5/24:これがホントの自己責任!

空飛ぶマイケル。

GTAたのしい。ゲーム自体はたいして面白くないんだけど、ラジオ流しながら町をドライブしてるだけでも面白い。

 

なにより、このチンピラたちの生きざま!

 

どいつもこいつも最低で最高。悪いことをしてるのに、気が咎めるどころか、なんなら俺の方が正しいと言ってけるそのパワー。マイケルの息子もお金欲しさに父親のヨットを盗んでおきながら、それで怒られても「パパが悪い!」と開き直る。

 

でも、よく考えてみたら、これぞアメリカのメンタリティって感じがする。

 

「他人のコロナでどうして、自粛なんてしなくちゃならねぇ!俺たちには自由に生きる権利があるんだ!」

 

そして、それでコロナに感染したとしても…

 

「政府がちゃんと知らせてくれたら、俺は外に出なかったしコロナにならなかった!これは政府の責任だ!」

 

みたいな。自己責任論がネットで語られるけど、自己責任というのは責任を自分で引き受けることではなく、自分を守る力を持つことであり、そのためには他人が犠牲になってもかまわないのだ。本当の自己責任社会というのは、手柄は全部自分のおかげ、失敗は全部他人のせい、と主張する世界だと思う。僕たちのような羊人間がこういう人にはなかなかなれないと思うし、おとなしくみんな仲良く生きていくしかないですな。

wakakitamiki * ゲーム * 23:59 * - * - * pookmark

5/23:空飛ぶタイヤ

作画作業中。

 

今日は空飛ぶタイヤ。

これはWOWOWでやっていたドラマW版で、日曜劇場の池井戸ドラマに比べると時代劇感は弱いけど、それでも十分にスカっとする王道勧善懲悪ドラマだった。

 

巨悪vs庶民。向こうは悪いやつばっかり、こっちはいいやつばっかりという、70年代の「白い巨塔」もかくやというシンプル構図。僕みたいになんでも批評的に考えてしまう外野が多いなかで敢えてこういう構図というのは、フェティッシュですらある。こういう道のまんなかを堂々を歩いていく物語は王道ドラマとか言うけど、池井戸ドラマはもう「覇道」ドラマ。暴力的道徳。なぎたおしていくパワーがすごい。

wakakitamiki * ふとした話題 * 22:26 * - * - * pookmark

5/22:技術論

ツイッターとか見てると、上手い絵ってなにか、とか技術論が定期的に出てくるけども。

 

ことボクらにとっての技術論のむなしさってのは、どれだけテクニックを身につけても、超絶技巧であっても、「ひらめき」や「発明」をしないと生き残れないってこと。そして、技術論ってのは、しばしばそのひらめきを阻害するということ。

 

技巧の代名詞、小畑健さん。確かに超絶上手い。でも、小畑さんより上手い人がいないかって言うと一杯いる訳で、じゃあその人はなんで代名詞になってないのか。Bzの松本孝弘のギターが上手いか下手か。みたいなことが話題になるけど、ボクの観点で見ると、なぜBzの曲は同じような曲調を並べてあれだけ売れ続けているのか?の方が知りたい。敢えて他の曲をやらない。しかし、進化してない訳でもない、この手加減。

 

高木さんの作者の山本さん。あの人も上手いけど、それ以上に「この人しか描けない」という絵を描いてるよね。ある種の発明だし、ブランディングと言ってもいい。個人事業主として「この分野ではこの人以外におらん」って立場になるってのは大事だよね。これを開発するには技術以上に人間性とか狂気の世界に入ってくる。その人間性の可能性を掘り出すためにテクニックを磨く。これがプロの技術論のベクトルだと思う。そのためには「成長しない」ってのだってあり。でも、誰だって成長したい。これがクセモノなんだよね。同じ事をやり続けるのも大変なんだよ。神のみの桂馬ってのも、多分発明だったんだと思う。おなじような主人公でずっとやってればいいんだけどね。やらなかったしね。

 

 

