7/9:戦争のはらわたのシュートフェイント

ワールドカップも待っただなかだけど、今回のワールドカップほど「戦術」を感じた大会はないかも知れない。「代表チームはクラブチームと違って寄せ集めの集団。だからワールドカップのレベルはチャンピオンズリーグほどじゃない」みたいな時代は終わったんだね。ベルギーとか色んなプランあったもんね。選手達の戦術理解度も異様に高い。ネット掲示板のジョークで、「グアルディオラがその時に監督してる国の代表がワールドカップで優勝する」みたいなのがあったけど、プレミア勢の活躍がホント目立つ。すごい選手が考え走る時代。オシムは10年前からずっと言ってるけどね。

 

試合見てると、ついついマンガに結びつけて考えてしまう。

 

マンガってのはドリブルみたいなもので、ストーリーは作者と読者の間にあり、作者はストーリーという球を、読者のちょうど手の届きそうなところに置きつつ、食いつかせて、スッと移動させる。そしてまた読者の近くに置く。この「食いつかせる距離感」というのが実に重要で、置いてけぼりを食わせてしまってもいけないし、相手に追いつかれてしまってもダメ。でも何よりまず食いつかせることが大事だ。

 

映画を見た。

 

「戦争のはらわた」

戦争映画の名作と言ったら必ず名前が出てくる独ソ戦の映画。実は未見でずっと前にDVD買ったんだけど吹き替えがなくって放置。そしたら、吹き替えが入ったBD版が出たので購入。仕事しながら流した。

 

ストーリーは、勲章が欲しい器の小さい上官の要望に応えなかったジェームズコバーンの小隊が、上官に裏切られて戦場で孤立させられる話。見る前のイメージでは、プライベートライアンとか、ジョニーは戦場に行ったみたいなホントに直接的に戦争の悲惨さを訴えるような話だと思ってたけど(当時はこれでも十分過激だったんだろうけど)、仁義なき戦いみたいな話だったので少し意外だった。

 

この映画は本当に上官がムカつく奴で、そのイライラとその背景としての戦争の色々なうっとうしい描写もあるんだけど、不思議と、ある種の「快楽」が戦いのシーンに漂う(これも最後にきいてくるんだけど)。しかし、この映画を名作たらしめてるのはラスト。裏切りで全滅した小隊から生き残ったジェームズコバーンが、上官を追い詰める。ここで上官を撃ち殺しても名作だったと思う。ところが、ここでジェームズコバーンは上官を殺さない。なんで?なんで殺さない?ここですごく見てる人に考える機会をこの映画はふんだんに与える。そしてこのラストが象徴してるものこそが、戦争だと思い至る。銃も扱えない人間が命令し。暴力を嫌悪する人間が暴力を行使する戦場。戦争も上官も大嫌いだけど、戦場が一番居心地のいいコバーン。最後の高笑い。

 

ここで見てる人の数だけ答えが発生する。割り切れるものは、そこで終わってしまうけども、割り切れないものは、延々と解釈し続けることができる。1年に一度は見たい映画だと思う。

wakakitamiki * - * 23:59 * - * - * pookmark

7/8:フフフ

単行本作業中…。一日10枚描いても、まだ足りない。

wakakitamiki * ふとした話題 * 23:54 * - * - * pookmark

7/6:カレー曜日

とりあえず、52話は完成したので、晩飯。カレーさえ食べてればナントカ。

ガイアの夜明け見てたら、ボンカレーのインド進出の話をやってたからなんだけど、実はボンカレーほとんど食べたことない。ボクはハウス派だったので…。少年ジャンプなし、テレビなし、ボンカレーなし。コロコロコミックあり。これがボクの少年時代よ。咖喱屋カレーね。

 

にしても、単行本作業が…

wakakitamiki * ふとした話題 * 23:59 * - * - * pookmark

7/5:2行ブログ

引き続き…原稿中…

単行本作業が終わらないよう…

wakakitamiki * ふとした話題 * 23:59 * - * - * pookmark

7/4:KOI 2学期

お久しぶりです(死体)

 

2週間の休載を経て、今週よりキングオブアイドル再開します〜。

色々なものが変わって、新しい環境にまほろと瀬奈が乗り出します。

 

2週間休んだにもかかわらず、まだ単行本作業も終わっておらず。本来ならサマーコンサートのお話とかしたいんですけど、しばしお待ち下さい!

