7/22:ありかなしか

今日は月夜の誕生日。

絵を描く時間がない。ペン入れは来週します。

 

16bitの原稿が大詰め。1日10枚描くのが前提のスケジュール立てはやめておいた方がいいよ。

 

 

そういえば、青山のARIが今月で営業を終了するそうな。

 

神のみのアニメやってる頃、よく食べたなぁ。やたら明るいSNSと、やたら暗い客対応(!)が売りの店だった。でも、マフィンは美味しかった。閉店は残念。

wakakitamiki * お菓子 * 23:46 * - * - * pookmark

6/29:コーヒーの海を超えて

締め切り日。ずっと厳しい戦い戦いって言ってたけど、今日がその戦いの最後の坂。

 

コーヒーとレッドブルを片手に頑張る。

 

お菓子、日本橋高島屋に催事出店してる京都のイノダコーヒーのケーキ。
 

イノダがやってる「ケテル」というクラシックなドイツ菓子のお店。の、ロールケーキ。コーヒー味。美味しい。飲み物も食べ物もコーヒー。

wakakitamiki * お菓子 * 23:59 * - * - * pookmark

6/10:知性のある意地悪

8話目の作画作業2日目。

 

10話目でとんでもない高カロリーの作画が控えているので、今はただ前に前に進んでいくのみ。

 

お菓子。コワンヴェールのタルトシトロン。

台がずっしり。上に抹茶のメレンゲがついていた。シェフが変わったけど、美味しい。

 

下書きをしながら映画の「イブの総て」を見る。芸能界の楽屋裏のドロドロをた〜っぶりと見せられる娯楽作。下り坂の大女優が、若い女優、脚本家、評論家、あらゆる気にくわないものに牙をむく。それに手を焼く業界人たち。でも、これが意外と胸糞な感じじゃなくって、実に機知に富んだ言葉で多彩な嫌み・皮肉・悪口を繰り出す登場人物たちに何だかスカっとする。ストレートな言い方を誰もしない。よくここまで色々な言い方ができるものだと思う。これぐらい当意即妙の対応ができてこそ、スターの地位にまでたどり着けるのかと思える説得力がある。これと同じ年の映画にビリーワイルダーの「サンセット大通り」というものあって、ともに落ち目の女優の複雑怪奇な心境を描いていて、そしてともに傑作。女優って面白い。

wakakitamiki * お菓子 * 23:59 * - * - * pookmark

6/2:歴史は漫画家の終着駅

何とか明け方に原稿完成。

 

毎週6時間ずつ遅れてきてる。来週は金曜日の昼ぐらいになるぞ。これはそろそろ怒られるレベル。来週はまいていくぞ〜。

 

とりあえず、休憩。

東陽町・エクラデジュールのフレジエ。美味しい。

 

作業中にかわぐちかいじ先生の「ジパング」のアニメをNetflixで全話見る。かつて漫画家というのは一番イケてる職業で、小説家も俳優もミュージシャンも漫画家を最初は目指してました、という時代があった。そういうメディアの頂点としての漫画家のパワーを見せつけてくれるのが、かわぐち先生だと思う。絵も設定もストーリーも全部すごい。歴史物って最も漫画家の総合力が試されるジャンルだと思うんだけど、ジバングは過去を精密に描くだけじゃなく、現代にも厚い設定を作ってお互いをぶつけてくる。まさに神にしかできない所業。

wakakitamiki * お菓子 * 18:14 * - * - * pookmark

5/14:砂漠ボディ

引き続き4話目作成中。

最近体中の何もかもが乾燥してるような気がして、飲む水を変えてみた。もうプラシーボ的期待。

 

あと口内炎がまた何個もできてる。ストレスなのかなぁ。ボク昔から傷が治りにくいんだよね。口のなかかんだりしたら100パーセント口内炎になる。映画「グリース」見てると、主人公のオリビアニュートンジョンがピアスを悪い女友達に開けられるというシーンがあるんだけども、ボクはピアスなんて開けたらずーっと化膿してるだろうな。ぜんそく持ちだからタバコも吸えないし、酒なんて全然飲めないし〜。最初から道を踏み外しようのないボディだった。だからメンタルの方で踏み外したのだった。

 

16bitが全然進まない〜。セリフまで入ってるんだけども〜。

 

 

おやつ。なんと1900円のミゼラブルを食べる。

セシルエリュアールのピーチパインとココナツのミゼラブル。ホールじゃないよ、1カットだよ。サツキのスーパーショートケーキより高い。すごいよな〜。これでも原価率だけで見ると、他のケーキ屋よりだいぶ高目設定らしい。どんだけ高い材料使ってるんだろう。でも、確かに美味い。美味いが1900円。苦しくて美味いケーキ。リアル・なのは洋菓子店。

wakakitamiki * お菓子 * 00:10 * - * - * pookmark

5/5:タンゴ・フール・セック

今日は子供の日。

子供の日

 