本当に未熟なうちは、上手い上手くないの技術論ってのは必要だけどね。

↑新しいスタッフさんにカケアミの作り方を教える。テレワークで教えるの面倒。

 

最近はカケアミってマンガであんまり使わないけど、ペンがまだ使えてない人にはペンに馴れる練習になるからいい。カケアミを何日も描いてると、描線が安定してくる。多分デジタルでも。

wakakitamiki * ふとした話題 * 23:59 * - * - * pookmark

5/21:後ろ盾

黒川検事長の賭け麻雀の件怖いよね。これ誰が書いた絵なの…。

 

余りにも物事がスムーズすぎて。あー何でも後ろ盾が大事なのかなぁ。山田孝之君たちの沖縄の件も、山田君は行ってなかったかのような雰囲気だもんね、ネットもヨシヒコがあるから忖度〜みたいな(そもそも謝る必要ないと思うけど)

 

我が身を振り返ってみると、漫画家ってあんまり政治力とか関係ない気もするな…。結局、漫画家って描くことしかできないから。昔は「編集部は実力じゃなくって、人の縁で決まってる!だから担当への年賀状は絶対だした方がいい」とか言う人もいたにはいたけど、ボク担当さんに年賀状なんて出したことないよ。むしろ担当さんと仲良くなるのって害の方が大きい気がする。力を認めてもらうことは大切だけど。

 

でも、「担当編集者の政治力」というのはある程度必要かも知れないね!

というか、めっちゃ必要。

 

漫画家は編集部の会議に出られないし、書店の販促も決められないからね。週刊少年誌ってのはかつては書店の販促すごい弱かったんだけどね、なぜなら棚が最初からあるし、なんもせんでも売れるから。でも、今世紀に入って部数がなかなか出ない時代になると、他の会社から転職してきた編集者さんの方がノウハウを持ってたりして。神のみとかモロにそうだもんね。コミック局に販売担当が1人しかいません…って時代に、自分たちでどうやって売るかってアイデア出してたもんなぁ。編集者って大事。

 

まあ、最近はコミケとかで活動してる作家さんとかで、書店とコネクションもってる状態の人も結構いるよね。ああいうの羨ましいなぁ。でも、もしコネ持ってたとしても、ボクは営業とかやらんだろうな…外出たくないもん(48才)

wakakitamiki * ふとした話題 * 23:59 * - * - * pookmark

5/19:車でひく人間になるかひかれるか人間になるか

今話題の無償DL化したGTA5.もちろんDL。

 

と言ってもPS版買ってたから序盤は繰り返しだったけど。このゲーム結局のところメインミッションは撃ち合いかカーチェイスの繰り返しなんだよね。しかも結構難しいのよ、トレバーが出てきてから特に。ミッション長いし。ミッションを受け取りにいく距離も遠い!金払っても断念したのに、タダとなるともう。ただ、車がとにかく多種多様でしかもかっこいいから、車を盗んでドライブするだけでもそこそこ楽しめるけど。

 

しかしこのゲームの悪態はすごい。口が悪いを極めすぎて、もう詩の領域に入ってる。パワー、テクニック、スピード感全てS級。頭の回転が相当よくないとこんなの言えない。21世紀の江戸っ子だよ。

 

ほんとこれやってると善人でいるのがバカバカしくなる。普通に道歩いてるだけなのにバコスカひかれるし、撃たれるし。法のありがたさをかみしめるゲーム。

wakakitamiki * - * 23:59 * - * - * pookmark

5/18:給付金とモバスタ

今日のスピリッツは合併号休みです。

週刊連載なのにえらい進み遅いね。

現場は時間あっていいけど。

 

うちの郵便受けを見たら、給付金の申請書が入っていた。でも、液タブかっちゃったから、10万もろても赤字…

 

