3/9:不発弾処理

今年になってからコツコツとこなしてきた艦これの単発任務がやっと終わった。

 

「精強大型航空母艦、抜錨!」の5-5の不可能感よ。ボス前で6連続撤退くらった時はムリだろって思ったけど、それでも、抜ける時はこんな感じで無傷。前に「艦これは結局777が揃うのを待つゲーム」って話したら「それはチューニングが足りないだけ」って言われた(苦笑)。まあ、ラスダンで火力不足とかならそうなのかも知れないけどね。ケッコン艦でも1発大破する海域は結局運だよなぁ。

 

これ抜けたらもう後は簡単でしたとさ。これで単発の出撃任務は全部終わった…訳ではなく鈴谷の軽空母任務だけ残ってる。鈴谷改装したくないんだよね…。育てるところから始めないとダメなのか。

 

ふぅ〜。

金剛さん、お茶いただける?

wakakitamiki * ゲーム * 23:59 * - * - * pookmark

3/8:普通の一日

今日はスパイダーマンの映画を見に行くつもりだったけど、朝から打ち合わせが入ってナシに。

 

代わりに銀座でイデミを食べる。久しぶりのイートインで、さらに久しぶりのシシリーを食べられて満足。夜はずっと原稿。

 

BSでやっていた「赤ひげ」を見る。何遍も見たけど長い映画だから毎回適度に忘れて毎回感動してる。不幸な子供で後半の主役の二木てるみさんの声がかわいい。前も言ったけど、後のラ・セーヌの星のシモーヌの声。

 

プランタンで買ったビゴの店の洋ナシのデニッシュ。モグモグ。

シティベーカリー、セントル、プチメック、ビゴ、トシヨロイヅカ、銀座はさすがパンでもパン銀座だなぁ。

wakakitamiki * ふとした話題 * 14:46 * - * - * pookmark

3/7:僕らはユーミンの子供

ユーミンのコンサートに行ってきた。

雨の武道館。今回のツアーは今までのユーミンのライブをダイジェストで振り返る「タイムマシンツアー」なるもので、大盛況。埼玉SAでこないだやって、この後横アリや幕張でもやるというのに、武道館も連日満員。お客さんはほとんど女の人。

 

いきなり言っちゃうけど、ボクはユーミンの音楽を人生に中心に据えたことはなかった。最近レコードで荒井由実時代のアルバムを揃えたけど、全盛期のアルバム一枚も買ったことない。特に松任谷になってからのユーミン世界観は、ほぼ「女子の事情」一色で、男が「わかるぅ〜」という要素はまるでなかった。女の人の世界への好奇心はあったけども。

 

そのボクがこのコンサートに行ったのは、最近ボクに訪れている「昔からやってる人のコンサートは、見られるうちに見ておいた方がいい」という思い出作り要素に他ならない。エリッククラプトンしかり、キングクリムソンしかり。

 

…なんて、思ってました。始まる前は。

 

コンサートは「ベルベット・イースター」から始まった。いきなり衝撃が走る。声がおばあちゃんなのだ、マジで。黒柳徹子のモノマネがユーミンは得意だそうだけど、普通に素で徹子さんだよ。2曲目「ヴィーナスの誕生」、4曲目は「WANDERER」こちらも名曲だが、やっぱりユーミンの声が厳しい。

 

ところが、5曲目の「ダンデライオン」。

 

ワシ、謎の号泣。

 

自分でもビックリしたけど、この辺りから急に目から涙がボロボロ出てきてしまったんだ。こんなに美しい曲があっていいのか。いやしかし、それにしても、こんなに涙出るか?「守ってあげたい」「Hello My Friend」、ずっと涙ボロボロ。知らない曲だと何ともないんだけど、少しでも知ってる曲が来ると、何かがこみあげてくる。あれだけ大ファンだったボウイやポールマッカートニー、サザンでもこんなに涙が出てきたってことは一度もなかったのに。

 

確かに、ユーミンを自分の人生の中心に据えたことはなかった。でも、自分がユーミンがいた時代のど真ん中で生きてきたってことを思い知った。ユーミンがデビューしたのが1972年。それはボクが生まれた年でもある。10代、20代は特に、もうずーっとユーミンがどっかで流れていた。ユーミンの音楽は日本がとんでもない成長を続けた時代のBGMで、ボクらから見るとあこがれの塊のような世界だった。結局ボクが大人になったときにはバブルがはじけていてスキー天国も、サーフ天国もなかったが(バブルが続いていても絶対やってなかっただろうけどね)。ただでさえ美しい曲が、時代と思い出のパワーをまとってボクに襲いかかる。

 

それにしてもユーミンのいつまでも元気で少女なこと。3曲に1回は衣装替えして、サーカスあり、ダンスあり、豪華なセットにプロジェクション。最近ライブがシンプルになっていくなかで、これだけの段取りの多い豪華なステージを続けているのは大したものだ。65才ですよ。昔のビデオ見てると、自分の作る歌が自分でも歌うのが大変で、あがっちゃうのでステージを派手に飾り立てて紛れさせてるって言ってた。本来は歌も歌いたくなかった文学少女が、何百万人もの人間を楽しませるエンタメ女王を演じるというのは、ある種の奇跡みたいなものだと思う。しかも、円形のステージだったからわかったけど、歌詞を映すプロンプターがないwつまり歌詞も覚えてるってことなのよ。これだけ段取りが多いコンサートで振り付けもバッチリあわせて、歌詞も頭に入ってる。すごいね。プロンプターガン見でカラオケボックス状態の桑田佳祐さんとエラい違いよw

