作業が大体終わったので、

 

早速「ブレードランナー2049」見に行ってきました。

TOHOシネマズ新宿のドルビーアトモス版。もーとにかく音響がド迫力!最高。

 

内容もすごくよかった!前作はストーリーも設定も革命的すぎて、途中何度も睡魔に襲われるという映画なんだけども(7、8回見たけど、毎回1回は寝てる)、今回は眠たくならなかった。実にストーリーがわかりやすい。本当に素晴らしい美意識溢れるビジュアルとともに1作目を明快に解釈してくれていて、初心者にもおすすめできるブレードランナーだと思った。ただ、欠点は前作を見ていないとストーリーが意味不明なところなんだけども。結局、前のは見ないといけないという。

 

前作と一緒で、今回のテーマも「人間とレプリカント(人造人間)との違い」が大きな柱になってる。人間とロボットは何が違うか?人間はなぜ人間なのか?このテーマの永遠性。ここから「ビューティフルドリーマー」も「攻殻機動隊」もできてる。

 

「生物と無生物のあいだ」という本で読んだけど、生物とは何か?と言うと、「子孫を残せる」ということらしい。それが今回、「レプリカントが子孫を残したのではないか?」という事件が起こることで、さらにレプリカントが人間に肉薄した。では、その上で、人間とレプリカントを分けるものは何か。

 

映画のなかで、その答えは出てる。でも、ボクはその答えにはイマイチ納得できなかった。この答えが何かということは、映画を見てもらいたいんだけど。

 

ボクがこの映画を見て、最も人間らしい行動だと思ったのは「迷う」ということ。ロボットは命令に対して迷わない。でも、この映画の主人公Kはレプリカントでありながら、ずっと迷い、悩んでいる。命令に対して動揺する。これこそが人間だと思う。だから今回のブレードランナーは主人公Kに大いに感情移入ができるし、全く主人公の内面描写がなかった前作よりもずっとわかりやすいストーリーになってると思う。逆に人間でも迷わない人間というのは…。まあ、これって「ねじの人々」の受け売りだけども。

wakakitamiki * 映画 * 23:59 * - * - * pookmark

11/12:CHOOSE LIFE

いやーツインピークスリターンズ、いよいよ盛り上がってきたなぁ。

 

原稿が完成。続いてネームも完成。

 

なので、楽しみにしていたのに見に行けなかった「トレインスポッティング2」のブルーレイを開封して見る。

 

いやー…実に悲しいというか、切ない映画だったなぁ…。

 

最初の「トレインスポッティング」はボクがニート1年目ぐらいの時にめっちゃ流行った映画だった。

 

当時不況下のスコットランドで、無職のクソガキたちが暴力と女とヘロインにひたすら明け暮れるという映画で、この映画はスコットランドの閉塞した現状のなかで、現実から思いっきり目をそらしつつもまあナントカイキテイル、ただそれだけの掃きだめ映画だった(スコットランドいち汚いトイレが忘れられん!)。

 

ただ、映画の登場人物たちのリアル感。そして当時隆盛を誇ったブリットポップのアーティストが大挙参加したキャッチーな映像演出で、日本でも(本質の理解はまあ置いておいて)大ヒット・ユースムービーになった。アンダーワールド!

 

 

そして20年後!同じキャストで「2」が作られることになった。あいつらが、どうなっていたかと言うと。

全く変わっておらん!

 

相変わらず、暴力とヘロイン、そして新しい要素として家庭崩壊(泣)。前作で前向きな人生を選んだはずの奴も結局戻ってきて掃きだめ生活に逆戻り。前作は不況で身動きが取れず、そして現在はグローバル化で昔よりずっと景気がよくなったスコットランドでやっぱり居場所がない、ただ年だけ20年取ったおじさんたちの姿だった。か、かなしい…。

 

この物語のキーワードは「CHOOSE LIFE」だった。

 

でも、この物語の登場人物が選んだLIFEは「それでもナントカイキテイル」というたくましいのか悲しいのかわからない選択。まだ人生先は長いぞ…どうなるんだ。と心配ばかりのラストシーンだった。

 

でも、自分の人生考えてみると…。ボク、CHOOSE LIFEなんてしたことがない。

 

よく「漫画家って自分の好きなものを仕事にできていいですね」って言われるけど、逆に言うと、漫画家以外できることなかった。就職活動したこともないし、自分で人生を決める勇気がなかった。漫画家だってずっとムリだと思ってた(そもそも漫画描いてなかったし)。ただ、現実から目をそらし続けていたらなんか30才になって、たままた漫画しか描けなかっただけで。

 

思えば、知り合った漫画家仲間もみんな違った場所に行ってしまった。ボクは外にでる勇気がなかったから、何となくサンデーに居続けた。そしたらいつの間にか誰もいなくなって、ボクが数少ない生え抜きみたいになってた。何だか全部成り行き。でも、それで納得してる訳じゃなくって、ずっともがいているんだけども。今も現実からずっと目をそらしているのであった。まあ、何とか生きているけども。

wakakitamiki * 映画 * 23:59 * - * - * pookmark

9/29:ラピュタの最初のセリフ

ラピュタは相変わらず盛り上がるね。

ラピュタって、一杯見てるのに最初のセリフが思い出せないんだよね。今回も忘れてた。思い出せる?