なんて言ってたら、液タブを買う原因になったバッテリー膨張破壊モバイルスタジオプロが帰ってきた。脱腸がすっかり治ってる。こいつさえ壊れてなければ…。まあ、無償でバッテリーと液晶が交換になったからいいか…。もう予備になっちゃうけど。

wakakitamiki * 結婚するって、本当ですか * 23:51 * - * - * pookmark

5/17:サウスパークS22

ライブカメラ警察の活動は今でもやってるんだけど、ヨーロッパじゃ明らかに人が増えてきた。もうアイアムレジェンド状態じゃない。マスクとか全然誰もしてないし、急速に以前の姿になりそう。

 

 

そういえば、アメリカでは3月の学校での銃乱射事件がゼロだったんだってね、なんと18年ぶりに!え、ちょっと、17年間、毎年3月に銃乱射起こってたの?そんな風物詩になっていたのを知らなかった。

 

これがタイムリーだったのはNETFLIXで新しく配信されたサウスパークのS22の1話目がまさにその話題だったから。余りにも乱射事件が多くて不感症になってしまってる人達に、「銃乱射を日常にしないで、もっと怒れ!」という話だった。いつまでも銃乱射に大騒ぎしてるシャロンが更年期障害だと決めつけられてた(ひどい)

 

でも、サウスパークのS22は前の2シーズン、いや3シーズンよりは面白かった。S19辺りからサウスパークはかなりマジになってきてるし、話も長尺になってきてるしで、S21に至っては重苦しい想いしかなかった。まあほとんどはトランプの問題のせいなんだけど。でも、S22はギャリソンがあっさり消滅。大統領選ネタ皆無。キャラ位置も元に戻ってかなり通常運転感あり。S18ぐらいには面白い。見るモノがないこともあって、一気に3周してしまった。

 

まあ、初期と同じようにはいかないけどね。なんかのレビューで「マット&トレイがかつて自分たちの番組で世の中を劣悪にした、その埋め合わせを今してるような感じ」とか書いてあったけど、まあ、ちょいちょいおじさんの愚痴感はある。でも今でもレベル高い。ジェフベソスとかめっちゃ面白かった。

 

 

ところで、銃乱射の件に戻るけど、なんで3月なんだろ?アメリカの新学期は9月なんだから、お礼参りは6月とか7月じゃないの?って話をスタッフさんにしたら、「暖かくなるからじゃないですか?」だって。これまあまあ本当っぽくて興味深い。こないだの話じゃないけど、銃乱射って自殺の延長みたいな部分もあるし、やっぱり冬だと乱射する元気もないのか。違う理由だったら教えて下さい。

wakakitamiki * 映画 * 23:59 * - * - * pookmark

5/16:大山のマテリエル

この2ヶ月で近辺のケーキ屋は食べ尽くしたので、さらに遠くのケーキ屋へ出向く。

 

大山のマテリエル。これはさすがにかなり遠かった。

ここは昔からすごく有名だけど、何しろ大山という電車でも行きにくい場所(東武東上線ってあんまりケーキ屋がないから)場所。かつて自分のバースデーケーキを作ってもらったことがあるというのに、店に行ったのは初めて。

 

嬉しくて4つぐらい買って、食べてみる。モンブランが有名だけど、和栗は時期はずれでなかったので、ショートケーキにコーヒーゼリーやムースケーキなんかも買ったけど、どれも美味しい。というか、町のケーキ屋のレベルじゃなかった。値段が高いというのもあるけど、銀座とかのケーキのステージ感。これを普段から食べられる大山の人はすごいね。

 

食べきれなくて1日置いて残り食べたけど、1日置くと、町で一番美味しいケーキ屋ぐらいの味になっていた。もったいない…。

wakakitamiki * お菓子 * 23:59 * - * - * pookmark

5/15:サヴァ?なのは!:自粛モード

画像クリック

wakakitamiki * なのは洋菓子店のいい仕事 * 23:59 * - * - * pookmark

5/14:サヴァ?なのは!:自粛モード

外出る時はケーキ屋ばかりだから、なの菓子のお話ばかりが思い浮かんでしまう。

 

画像クリック

wakakitamiki * なのは洋菓子店のいい仕事 * 23:59 * - * - * pookmark
このページの先頭へ