ああ〜、買おうかどうか迷ってたけど、買ってしまった。

スーパーデラックスエディション、15000円強。まだキングクリムゾンのビートも買ってないのに。まあ、自分の誕生日プレゼントってことにしよう。

 

おやつ。ギンザシックスに出店している「パティスリーパブロフ」のパウンドケーキ。

生の果物が乗ってる、フレッシュパウンドケーキというのが特色らしい。でも、焼き菓子はドライフルーツの方があってるような…w

wakakitamiki * お菓子 * 20:24 * - * - * pookmark

4/29:流れ出る生気

休む間もなく、カラーを始める。でも全然体がゆうことを聞かない。ペン入れだけして、そのままベッドでずっと寝ていた。

 

40代に入ってから、体が衰えてる感がすごいぞ。思い返せば、30代前半はいくら疲れてもちょっと寝たら回復した。それが30代後半になると疲れるとなかなか回復しない。さらに、40代はそもそも何にもしてなくても日々消耗している感じがする。僕みたいな子供のころから何もしてないと、衰えるのが早い。鍛えないとダメだわ。そういえば、顔の肌もヨボヨボやし、抜け毛と白髪も40才超えてから急加速してきた気がする(苦笑)。まあでも、仕方ないか。原稿に自分の命吹き込んでると思えば(前向き)! 漫画を描くのに支障がある病気になってないから、全然幸せだわ。肩こりとか腰痛とか腱鞘炎とか今んところないからね。

 

飯くわないでケーキばっかり食べてたら、そら衰えるね。メイラード反応ってやつ。

パティスリービガローのフォレノワール。ああ、うまし。こうして、私は日々体の「エッセンス」を流出させているのだった。「博士の異常な愛情」みたいだね。

wakakitamiki * お菓子 * 23:59 * - * - * pookmark

4/21:GINZA SIX

待望のギンザシックスOPEN。

 

さすがにプランタンのリニューアルとは訳が違う力の入れ具合で、お菓子もくろぎ、エルメがやってるというディオールカフェ、と魅力あり。早く行きたい〜。

 

僕のスイーツ伝道師の妹が早速、フィリップコンシチーニさんのお店に行ってきた模様。コンシチーニさんはパティスリーデレーヴのシェフ。デレーヴの京都のお店閉店しちゃったし、新宿南口のお店のなんかパッとしないし大丈夫かな〜と思っていたら、ここでデセール付きのお店。フィリップさんもギンザシックス来てたみたいだし。フィリップさんものすごい巨漢なんだけど、よく日本来てくれたなぁ。本物のギモーヴさんだよ。立ってるだけでキツそうだもん。それだけ気合いが入ってるってことね。

 

写真のシュークリームがそうなんだけど、なんか不思議な味だった。

wakakitamiki * お菓子 * 23:59 * - * - * pookmark

4/20:ケーキドーナツも山ほど食ったなぁ。

マツコの知らない世界で袋パンやっていたので、久々にセブンイレブンの焼きそばパン食った。半分ずつに分けて。なんて暴力的なパンなんだ。炭水化物+炭水化物。何の実りもない、カロリーの物体。

 

上京したばっかりの頃は、延々ヤマザキパン食ってた。とにかく安いしデカい。カロリーも異常に高い。でも、30才超えてから食えば食うほど身体が巨大になり、アルバの連載中に調子こいて食い過ぎてデブデブになり…。ほとんど食わなくなってしまった。イチゴスペシャル1個547キロカロリーですよ。寝る前に食うデザートじゃない。美味しいんだけどね〜。

 

年取ってくると沢山食べたくても食べられないから、一口の満足度重視になってくる。だから袋パンよりジョエルロブションを1日2回に分けて食べることになる。これは贅沢になった訳じゃなく、ホントはヤマザキの大きなメンチカツを食べたい訳。さらば、ミニスナックゴールド。

wakakitamiki * お菓子 * 23:59 * - * - * pookmark

4/18:生きてるという実感

生活ってのは、ちょっとしたことで、いとも簡単に安定を失うものだ。北朝鮮にまつわるニュースを見ていてそう思う。

 

震災の時もそう思っていたけど、忘れていた。こういう気持ちになった時は、結局、1日1日をしっかり生きようと思う。まさに実存的解決だ。

 

という訳で、1話目ができたお祝いにパフェを食べに行った。

ニューオータニのサツキのあまおうパフェ。去年食べられなかったので、今年食べられてよかった!

 

さて、最高に幸せな気分になれたので、このまま2話目の原稿をやるべ。

wakakitamiki * お菓子 * 23:59 * - * - * pookmark
このページの先頭へ