 

それにしても、いつみても無駄のない展開というか、キャラを掘り下げる要素がほとんどなくって、設定の説明とイベントの繰り返しだけなんだよね。まさに活劇。マンガでこれやると感情移入できないだろうけど、アニメだとこれでもわくわくできるんだよなぁ。絵作りがいいってもあるけども。

 

 

wakakitamiki * 映画 * 23:59 * - * - * pookmark

9/21:ダンケルク

アイマスは新作作る前に、前の奴作り直してくれ。

 

 

相変わらずスケジュールは厳しいけども、下書きの合間に話題の「ダンケルク」を見てきた。

何とも不思議な映画であった。

 

「ダンケルク」というタイトルから、ボクが連想した内容というのは、「連合軍vsドイツ軍の激しい戦闘」「そのなかでの緊迫感溢れる救出劇」「そして最後には戦争の空しさをひとつまみ」みたいなものだったけども、そのどれも無かった。大規模な戦闘もプライベートライアンのようなむごたらしい死体も、何なら状況説明もない。史実にある大空中戦、重爆撃、市街戦もない。あるのは、陸・海・空に1人ずつ置かれた主人公。名も無き兵隊、民間人の船の船長、パイロット。彼らが戦いの最前線に立つ。しかし、彼らが相対している敵にも状況にも、まるで具体性がない。何だかダンケルクという場面でなくてもよいような感じ。「ある国」の「ある場所」の「ある戦い」という抽象的な世界なんだ。これは解釈に困った。

 

見終わった後も実はよくわからんかった。団結の勝利、もしくは戦争の是非、敵を倒したカタルシス。そういうものは感じられなかった。どうしてこの映画を作ったのか。敢えて言うなら、その選ばれた3人の種時効の共通点…戦いのなかで「善き行いをしようとした」人達だった…。でも、それが更にどういう意味合いがあったのか。う〜ん。難しい映画だった。ただ、音響と映像の臨場感はすごかった。たった一機のメッサーシュミットの恐ろしいこと。本当は何百機も上空を飛んでたんだろうけど。

 

 

帰ってきてから、ブレードランナーの新しいブルーレイを見ながら作業の続き。

このバージョンはデッカードの吹き替えを磯部勉がやってるやつが収録されてる。嬉しい。それにしてもブレードランナ2049の予告編、訳わかんなかったな〜。

wakakitamiki * 映画 * 18:30 * - * - * pookmark

9/13:サンデー発売日・巻頭カラー

今週のサンデー、「キングオブアイドル」は単行本1巻発売情報浸透巻頭カラーです。表紙はがんばりました!どうぞよろしく〜。

 

 

昨日ネームが終わったあと、どうしても見たかった「ベイビードライバー」をバルト9まで見にいった。

この映画は爆音でみないと話にならない。

 

エドガーライト監督作品はギークで饒舌な作品が多かったのに、今回の作品は全く主人公ベイビーが話さない。寡黙。その代わり、彼がイヤホンで聞いてる音楽がずっと彼の心を映しだしているのだ。

この冒頭シーンの迫力!爽快感!どっちか言うとキッチュなジョンスペンサーの曲をこんなにかっこよく使うとは!

 

上のムービーでもあるけど、画面切り替えや効果音までも曲のテンポと合わせてある。この映画は演者は全く歌わないけども、音楽を演出のど真ん中に使ったという意味でミュージカル映画と言える。これは意欲的だなぁ。残念なのは、自分が英語がわからないことよ。歌詞の内容まで演出に入っているだけに、言葉の壁が悔しかった。しかしまぁ、エドガーライトにあるまじきメジャー感(!)のある映画だわね。

 

にしてもね。ガーディアンズオブギャラクシーといい、最近の洋画はBGM代わりに懐メロを絶えず流し続けるというものが結構多い。かっこよくていいんだけど、「これ何の曲だったかな〜!」って思い出すのに集中力使っちゃうんだよね〜。ドクターストレンジもピンクフロイドの曲名を思いだそうとしてる間に事故のシーンを中途半端な気持ちで見ちゃったし。痛し痒しだよ。

