5/11:モラトリアム貫徹

「アイドル=少女」でよくね?

昔はアイドルはせいぜい25才ぐらいまでで、その後は女優とか、結婚引退とかしてた。でも、今は少女時代を延長することでアイドルは超長寿化してる。声優の世界に至っては「永遠の○○才」という究極の少女錬金術が開発されたことにより、40才でもアイドルできるようになった。これはファンも嬉しいけど、アイドルは同じ枠組みからなかなか出られなくなっちゃうよね。個人的にはアイドルは若いうちでだけでいいと思うけど。時代の空気にはあってるのかな。ファンもアイドルもモラトリアムが長い方がいいのかも知れないな。自分で人生を選択しつつアイドルで居続ける聖子ちゃんや安室ちゃんみたいな人はホントすごいね。

 

なんて、永遠のモラトリアムを生きるワシが言っております。

 

今日は仕事しよーなんつって、ずっと寝てた。京都で歩きすぎた。

グランヴァニーユの季節のタルト。紅茶とイチゴ。美味しい。ああ、京都はよかったなぁ。

wakakitamiki * お菓子 * 23:59 * - * - * pookmark

5/10:ぐったり。

京都二日目。原君との待ち合わせの前にホテルから歩いてイノダへ。

京都レトロ喫茶の代表。コッペパンにエビフリャー古式ゆかしきカフェ飯。店内は年配の方ばかり、みんな新聞を読んでいていい昭和の雰囲気。

 

その後フランツアンドエヴァンスでパンを買って原君と合流。もう一度京都大学をウロウロ。

しかし、京大にタリーズがあるとは。資本主義がどんどんとw!

学食も綺麗でよかった。

 

その後は、グランヴァニーユでお茶。

グランヴァニーユのイートイン久しぶり。イートイン限定のマグノリアダブリコ(左の方)を食べる。もう形を保ってるのがやっとという柔らかさ。美味しい。右はタルトシトロン。上のクリームがローズマリー風味。これまた素材が立ってる!美味しい。やっぱりケーキはイートインで食べないとなぁ。幸せだ〜。

 

という訳で大満足で東京へ戻る。

 

京都はいいなぁと反芻しつつ、晩ご飯は仕事場ではしたてのあぶり鯖寿司。

これも美味しい。京都いいわ〜。

wakakitamiki * お菓子 * 23:59 * - * - * pookmark

5/7:肩に重りとはこういうものか

最近、右肩が痛い。

最初は寝違えたかな〜と思ってたけど、全然直る気配がない。

これもしかして四十肩ってヤツ?

 

激痛ってほどじゃないけど、何するにもおっくうなんですけど!

母親から教えてもらった太極拳の体操、マジで始める時が来たわ。

 

今日は一日中ネーム…。

GW明けも休んでないロートンヌのケーキでスイッチオン。

 

そういえば、ダークナイトアーカムナイトも80パーセントまで来た。

どんなに面白いゲームでも大体飽きてしまって、エンディングを想像するだけで終了する「頭脳派」のボクがこんなに遊んでしまうというのはとんでもないことだよ。このゲームは面白いと保証できる。親切と不親切、無双感と難易度のバランスがちょうどいい。アサクリも30パーセントぐらいで飽きたというのに。今ゴードン救出のくだりだけど、最後までやってしまうかも知れないな、これは。

wakakitamiki * お菓子 * 23:59 * - * - * pookmark

5/5:池袋にあったよねルノートル

そろそろ夏休みで言うと、8月25日ぐらい。宿題をやらないといけない…

 

んだけど、16bitのネームで一日終わる。これは仕事じゃない…。16bit面白いからね〜。サンデーの表紙カットをやらないといけないんだけど…。

 

 

GWはお菓子は一杯食べたなぁ。これは銀座三越にできたルノートルのケーキ。ルノートルと言えば、フランスでも日本でも近代フランス菓子の草分けでエーグルドゥースの寺井シェフとか、オリジンーヌカカオの川口シェフとか、沢山のパティシエがここで修行してたんだけど…日本では撤退してしばらく。それが、何だかどこぞの和菓子屋をバックにして復活。まずは銀座三越。いつもボクにお菓子を送ってくれる読者の方がいて、今年はルノートルのキューブのチョコだったのだ(アンテナ高いなぁ)。それが美味しかったので、銀座行ってみた。このエッフェル塔を模したケーキは日本限定らしいけど、日本人にあわせてくれたのか、繊細で柔らかい食感。美味しかった。

wakakitamiki * お菓子 * 23:59 * - * - * pookmark

5/4:未来に期待してます

新しい靴を買う。

 

