1/8:トゥルーナンセンス

打ち合わせ。今までは話ばっかりしてたけど、KOIが終わって初めてネームを描いた。直し。

 

改めて自分の平凡さを実感する。

iTunesにも見抜かれてるし。

デヴィッドボウイやらニューウェーヴをいくら聞いても、「あなたは定番ラブソングが好きなんですよね」とおすすめしてくる。すごいよ、こいつは。ボクは道の真ん中を歩いてる人間なのだった。しかし、道の真ん中を歩いてるのに友達あんまりいないとかキツいで、これは。どうせなら端を歩きたいよ。

 

iTunesに人生相談をしたい気持ち。

 

 

そういえば、時効警察が復活するんだってね。

これめちゃくちゃ楽しみだ。これぞホントの無意味な会話、空前絶後の収穫のないストーリー。なのに、すごい満足感という不思議なドラマ。三木聡もここで思いっきり本領発揮して欲しい。三木聡は昔ごっつええ感じの

wakakitamiki * ふとした話題 * 23:59 * - * - * pookmark

1/7:16bitセンセーションvol5の委託と内容のお話

とらのあな等で、16bitセンセーションの委託販売が始まっておるようです。

 

小生、頒布に関しては全くノータッチなので、よくわかっていません。なので、内容の紹介だけします。

 

黎明期のインターネットって、エヴァSSと海外のH画像ばっかりのイメージ…。

 

VOL5の舞台は1996年。9801DOSゲームの最終年が舞台です。

 

1995年発売のWidows95はビックリするほど売れまして。何と当日は電気屋で0時販売ですよ。もうフィーバーと言っていいいほどの勢い。買ってる人もOSって何か知らなかったんだから。パソコン持ってないのに買ってる人結構いたよ。

 

でもそのおかげで、Windowsパソコンの時代が華々しく訪れました。それまで日本のパソコンを支配していたのは高いパソコン、NECPC9801軍団の支配。安いパソコンがあっても、9801のソフトが使えないから買えない。そこにWindowsが登場し、Windowsさえ乗っていればどんな会社のPCでも使えるということで、パソコンは安くなり、9801の既得権はあっという間になくなりました。(もっとも、エロゲーマーたちは9801との互換性を気にして、Windows時代になっても98系のバリュースターを使っていたんですけども…)
 

ちなみにインターネットもこの年から一般層に広まってきたんだけど、ネットがゲームに影響を与え始めるのはまだまだ先。

 

 

という訳で、パソコンゲームのクリエイター達もDOSからWINDOWSに以降する訳ですけども…DOSへの愛着は捨てがたく…というお話です。今回は今までお話が聞けなくて触れられなかったハードのお話も当時の制作者の方のお話を元に取り上げております。

 

アルコールソフトの面々にも大分なじんできて、いよいよマンガっぽくなってきました。今回は年末にERを見ていた影響もあって、アルコールソフト関係者の姿をできるだけ捉えられるように、メリーゴーランドのような形式でお話が進行します。ボクはDOSゲーム時代がとにかく好きなので、今回のお話は力入りました。この頃のゲームやってほしいけど、今更9801を買ってしまうボクのような人はあんまりいないと思うんで、この本で体験してください。みつみさんの今更いつ使うんだよ!という16色彩色講座も面白いですよ。

 

てんちょーはどこへ行く…

wakakitamiki * ふとした話題 * 23:59 * - * - * pookmark

1/6:お風呂

今日もネーム。

 

宮崎駿的に言うとお風呂に水がなかなかたまらないのが今のボク。風呂桶は用意してあるんだけど、中身がなかなか埋まらない。キングオブアイドルが始まる前はあんなにアイデアが湧き湧きしていたのに。今は雫を集めているような状態。

 