 

キングオブアイドルでも昔のアイドル曲をずっと歌ってるだけの回とか作りたいけど、色々著作権が…。

wakakitamiki * 映画 * 07:17 * - * - * pookmark

9/10:カラードモンキーの惑星

相変わらず、今年のイケメン・オブ・ザ・イヤーはリブート猿の惑星のシーザーなんですけども、そういいながら、オリジナルの「猿の惑星」をガキの使いの遠藤の口づて以外で見たことがなかったので見てみた。

 

最後のネタバレが余りにも有名すぎるから、見なくてもいいかなと思っていたんだけど、これが見てみると見所満載ですごく面白かった。

ストーリーは有名だからまあいいとして、ボクが映画を見ていて思ったのは3つ。

 

・画面の美しさ

・チャールトンヘストンの野蛮さ

・「進んだ文明」とは一体何か?

 

とにかく画面が美しい。アメリカでロケをしているらしいけど、荒涼とした大地が実にSF的ロマンを高めてくれる。あとエイプたちの集落もいい。個人的に、猿は人間よりも生物として強いから文明を得たところで便利になる方向性の発展をするだろうか…?と疑念に思ってるんだけど、何だかこの映画の感じはちょうどいい。

 

そして、退化し、エイプたちの獲物と化している人間。これは公開当時は相当衝撃的だったと思うんだけど、それより目に付くのは退化した人間に金髪の白人が一人もいないこと。当時、黒人運動が高まるなかで、「黒人が支配する世界への不安」を垣間見せてくれる。しかしそう言いながらも、「文明人」を自称するチャールトンヘストンの粗暴さと荒々しさと言ったら!淀川長治さんも思わず舌なめずりという感じですよ。

 

話の通じないエイプたちにチャールトンヘストンが言う、「君たちは人間をバカにしているが、我々は君たちより進んだ文明を持っているんだ!」というセリフ。一体、文明が進んでいるというのは、いかにして計れるものだろうか?ボクは考えてしまった。どうやら、チャールトン・ヘストンは厳密でないながらも「争いをしないこと」が文明というものだと言っているように思えた。単純な弱肉強食から脱し、弱い者に生き延びるチャンスが与えられていることが、文明だと。

 

しかし、そう言いながらヘストンは最後に力を行使し、銃を撃ちまくってエイプを振り切り、人間だけの逃避行に出る。そしてその末にあるのが、最終戦争で文明を破壊してしまった人類自身の姿。このラストは、色々な意味合いで痛烈なメッセージを与えてくれる。傑作だと思う。

wakakitamiki * 映画 * 23:59 * - * - * pookmark

8/26:イケ猿大行進

早く次の原稿に行きたいところだけど、その前にカラー。

巻頭カラーだから頑張る。

 

昨日のAI兵器の話で思い出したけど、いい映画を最近見た。

 

猿の惑星。

有名作だから今更紹介する必要がないとは思うけど、ボクは未見だった。見てみたら、余りの傑作で身震いした。

 

いかにして戦いというのは始まってしまうのか。サルとか人間とか「民族」同士が戦うのではなく、戦いというのは「戦いたい人間同士」が始めるもんなんだということ。桂馬が昔言ってたけど。でも、戦ってしまう人間にも理由がある。誤解や、恐怖・不安、お互いの理解不足。それを責めることができるんだろうか。平和を求める者、戦いを始める者、そのなかで「サル」のリーダーであるシーザーが戦いを防ぐべく奔走する。

 

戦いを始めてしまったコバと言うサルを論じて、シーザーがこんな感じのことを言う。

「私はコバを信じていた。しかし、私は間違っていた。私はエイプ(猿)を人間より優ると思っていたのだ。しかし、エイプも人間も一緒だった」

 

重厚なドラマの果てにラストシーンのシーザーが見せる威厳は、一言ではとても言い表せない、映画史に残る姿だと思う。

 

この映画を見た後、シーザーの立ち方を練習してしまったよ。かっちょいいんだ。うちの仕事場の界隈ではしばらくシーザー立ちをするボクの姿が見られるだろう。

wakakitamiki * 映画 * 22:16 * - * - * pookmark

8/20:水も漏らさぬ水映画

艦これE5の松輪掘りをしながら、16話の下書き。

 