 

アンコールの最後の曲は「やさしさに包まれたなら」。ユーミン「みんなで一緒に歌って下さい!」だって…、もう、ここでこんな曲やられてしまったら感極まって一言も出てこない。

 

ボクはユーミンの音楽につつまれて生きてきたんだなぁ…。リフレインが叫んでるとか、真夏の夜の夢とか、ノーサイドとかなかったし、スーパーミラクルヒット曲で固めた訳ではなかったけど、大満足。ユーミンの曲のすごさをイヤと言うほど見せつけられた。これで瞳を閉じてとかやられたら、脱水で死んでたかも知れない。

wakakitamiki * 音楽 * 23:59 * - * - * pookmark

3/6:デッドオアアライブ6

仕事が一段落したので、遂にDOA6をやる。

 

インストが面倒なので、昨日にやっておいた。

あやねあやね!なんかDOAXVVばっかりやってるから、みんな精悍な顔つきに見える。ほのかがめちゃくちゃかわいい。さすがヒロイン。

 

DOAクエストが難しそう。

前にニコ生の前の打ち合わせでプロデューサーの新堀さんとお話してたんだけど、

 

 

ボク「ボク22年もやってるけど、相当下手ですよ。だから、対戦とかしませんもん」

新堀氏「今回はそういう人のためのモードもあるんですよ。DOAクエストってソロでやるモードが」

ボク「そりゃいいですね。でも、難しいんでしょう?」

新堀氏「すごく簡単ですよ。最初は例えば、ただパンチして倒して、それで最後にダウン攻撃したらパーフェクトです」

ボク「それは、難しいですねぇ…」

新堀氏「え!?」

ボク「ボク、ダウン攻撃狙って出せませんもん」

新堀氏「えー…」

 

新堀さんも22年もやってて成長する気もなく、ゲームが難しいと文句を言うモンスターゲーマーを目の当たりにしてドン引きしただろうけども。これがソシャゲで脳死状態になってるリアル要介護ゲーマーの姿なのだ!DOAXVVとかゲーム性なんか作られたら続けられないよ!

 

 

大した時間やってないので、感想は保留。そしてやっぱりDOAクエストの1発目でダウン攻撃が出せないで苦労してる始末。まあ、最終的にどっかでクリアできたらいいのさ。

wakakitamiki * ゲーム * 23:59 * - * - * pookmark

3/5:新居昭乃じゃない方の

引き続きラフ出し。

もう三日ぐらい床で寝て、起きたら机。その繰り返し。

マンガの原稿の方もあるのにそれどころじゃない。

 

ただ、ようやく終わりが見えてきた。

 

WOWOWでやっていた「美しい星」を見る。

ある家族が突然、自分たちが異星人であるという「気づき」が起こり、地球人に目覚めを求めるお話。

 

これが三島由紀夫の原作は未読なんですけども、これ実に面白かった。「絶望」という気持ちを宇宙人という形で表現する発想。まことに素晴らしいね。未知との遭遇ですか。人類に絶望し、地球という惑星にほとほと愛想が尽きても、それでも地球に美しさを見いだしてしまう、その二律背反。しかも特別な人達じゃなく、真面目でごくごく一般的な人達がこうなるってところがリアリティのある怖さがある。ボクもある日突然、自分が木星人だと気づいてしまうかも知れない。ウルトラQ見てるんだから、明日「ゲキガンガー」見てても全くおかしくはないね。

wakakitamiki * 映画 * 23:59 * - * - * pookmark

3/4:初期衝動

締め切りの延ばすメールを送る。

 

最初に言っていた締め切りを既に2週間遅れている。とんでもない遅れ方だ。

難しい仕事だった…。

 

泣きながら仕事をしながら、HuluでやってるウルトラQを見る。

まさにクラシックという感じだけど、今見ても面白い。何より、ストーリー展開が自由だ。ルパンの1stシーズンとかも今見るとすごい展開が自由で「え!これで終わり?」みたいなのが結構あるんだけど、むしろ気持ちいい。

 

こないだネット記事で「過度に深読みされる今のドラマ」というのがあったけど、今はとにかく沢山のストーリーが世の中にあって、見ている人達も沢山のストーリーを知ってる。という状態で見ている。神のみなんて、「これからベタなストーリーをやります!」って先出しじゃんけんみたいなマンガで極めてポストモダンな物語だった。

 