ドクターマーチンのプレスラーセックスピストルズコラボ。かっこえ〜。どこ行っても売り切れだったけど、定価で売ってるネットショップ見つけて買った。ドクターマーチンでキャンパスシューズ買うってなんかアレだけど、おっさんなのにマーチン好きなのよね〜。まあ、おっさんだからかな。イギリスびいきなの。20数年前新人コミック大賞の電話かかってきたのも、マーチン買ってる時だったものね。趣味変わってない。

 

近々取材旅行行くんだけど、これでバッチリ〜。

 

 

新宿の「ファーイーストバザール」でパフェ

このお店は渋谷とか吉祥寺とかの感度高い場所でやってる、中近東の塩とか、デーツのドライブルーツとか、ゼルダの砂漠地帯に出てくるお店みたいなショップなんだけど。新宿ルミネはカフェもやってて、パフェも出してる。前から気になっていたんだけど、やっと食った。上に乗ってるアイスからして、ビターレモン、花蜜、ドラゴンフルーツ&ココナツと他では見られない組み合わせ。下は甘夏やアンダルシアオレンジ。香りがあって酸っぱくて苦くて、すごい好み。もう一度食べたい。

wakakitamiki * お菓子 * 23:59 * - * - * pookmark

5/2:ユダヤ・イン・ブラッククランズマン

ブラッククランズマンを見終わって、ギンザシックスのフィリップコンティチーニのパフェを食う。

ヴェリーヌ・パフェ・アグリューム、5種類の柑橘類のパフェ。酸っぱくて良い感じ。

 

こんなものでも食べないとブラッククランズマンの毒気は中和されない。

 

 

これから平和ボケしたこと言いますよ。

ブラッククランズマンどんな映画かと思ったら、とんだアンチ=マルチカルチャル&ホワイトヘイトムービーだった。

 

この映画を総括すると、白人と黒人の諍いの間でこき使われるユダヤ人のお話だった。クークラックスクランに潜入捜査した黒人警官の話って言うから、「そんなこと可能なのか???」って思ってたら、何のことはない、潜入捜査するのは主人公の黒人じゃなく、同僚のユダヤ人なんだよ。

 

ただ、それでも危険な訳。というのも、KKKはアンチ黒人と同じぐらいアンチユダヤでもあるから。アダムドライバー扮するユダヤ人の警官は著しく生命の危険にさらされながらKKKで人種差別者を演じて捜査してる。で、その間、主人公の黒人が何をしてると思います?かわいい恋人とデートしてるんだよ!こんなのあり?

 

しかも、この恋人との関係のせいで主人公が結構軽率な行動を連発、ユダヤ人の相棒を危険な状態に陥れたりするんだよ。これ許されますか?でも、このユダヤ人が主人公に反論するしたりすることはない。この大して利口でもなさそうな主人公がひたすら無双するお話なんだ。この映画の冒頭で、主人公の黒人は白人の同僚に高圧的な仕打ちを受ける。もちろん良くない。でも、中盤以降は主人公がユダヤ人に同じ事してるのさ。これがもしアダムドライバーの役を日本人がやっていたら、こいつぁ相当にムナクソ悪い映画だったろう。

 

随分知的じゃない構造じゃないですか。グリーンブックのような気配りはここにはない。この映画は100%反トランプ映画で、アメリカファーストとか言ってる連中を木っ端みじんにする。そのためだけに作られたと言っていいんだけども、トランプの政治が蹂躙しているのは今や黒人だけじゃない、ヒスパニックやその他の移民、そして何なら「善良な」白人、そういう人たちが皆同じように不安を感じてるなかで、この映画は黒人の理屈だけに終始して黒人だけで溜まってる。映画のなかで大写しになる「No Place for Hate」 の文字。しかし、この映画には濃厚なヘイトと偏狭な見方しかないように感じた。

 

でもきっと、この感想をスパイク・リーに言ったところで「はぁ?」だろうね。「今はトランプとの戦争が始まってんだぞ!ガタガタ言うんじゃネー!」と。この映画はプラック・エクスプロイテーションのパロディって町山さんが言ってた。クソな白人をかっこいい黒人が一発カマす映画。そういう映画が必要だった時代に、状況は逆行してるんだって伝えたい映画なんだと。それはわかる。でも、スパイクじいさんは戦う武器まで昔のまんまのものを持ってるみたいだ。もしかしたら、さらなる深謀遠慮で、これぐらい偏らないと議論が起こらないとでも思っているんだろうか。エンドゲーム方式。