合間に「モアナと伝説の海」を見る。

最近のディズニーの完璧な映画作りにはのけぞる。「シュガーラッシュ」「アナ雪」「ベイマックス」「ズートピア」、それにこの「モアナ」。お話も高密度でよくできてるんだけど、ズートピア辺りからの3Dモデルの出来もすごい。そもそもアニメは現実の動きを模して作っていた訳で、かつてのディズニーのアニメーター達は動物園に通ったり、ロトスコープを使ったりして現実に追いつこうとしていた訳だけど、この「モアナ」はファンタジーが現実の質感を伴って動いている。こんなものはどこにもないのに、本物みたいに見える不思議。超現実アニメ。あと、モアナが色っぽくていい。ディズニーヒロインで初めて「あり」と思った。

wakakitamiki * 映画 * 13:24 * - * - * pookmark

8/16:ミュージカル3選

15話の原稿が大体完成。

かわいい二人。

 

この後、単行本作業と巻頭カラーをやってから16話。

 

こういう漫画を描いているから毎日のようにミュージカルやコンサートの映像を見てるんだけど、今週は最新(でもないか)のミュージカルを見た。「ラ・ラ・ランド」と「SING」。

ダミアンチャゼル監督のメジャー二作目。「セッション」は度肝抜かれたけど、これもすごかった。気煥発とはこういうことを言うんだろうなぁ、天才だよ。絵もストーリーも隅から隅まで自意識に満ちて、それでいてクラシックの香りも漂ってる。ユーミンの曲みたいな映画。ただ、肝心の曲がちょっと渋すぎる。1曲目を超える歌が流れなかった気がする。ライアンゴズリングのピアノが一番印象的だったかも。

 

一方、「SING」は曲が素晴らしい。既存のヒット曲を使ってるから当然だけど、スティーヴィー・ワンダーの曲のすごさを味わえる。日本語吹き替えのキャストの歌唱力も高くて安心。ただ〜(またか)。この映画、とにかく歌わないんだよね。最後のコンサートまでちゃんと1曲歌うシーンが全くない。SINGってタイトルなのに、歌ってくれない。これってミュージカルとしてどうなのよ。すごくモヤモヤさせられたよ。

 

「SING」のモヤモヤを吹き飛ばすために「ドリームガールズ」も見る。「SING」で一番すごい歌を聞かせてくれるのはビートルズの「ゴールデンスランバー」のカバーを歌ってたジェニファーハドソンだったけど、彼女がアカデミーを取った映画。全編モータウン調の痛快な歌が流れまくるので爽快至極。「SING」みるならこっちで満足できそう。絵面は全然かわいくないけど。

wakakitamiki * 映画 * 23:59 * - * - * pookmark

8/12:スパイダーマ!

仕事場を抜け出して、楽しみにしていたスパイダーマン・ホームカミングを見にいく。

 

 

マーベル・ヒーローの方向性の多彩さに驚き!

とにかくコンテンツ満載! オヤジが闊歩するマーベル世界のなかでひときわ若い、学生のピーターが主人公にふさわしい、 恋に勉強に悪漢退治にハイエナジーで突っ走る、少年漫画の主人公映画だった。スーツを失う展開とかが余りにも時間的に後ろの方で、「え!こんなところでもう一回落とす展開!?」ってビックリするぐらい上下動を繰り返す。一方、シビルウォーみてないと意味不明な導入、スパイダーマンはもう何度も映画化されてるのでなんでスパイダーマンになったかとかのくだりは全部カット!この辺りの割り切りもすごい。でも、「楽しさ」で言うとアイアンマンやガーディアンズオブギャラクシーと同様、主人公の好感度ではそれより上。もしかしてマーベル史上最高のデビュー映画だったかも知れない。

 

しかし、マイケルキートンがバードマンとは…ダジャレキャスティング。バットマンが悪役というのは意表をつかれた。ただ、悪役ぶりは最高。トニーよりこっちに付きたくなるような説得力を感じた。今回はトニーがピーターの「お父さん」みたいな感じで出てくるんだけど、トニーに保護者はムリだろうって。バルチャーの方がよほどピーターを正しく成長させてくれそうに感じたよ。トニーのお父さんとしての成長話にしてほしかったぐらい。あと、全然余談だけど、悪役の一人が「ベターコールソウル」のレギュラーのギャングだったので、最後ブレイキングバッドの世界観につながりそうで楽しかった。キングコングやジュラシックワールドもそうだったけど、すごいキャリアの浅い監督なんだよね。それでこんなビッグ予算の映画任せられるなんてドリームだよなぁ。今はテクノロジーが進んだ結果、職人的技術よりも感性とかが重視される世界になってるのかも知れない。

 

ちなみにこういう記事もあった。

https://wired.jp/2017/08/11/2017spiderman-director/

 

それにしても、映画の予告編みてると見たい映画が一杯。できる限り見に行こう。

wakakitamiki * 映画 * 11:09 * - * - * pookmark
このページの先頭へ