 

今こうして書いてる間にも、締め切りが6時間後にせまっておるのです。

wakakitamiki * ふとした話題 * 23:59 * - * - * pookmark

7/3:イガラシ

作画中。

 

昨日は残念だったね。

 

昨日はサッカーに興味のないスタッフですら仕事終わりに残って観戦していた。

しかし負けはしたけど、これほど強い相手にこの本気のステージで思いっきりぶつかっていけた試合ってのは初めて見たかもしれない。まあ、相手がベルギーってのも良かった。ベルギーは最初日本を舐めてたけど、キモを冷やしたんじゃないかな。最後のコーナーキック、色々言われているけど、あそこですぐに蹴ったこともわかる気がする。本田には90分で勝つイメージがあったんだろう。それに延長戦になって耐えきれるとも思えなかった。勝てるとしたらここしかない!まるで「キャプテン」の青葉戦で一か八かの本塁突入を敢行したイガラシの様な美しさを感じた。

 

以前にボクは「日本人はヘタと言う前提じゃないと勝てない」みたいな戯れ言を言っていたけど、この大会ほど日本人が巧いと実感したことはなかった。選手の経験とビジョンの共有があれば、ここまで自分たちで試合をコントロールできるんだなぁ…。ともあれ、この試合の衝撃はドーハの悲劇を彷彿とさせた。ドーハから日韓まで、日本代表は昇竜のような成長を遂げたけども、この試合はまた新しい日本代表の出発となるのかも知れない。次の監督は誰なんだろう。

wakakitamiki * サッカー * 10:35 * - * - * pookmark

7/1:機能的≠実用的

ワールドカップで毎日原稿のお供には困らないんだけど、TBSの戸田和幸氏の解説が面白いので、本まで買ってしまった。

 

お布施。

 

遡ると、ボクのサッカー観戦の最初の先生は、かつての代表監督・加茂周さんだった。加茂さんは当時WOWOWでセリエAの解説をやっていて、当時の加茂さんはとても知的な解説者だった。試合が始まるとまず選手のポジションを言う。「左がマルディーニ、真真ん中がコスタクルタ、バレージ…」みたいな感じで。これがサッカー初心者のボクにはすごくわかりやすかったし、サッカーというのは、ただボールを蹴ってるだけじゃなくって、「システム」を使ってチーム全体でボールを運んでいくものなんだ、と勉強したんだ。つまり戦術。

 

その後はサッカー雑誌を見るようになって、より詳しい戦術論とかも読むようになったし、当時の人気ライター・杉山茂樹によるポジション解説(今までの4-4-2とかを、4-2-2-2とか、4-1-2-1-2の様により詳しく書くのも一般化した)をいつも楽しみにしていたものだ。

 

そして、今は戸田。戸田氏はボール回りだけじゃなく、なぜこういう状況になったのかを数プレイ前まで遡って解説する。このシュートを打たれたのはそもそもその前の前のプレイのズレから始まってるとか。あと、試合の間のシステム変更もすぐに指摘してくれる。ほとんどプレイヤーや監督の思考。通常サッカー専門誌のレビューで楽しむマニアックな解析がリアルタイムで聞けるから、すごく面白い。「ここはがんばりどころですねぇ」とか「次の1点が大事ですよ」みたいなありきたりなことを言わないのでとても新鮮。

 

中西哲生氏と小澤一郎氏と戸田氏がやってるYOUTUBEもよく見てるんだけど、これも面白い。でも、とにかく宇佐美をボロクソ言うんで小澤氏はボクの「倒すリスト」に入ったがな!へいへい、スペインでさぞ上質な料理ばっかり食べておられるんでしょうよ。だからと言って、ナニワのソウルフードをバカしたら許さへんで!「スペインなら小学生でもできる守備できない」とかうるせーんだよ。知ってるちゅーねん、そんなん。わしらにとってはあいつがごちそうやねん!

 

そこら辺がスペインサッカー好きの人をボクが好きになれない理由なんだけど(苦笑)。オシムが「日本人はシステム議論が好きらしいが、システムは保障でしかない」と言っていたけど、システムは最低限を担保するだけで、勝利を決めるモノでもなんでもない。理論ってのは、なかなか本質をえぐれない部分があって。常に後追いにならざるを得ない。まして相手のあるスポーツではね。ボクにサッカーを教えてくれた加茂さんはその後代表監督になって失敗し更迭された。杉山茂樹氏も今はすっかり名物男みたいになってるし。マンガも同じで機能的であるから面白いとは限らない。

 

どうして、ワールドカップでは一流選手があんなに無様になってしまうのか。マスコミのプレッシャーや勝負の恐怖というものは戦術論ではなかくみ上げられないからね。まあ、そういう様々な側面があるからサッカーは面白いんだけどね。

 

それにしても…昨日のフランスアルゼンチンは面白すぎた。

決勝トーナメントになるともっと堅い試合するかと思ったら、あんなオープンになると思わなかったよ。

wakakitamiki * サッカー * 18:46 * - * - * pookmark

6/29:プロフェッショナル・ウィン

単行本のカラー素材を出す。

お盆進行で大変。しかし、それにしても、今週は睡眠時間が少ない…!