 

このシーン辺りまでは、ホントわくわくしたけどね。黒人を美しく撮ることに関しては成功してます。

wakakitamiki * お菓子 * 13:27 * - * - * pookmark

4/24:盒蕎飴卻語

小出監督の訃報がボクを2000年に引き戻した。「盒蕎飴卻語」なんてマンガのお手伝いをしていたんですよ。後に「風娘」ってタイトルで単行本になる、武村勇治先生が描かれてたマンガですけども。リアルタイム漫画みたいな触れ込みで、「ベルリンマラソンで世界記録を出す(予定)の盒蕎飴劼瞭常の奮闘を追う!」みたいな、とんでもない漫画でね。練習ばっかりの日々でネタなんてそうそうないよ!漫画ってのは新聞とかと違ってそんなすぐに出せないから、そのあいだにアクシデントとかあったら即終了だし。(武村先生が)大変な漫画だった。で、何かと言うと尺稼ぎに小出監督が活躍してたような気がするw小出監督の食べてる豚足を大アップで描いたりしてた。元気だったなぁ。

 

当時の現場は、十神真君と、たかぎ七彦君と、ボクで手伝っていたんだけど、ひたすらQちゃんの無事を祈りながら背景を描いていた。ホントに世界記録を出してしまった盒蕎飴劼気鵑砲皀好拭爾竜韻を感じたものだ。でも、連載途中で先輩の十神君が連載とって抜けたので、メインで背景をやることになって相当画力を鍛えられたなぁ。関わっていた人みんな今でも元気でマンガ描いてるし、結果いい思い出しかない。

 

 

ハクアの誕生日。

ハクア好きだった人多かったって話をツイッターでしたけど、テクモのスタッフの人にハクアが好きって言われたのは嬉しかった。ハクアはあやねが3分の1ぐらい入ってるから。

 

今日もネーム。おやつはミスド。

HoneyDipped。

wakakitamiki * お菓子 * 21:36 * - * - * pookmark

4/19:春は和菓子の季節

なぎさちゃんいらっしゃい。

ボクもエロわんこの仲間入りをした訳だ。みさきが来るのに備え、ガチャ禁を続けて石15万+トレチケ66枚という体勢で望んだ。それでもSSR見ないまま10万消えた時は寒気がしたけど、無事にゲットしたですよ。みさきなぎさ姉妹はDOAXVVの看板を張りそうだね。この二人をDOA本編でも出せばいいよ。この二人なら水着じゃなくても多分いけるよ。

 

何てことを思いながら今日もお絵かき。今日は疲れも取れたので普通に進行。ネームが不調でも、イラストは好不調があんまりない。ただ、嫌いなだけ…。

 

食うモノがないから、近くの和菓子屋で買った柏餅がイマイチでガックリ。

 

ああ、前に食った仙太郎の柏餅は美味しかったなぁ↓

柏餅もおいしいんだけど、仙太郎の「七穀ぼた」ってのが、異次元の美味しさなのだよ。あれこそが「悪魔のおにぎり」だよ。ガチヤバ。

wakakitamiki * お菓子 * 22:24 * - * - * pookmark

4/7:釘付け

時間がない。

息抜きもアイオワをいじくるぐらいだよ。

 

サラムラのロールケーキ。紅茶とイチゴ。パンも旨いけどロールケーキも旨い。高いけど。

wakakitamiki * お菓子 * 23:59 * - * - * pookmark

4/3:濃いケーキこそグルメ

今日はキサラさんのバースデーでしたね。

うふふ。

 

 

今日も引き続き原稿。

 

 

カーヴァンソンが今日は開いていたそうなので妹が買ってきてくれた。

 

タルト・ノワ

な、なんぞぉ〜これ!なんか呪いにでもかけられたか?とも思ってしまう、この強烈なたたずまい。何しろデカい。カーヴァンソンは都内最濃厚パティスリーの一つだけど、濃い上にデカイ。二郎だよ二郎。でも、これが旨い…。一口の満足感がすごい。今のボクの年だと4分の1食べるので精一杯だよ。このパティスリーがフルタイムで店開いたら回りの住人のカロリー過多が大変なことになるだろうな。

 

今日のおやつもういっちょ。

こ、これもデカい。南青山マメのあまおう苺大福。年々大きくなってきてるような気がするあまおう。大きいけど大味じゃない、すばらしい味。毎年一回は食べたい。

wakakitamiki * お菓子 * 23:59 * - * - * pookmark
このページの先頭へ