従って、艦これが進んで仕方ない訳だわ。Jonstonがドロップしたので、イベントの掘りも終了。早波、福江は資材に見合わないのでパス。それにしても涼月が戻ってきたのが嬉しい!この娘の喪失が一時引退を招いた訳だから…。これで残りの艦娘はジャーヴィス、早波、福江となった。

wakakitamiki * ふとした話題 * 23:59 * - * - * pookmark

1/5:先入観

ネームをやりながら、たまってる年末年始の録画をちょっと崩す。

 

全力脱力タイムズSPのくっきーの前澤社長のモノマネ、今年一笑った。多分今年の12月になっても笑ってる。

 

晩ご飯は新宿のジュウニブンベーカリーの「ポム」と「ショコラと紅茶のブリオッシュ」。ジュウニブンベーカリーは365日プロデュース。365日はどこも行列だけど、ここは並んでない。ここのパンはかなりモチモチで特徴がある。一度は食べて損はないという感じ。特にこのブリオッシュはすごい好き。

 

それにしても、ジュウニブンベーカリーにたどりつけなくてw!ジュウニブンベーカリーは新宿京王百貨店の中地階にあるんだけど、どこにあるか全然わからなくて、百貨店の案内所まで行って「ジュウニブンベーカリーってどこですか?」って聞いたら「当店にはございません」だと!はい!?そしたら、ボクがさまよっていたのは小田急百貨店だと判明!これ間違うか?ボクが見ていた地図にも京王百貨店って書いてあったというのに。小田急だと思い込んでると京王って書いてあっても見えないんだね。先入観って視界も支配するんだなぁ。

wakakitamiki * ふとした話題 * 23:59 * - * - * pookmark

1/3:新年あけまして丙提督

プロットとイラスト仕事のラフ。プロットは全然進まず、映画を見て過ごす。

 

映画を見ている間に艦これのイベントをクリア。

E3はあっさり丙でクリア。E2を甲でやってかなり手こずったので余計にあっさりだった。丙最高。でも、今回は装備の大切さを思い知った。ネジと新装備の任務はできるだけやっておくべ〜。さて、これからは涼月掘りだべ。でも、警戒陣があるうちにハードな単発任務もこなしておくかな…。

 

お祝いにロートンヌのガトーショコラ。イノシシが刺さってる☆

 

天理が描けたのでツイッターにあげる。ボクの塗りも変わっていくなぁ。上手に描けたような気がしても、Pixivを見てまたおののく。もっとうまくなりたい。

wakakitamiki * - * 23:59 * - * - * pookmark

1/2:クリムゾンってイケメンとそうじゃない人はっきりしてるね

特に初夢はなし。

 

ぼーっと過ごす…ってのも何なので、天理の絵を描き始める。天理の絵(ちゃんと)描くの久しぶり。

 

Amazonで注文したクリムゾンのCDがイギリスから届いた。

Meltdown。今のツアーメンバーによる去年のメキシコのライブ。ブルーレイつき。特にブルーレイが良い。こないだ日本公演の記憶が蘇る〜!しかし、太陽と戦慄のパート4は入っておらんのかいな。REDの曲もいいけど、太陽と戦慄の1〜5フルセットのライブも見てみたいぞ。しかし、映像でみて、ギャビンハリスンが好きになった。ライブで見た時は左側にいたからドラムはパットマばっかり見てたんだけど、ギャビン!めっちゃうまい!スコーンと抜ける音と叩いてる時の神保彰みたい姿勢の良さ。しかもイケメン。そらフリップもニッコリするわ。

wakakitamiki * - * 22:32 * - * - * pookmark

1/1:謹賀新年

あけましておめでとうございます。

新年グラブルの10連ガチャでSSR3枚抜きしてめちゃくちゃさいさきえーやん!と思ったら、DOXVVで180連爆死。おのれDOA。

 

 

ボクのマンガ、ブログ、ツイッター、それぞれみてくださる皆さん、昨年はお世話になりました。今年もよろしくお願いします。去年の「キングオブアイドル」の打ち切り終了は、正直ボクにとってはかなりダメージの残る出来事でした。今までで1番命削ったので描いていたので(涙)、あれだけの人間を生み出して引率できなかった責任を今も感じています。