睡眠削ってるのに、仕事が遅れていくミステリー!

 

まあ、多分サッカーのせいなんだろうけど。

 

昨日、日本代表がベスト16進出を決めた。

昨日は何と視聴率44パーセント以上だったそうで。うわ〜30パーセントは絶対超えると思ったけど、44パーセントとは。

 

それだけに昨日の代表の戦いぶりに喧々囂々という感じだね。でも、ワールドカップを何回か見てるとわかるけど、グループリーグのひどい談合試合は1大会に1、2回は絶対に発生するから、こんなのサッカーの一部だよね。ただまあ、それを、他力本願の状況で、負け試合で、しかも日本代表がやるってのは新鮮というか画期的だったねw

 

昔、トルシエが「日本には守備の文化がない」って言ってた。日本はリードしてる状況でスピードダウンしたり、相手にあえて攻めさせたりする戦術が昔から苦手だ。これは日本が攻撃が好きとか、守備が苦手とか、そーゆー訳ではなく、日本人は「正々堂々としてないとバツが悪い」というメンタリティの人が多いんだ。だから、ちゃんとスポーツしたがる。これ正々堂々が好きな訳じゃない、「バツが悪い」という何とも複雑な精神構造。だから、守備をしてたり、さぼったりしてるとバツが悪いから、攻めてるように見える方がいい。

 

ところが、昨日の日本代表はかなりバツの悪いことを平然としていた。これはある種の日本代表の成長と言ってもいい。今回ワールドカップの日本選手の守備のプレーとかはかなり汚いこともやってて、いいじゃんってwフットボール!って感じだよね。フットボールって全然スポーツじゃない、特にワールドカップはね。

 

今回の試合運びはプロフェッショナルファウルみたいなもので、結果のためにクールな損得勘定をしたってことだよね。それで進出できる鍵になったのがフェアプレーポイントってのがまた皮肉が効いてますな。フェアプレーポイントみたいなのが敢えて設定してあるってところが、逆にサッカーがいかにフェアプレ−が珍しいってことかと表してるような気がする。次はベルギーかあ、楽しみだね〜。

wakakitamiki * サッカー * 12:21 * - * - * pookmark

6/28:ゲットアウト

ず〜っと見たかった映画を見た。

AMAZONビデオのレンタルの値段が500円でたけ〜と思ってて手を出さなかったけど、遂に500円出して見てしまった。

 

「ゲットアウト」

今年のアカデミー脚本賞。

いや〜面白かった。

 

しかし、これアカデミー脚本賞なのw?全然わからね〜。映画そのものはB級ホラー感というか、午後ローでやってそうな話だよ、これ。面白いけど。

 

それより、このテーマ!

 

「黒人は白人の家に行くな!」

「黒人に理解があるフリするインテリ白人も実はクソだ!」

「白人の恋人もクソだ!」

「ようするに白人は誰も信用できねぇ!」

 

というお話じゃないっすか!これがあれだけ技巧的で美しい『スリービルボード』を抑えて脚本賞とっちまうとか、アメリカすごすぎ。黒人の皆さん、かなりお怒りなのでしょうか。

 

町山さんが、アカデミー脚本賞は作品賞を取るには先鋭的すぎる映画に与えられることがある的なことを言っていたので、そう思うと納得。でも、ボクも黒人の人を見たら親しくなろうとして黒人の話題をしてしまうかも知れない、それも反感を買うのだろうか。これはセクハラ関連のことにも言えるかも知れないけど、無神経で無自覚であるというはそんなにも罪なのかなぁwでも人種が常に接触しているアメリカでは、そんなのほほんとした状況でもないんだろう。

wakakitamiki * 映画 * 23:51 * - * - * pookmark

6/27:今日もKOIはお休みです。

あ、服の合わせが逆だ…。

今日はサンデー発売日ですけども、今日もKOIはお休みです。来週から始まりますので、よろしくお願いします。

 

最近、炭酸がコンビニに一杯出てるんで、久々にキリンレモン買ってみたけど、

あれ?こんな炭酸弱かったっけ?

 

キリンレモンって、ボクにとっては夏休みの象徴で、おばあちゃんの家にケースで置いてあってね。家ではジュース禁止の戒律で育てられてるボクには、もう甘露のごとき飲み物だったんだけども。子供の身には舌に穴開くんじゃないかと思う具合のガトリング泡炭酸で、美味しかったなぁ。もっと炭酸キツくていいよ。

wakakitamiki * - * 23:59 * - * - * pookmark
このページの先頭へ