でも、それゆえに取れないストーリールートというのもできてしまってる。みんなの予想にない展開を持ってくると「トンデモ」と言われる可能性もあるからだ。しかし、ストーリーにこうでないといけない、と言うことは本来ない。どんなむちゃくちゃな展開でも、いや、むちゃくちゃな展開が成立してしまう時にこそ、物語の真の爽快感がある。昔のお話には、パターン化されていない初期衝動が一杯あって、ボクが昔のテレビばっかり見とる訳です。

wakakitamiki * ふとした話題 * 23:59 * - * - * pookmark

3/3:はんぶん不思議

今年もやってきたかのんバースデー

これトリミングしてないバージョン。

 

ツイッターで絵をあげたけど、東山さんが話題にしてくれたおかげもあってとんでもないRTの数だった。毎年本当に不思議なんだけど、かのんちゃんってなんでこんなに愛されているんだろうね。毎度言ってるけど、1エピソードの主役でしかない娘だからね、本来。アニメだって数話しか出てないんだよ。確かにいい話ではあったけども。色々なものがかみあって、こうなったのか…でも、もっと違うものなのかも知れない。

 

そういえば、「若木先生の描くキャラのなかでもかのんちゃんの絵は特別な感じがします」って東山さんに言われた。そりゃ君の役だからそう思うんじゃないの?…と言いたいところだけど、そういわれて否定できないところもある。それに対してボクは「ボクが描いてるんじゃなくって、ボクが描かされてるからでしょう、何かに不思議な力に」と答えた。不思議な力だよ。皆さんこれからもかのんをよろしくお願いします。

wakakitamiki * ふとした話題 * 23:54 * - * - * pookmark

3/2:量より質、プレミアムver

喫茶店トンボロと洋菓子店セシルエリュアールの神楽坂コラボがあるというので行ってきた。

 

相変わらず開いてるか開いてないか当日のシェフの体調に聞かないとわからない()セシルエリュアールの鈴木シェフによるパフェが3種、ワッフルが1種。トンボロ開店時それなりに人が並んでて、ボクと妹もそこに並んでたんだけど、そこに何も知らない通りがかりの人が来て「なにか並んでるよ〜」「なんだろ〜」と置かれたメニューを見て「パフェ2000円!すごい値段!」って驚いていた。その人達はもっとビックリするだろう。用意されるであろうそのパフェの小ささに!

 

セシルエリュアールは、なのは洋菓子店のモデルのようなお店で、実際取材までさせてもらったお店だけど、とにかくこだわり抜いた材料と製法で旨い・高い・わからないヤツは食わなくてよし!というロック気質なお店なので。

見よ、この一見喫茶店のメニューのような素朴なワッフルを(まあ、実際喫茶店のメニューなんだけど)。これが1700円。しかし、このソースの濃厚さ美味しさよ。ワッフルも美味しかった。鈴木シェフも機嫌良さそうで何より。セシルのデザートコースでのシェフのうんちくは実に勉強になるんだけど、時間がなくて行けてない。また行きたいなぁ。

 

その時に妹からジャムを受け取る。新宿伊勢丹で今出てるビオモモハシモトのコンフィチュールだ。

ビオモモハシモトはイデミスギノの出身のパティシエ夫婦でフランスに移住して土地の果物を使ってコンフィチュールを作っているんだけど、これが火を入れないジャムなのだ。確かにイチゴは砂糖かけて一晩置いておいたら多少ジャムっぽくなるけど、それを一週間ぐらい続けて作るらしい。実に面倒な製法だけど、果物の風味が火で変わらないから良いらしい。ただし3000円以上するのだ。セシル同様、こだわるとどんどん値段は高くなる。これでも求める人がいるから商売として成立するのだった。

 

食べてみたら、確かに美味しい。でも、ショウガが入ってるせいで、いつも食べてる苺のジャムと比べられなかった。せっかくのイチゴの風味を残した作りなのに…。それより横のゴマのプラリネ美味しすぎるでしょ。これヤバい。

wakakitamiki * お菓子 * 23:59 * - * - * pookmark

3/1:かすみと艦これ

DOA6がうちに到着。

しかし、今PS4が手近にないので起動できない…。なんてこった。でも、原稿中の今、なんか危険な匂いしまくり。特に今回はクエストがエラい充実してるので、空いた時間にめちゃくちゃやっちゃいそう。

 

できないので艦これをやる。

遂に初めて5-5のゲージ割りをやる。

 

今まで行ける気が全くしなかったけど、陸奥改二+アイオワ+武蔵改二+大鳳+加賀+翔鶴改二というスーパー重量編成で、ボス前は陸奥の特殊攻撃を使い、支援なしでクリア。これでもそこそこ道中撤退あり。逸れあり。ボス負けあり。とんでもない資源の消費。油と弾が10000飛んでった。これで5-5に行かないといけない単発任務をクリアできる。もう二度と行かないぞ。

wakakitamiki * ゲーム * 23:59 * - * - * pookmark

2/28:自分の身の丈

打ち合わせ。

既に原稿二つやってるので、すごくゆっくり打ち合わせをやってる案件なんだけど、なんか形になりそうで嬉しいような不安なような。考えるだけならいいんだけど、マンガは描かなきゃいけないから…。

 

ロートンヌのイチゴのティラミス食べながら悩む…。

wakakitamiki * - * 23:59 * - * - * pookmark
このページの先頭へ