 

まあ、続いていてもどこかで死んでたかも知れないんで、もしかしたら幸運だったのかも(ポジティブ)。一方、16bitは気持ちよく描けていて、同人誌っていいなぁと思うことしきり。今年はまずマンガを描く気力を取り戻すところから始めたいと思います。

 

年賀イラスト描いてますけど、いつできるかわかんないです。

 

 

いいことがあるように近くの神社へ初詣。そのまま映画館へ。

 

ボラプ!ずっと見たかったけど、遂に行けた。

 

いやはや、素晴らしい映画だった。

 

日本でも紅白でサザンが国民的バンドの魅力を存分に見せてくれたけど、サザンが「国民的」とすると、クイーンは「惑星級」の大衆性をもったポップバンドだ。誰かが「クイーンは史上最強の"みんなのうた"バンド」と言っていたけど、クイーンは会場が広いほど、観客が多いほど、音量が大きければ大きいほど、バンドの磁場がパワーアップする。

 

まさにそれを世界に見せつけたのがこの映画のなかでクライマックスになってる「ライブ・エイド」。あのイベントのメンバーの強烈さを見てなかった人に伝えるのは難しいんだけど、笑っていいともの最終回にデラックスライトを最大威力で当てたぐらいのイベントだった。マドンナでさえ若手。ZEP、ボウイ、ミックジャガー、ビーチボーイズ、ボブディラン、ポールマッカートニー…国民的アーティストが年代を超えて総出演した(ちなみに日本からはサザンが出た。永ちゃんも出た→と思ったらサザンは出てなかった。佐野元春が出てた)なかで、落ち目の状態で出て、ダントツのベストライブ(2位は議論されても1位は議論されたことがない)を披露したのがクイーンだった。スタジアムでクイーンの曲に敵うモノは誰もいない。それは、IMAXの大音量でも十分に感じられた。そんでもって、クイーンの面々が似てる。ブライアンメイとかフルCGで再現したのかと思うぐらい似てる。フレディ役ラミマレック(Mrロボットの主人公だね)も顔以上に魂が似てた。ほんと、ライブシーンはかなり乗り移ってた。あのライブエイドの映像だけでもお金を払う価値がある。

 

最近の音楽映画ってマジ外れがないね。メリーポピンズも見に行こう

wakakitamiki * ふとした話題 * 19:26 * - * - * pookmark

12/31:毎回行き方がわからないビックサイト

大晦日。

 

今年はコミケに「お菓子差し入れおじさん」として参戦。Boowyの「Last Gigs Complete」を聴きながら、ライブハウスビックサイトへ(いま西暦何年???)!そしたらゆりかもめが事故で止まって30分ほど足止め。予定より遅れてビックサイトへ。

 

いつ行っても緊張感のあるビックサイト。コミケって緊張するよな〜。

 

入ってまずは元スタッフさんたちのスペースをはしご。なんかコスプレ売り子とか雇ってる!すげー。忘年会でみんながどうやったら新刊買ってもらえるかって話をしていたので、こっちもどうだったか興味津々だったけどみんな売れてるみたいだった。ホッ。

 

その後みつみさんと甘露さんところへ。なんか既に本は完売してみんなでご飯を食べていた。すごい歴戦の大手感のある風格。ボクにもご飯が出る。恐縮…。みなさん温かく迎えてくれるけど、サークルというくくりだとボク新入りなので借りてきた猫。さっきまで元スタッフさんところでは生き生きしてたのに(苦笑)。

 

その後は近くにスペースのあったMin-Narakenさんのところへ挨拶してお話。滅多にお会いできないので。しかし、16bitやってると、こういう会話のなかででも無意識に面白いネタがないか探してしまっている。いかんなぁ。

 

その後はいつものように昔からの友達とのファミレスオフ会。何年やってるんだ…。ほぼ20年近くやってる。みんな外見は老けたけど、中身変わらない。15年前ぐらいから結婚したいーとか言ってる彼もまだ今年も言ってる。はよしろ。余ったマドレーヌをここで配り、同人誌と交換して帰る。

 

帰ったら疲れてソファで寝てしまった。紅白もおもしろ荘もドキュメント72時間も見たいけど、起きたらもう新年だろうな。

wakakitamiki * ふとした話題 * 23:59 * - * - * pookmark

12/30:平成の汚れは平成のうちに…?

新宿へ買い物に出かける。

 

その後、年末のニュース総まとめ番組なんかを見ながら部屋の掃除。平成はバブル崩壊とベルリンの壁崩壊ともに始まって、「大きな物語」というものが無くなった時代だったなぁ。でも、平成の時代は相当平和な時代だったわ。パッと思い浮かぶのはオウムと911だけど、昭和は何しろ太平洋戦争と冷戦があったからね。その代わり自然災害はすごかったけど…。個人的にはネオ麦茶事件が今の時代に繋がるものとして心に残ってるな…。2ちゃんもすっかり衰退しました。

 

ついでにNHKオンデマンドで「天皇 運命の物語」も見る。今上天皇のドキュメンタリー。

 

昭和天皇ほどではないにせよ、今の天皇陛下もなかなかに数奇な人生だろうと思う。生まれた時は神様だった訳だから。戦後の天皇というのはものすごく微妙な立場だった。ボクは子供の頃はかなり徹底した反戦教育を受けていたんだけど、昭和の反戦教育のなかには「反天皇」も含まれていた。戦争は天皇の名前で行われたから。天皇を崇める国民性が戦争を加速しただから天皇はダメ…という訳です。だから、ボクは子供の頃は君が代は歌ったことがなかった。歌詞すら知らなかった。今なら先生に怒られるよ。でも70年代は先生自身も君が代に抵抗があった時代だからね。

 

でも、ボクもそういうマインドセットから離れて、最近は天皇陛下こそ日本で1番反戦主義だろうと思うようになった。だって自分の名前で1億人が動く可能性があるんだから、それはそれは責任重大な訳で。特に戦後になってからは皇室は国民が主役という立場を貫いてる。1番厳密な護憲派かも知れない。だから今は君が代も歌うようになったのでした。

wakakitamiki * ふとした話題 * 23:59 * - * - * pookmark

12/28:16BitセンセーションVol.5のおはなし

またコミケの季節がやってまいりました〜。

で、今回も16Bitセンセーションが出ます。

 

よ〜し!

場所!3日目・A88です!みつみさんと甘露さんのところで頒布します〜。

 

表紙!

マモーが表紙に!

 

今回はVol5、1996年が舞台。一時代を築いた9801DOSというプラットフォームが、遂に最後の時を迎えます。痕、Piaきゃろ、下級生、そしてYUNO。ラストを飾るにふさわしい沢山の傑作美少女ゲームが生まれたこの年。9801というハードへの哀悼と感謝を込めて、今回は特にプログラムという視点から描きます。

語り部はアルコールソフトのプログラマー・守くん。1巻では10才だった彼も大きくなりました。生粋の98っ子のマモーは98の最後をどう迎えるのか…。

 

そして、アルコールソフトはますます拡大、キキララも絶好調〜。

 

一方、メイ子とかおりさんは売れたら売れたなりの悩みが…

 

個人的にもハードとしての9801というのは興味があり、今回は当時のプログラマーの方々のお話を聞かせてもらいました(お話していただいた方々にホント感謝)。DOS時代の美少女ゲームとは何だったのか?今に何を残したのか?その貴重な証言を元に、(時間もあったので)最高密度でお送りしまーす。

wakakitamiki * 読者の方々への連絡事項 * 11:23 * - * - * pookmark
このページの先頭へ