3/18:怖い夢

なんか、家の台所やトイレが全部一段高いところにある夢を見た。

 

これ、完全にパラサイト見たせいや。あの高い場所のトイレ怖かったなぁ。下水管より下に住む人達。象徴的ってヤツだ。映画のなかで「人の匂い」というものがお話のキモになっていたけど、そういえば昔は人のお家の匂いが気になったなぁ。でも、最近余り気にならない。特にマンションのおうちとかどこもいい匂い。小学校の頃はもっと色んな匂いが世の中にしてたような気がするけど、あの匂いどこいった。日本はどこに行っても清潔…のように見える。でも、下水の匂いが変わる訳じゃない、残ってるんだろうけどね。

 

 

そういうものを忘れてキレイなケーキを食べます。

アンヴデットのタルトフレーズ。ちょっと時間が経ってしまったけど、美味しい。

 

新宿のマパテは規模縮小するものの、1週間交代でパティスリーがやってくる形式は変わらないとのこと。よかった。

wakakitamiki * お菓子 * 23:59 * - * - * pookmark

3/17:パラサイト

午前中までかかってやっと原稿完成。遂に火曜日完成になってきた。これはいかん。

 

でも、完成した解放感で、新宿で映画を見に行く。

映画館がらすきだから今。濃厚接触どころか希薄接触。

 

パラサイトのお客さんは、580席に20人ほど…。

こんな王様状態でみた「パラサイト」。

 

これはすごいね。よくできてる。よくできてるとしかいえない。伏線を敢えてばらまいて、そこに意表をつく展開でマスクしていつのまにか回収とか、コメディとも言える店舗の良さ、キャラクターの造形の面白さ、それぞれの家族愛を描いて登場人物を悪く描かないことで浮かび上がる格差の現実、そしてゲットアウトのような衝撃的なエンディング。キャラ、ストーリー、ドラマ、テーマ、どれをとってもスキがない。日本の映画でこんなもの見たことがない。昔の黒澤映画のような骨太さ。万引き家族もよかったけど、こっちは「この映画を今作らないといけない!」という動機付けにおいて上だと思う。是枝さんもホントはこれぐらいはっきりしたものを描きたいんじゃないかねぇ。

 

ただなんだろ…前にみた「国家が破産する日」もそうだったけど、なんかこうキレイすぎるというか論理的すぎるというか…。すごいし面白いんだけど、どうも見た後にすっきりしすぎて忘れてしまいそうになる。贅沢な話だよね。韓国の人にとってはもっと現実のものとして捉えられるのかも知れない。でも、家庭教師先の女の子はすごいかわいかったです、はい。この子は120点です。

 

 

帰りに新宿でパンまつりやってたから買う。

うまそ。4月までやってるんだ。また買いに来よう。

wakakitamiki * 映画 * 23:59 * - * - * pookmark

3/16:「結婚するって、本当ですか」第1話

リカ&たくや

緑川理香がいたから二代目りかさん。

 

 

 

〜連載開始によせて〜

 

いよいよ、連載が始まりました。商業誌ではほぼ1年半ぶり。思った以上に皆さんからの激励をいただきまして…。なんだか緊張すごいですけど、それ以前にとんでもなく忙しい。週刊連載ってこんなに大変でしたけ?こんなに貯金がない状態で連載は始まるのって初めてなので、評判よりも締め切り的な意味でドキドキが止まらないっす。

 

 

今回の連載、何よりスピリッツでやる、というのが一番の変化なのです。ボクもサンデーで連載を目指していたのですが、なぜかこうなりました。

 

理由は簡単で、サンデーで企画が作れず、スピリッツで企画が通った。それだけの話です。

 

思えば去年一年は「キング・オブ・アイドル」の後遺症との戦いの毎日で、何にも浮かんでこないし何を考えても面白くないという感じでした。KOIの設定でアイデアが払底してしまっていた。担当さんの助けを借りて、何とか真理くんの読み切りを考えましたが、ほんと流行りのやつやってみました的な感じでこれが連載レベルとはとても思えず。それに、もう普通のラブコメはこれ以上サンデーに必要ない、というサンデーキッズとしての美学もあって意気消沈。

 

という訳で、16bitを進行しつつも、何か考えつくのを待ちながら取材をする日々を送っていたのです。が、一方同時にスピリッツでも企画が進行していたのです。

 

ただ、スピリッツでもアイデア浮かんでこなくて無為に打ち合わせだけやっていたのです。が、スピリッツでの担当が変わったところでその担当氏にネタを全部ボツにされまして。「これ面白くないんで、違うもの考えましょう」と言われちゃって。ただこれが新鮮で、ボクはしばらくの間、だれかから強いダメ出しをされたことがなかったので、このダメ出しのおかげで急に色々なものがシャンとしまして、新しいものを作れる打ち合わせの体制になりました。

 

といっても、サンデーでの連載を目指す道は変わってなかったのですが、1年ぐらいサンデーで取り組んでいたネタがボツになった瞬間、スピリッツでの連載はほぼ決まりました。あとスピリッツでは休載が取れるので、16bitとバトンリレーを抱えてる大中年のボクにとってはスピリッツのシステムはありがたかった。サンデーで取材をさせてもらった方々にはホントに申し訳ないんですけど、力不足でした。いつかどこかでまた形になるようにがんばります。

 

スピリッツはKOIが終わった瞬間に編集長が直接誘いに来ていただいて、しかもこの雑誌はボクが漫画家を目指すきっかけになった運命の作品「めぞん一刻」が掲載されていた雑誌でして、ボクにとってはサンデー以外だったらここしかない、と言う聖地。サンデー編集長の市原さんに「はよ新しいの描け!」って言われてたんですけど、「スピリッツでやらせてもらいます」って言いに行ったら、「がんばってまた戻ってきて下さい!」ってありがたい言葉。「●●に行くって言ってたら、羽交い締めにして止めるけどな!」って…●●じゃなくってよかった!

 

 

〜普通の人々のお話〜

 

今回のお話は「結婚」をテーマにしていますけど、こんなにもデフォルメやファンタジーがないお話を描くのは初めてです。恋人が不治の病とか、タイムリープがどうとか、主人公がゲーマーとか、女装男子とか転生とか、一切出てこないです。名前も普通、性格も普通。

 

でも、ボクはこういう人達の物語を描きたいなと常々思っていました。ボクは神のみの時も「鈍痛」なる表現を使っていましたけど、激しいものじゃなく鈍いもの、そういうものが好きなのです。陽キャでも陰キャでもない、ただ普通よりちょっと自意識過剰な人達。ツイッターとか見てると意見が違ったりちょっと話が合わないと息切れしたり動悸がはげしくなったり、かわいいものを見たら尊くなったり失神したりしますけど、そんな鋭敏な人ばっかりじゃないです。それはプロです。

 

ツイッターでも「曇キャ」という言葉をごり押ししてますけど、ボクもドンキャなんですよね。一般生活は普通にできるし、仕事もやれる。でも、自分に自信がなくて、人と一緒にいるとすごく不安。子供のままでいいと開き直る訳でもなく、でも大人にもなれない。そしてその全てをどこにも発信しない。あ、ボクは発信しますけども。まあ、そういう人達がこの物語の主人公です。

 

絵柄やストーリーの進め方も大分変わりました。これは青年誌というより、担当氏との打ち合わせの結果です。たとえば、ナレーション枠のモノローグが一度もない、とかね。全部思い台詞になってたりします。色々初めてのことが多くて、ようやくボクはKOIの幻影から離れて脳みそが戻ってきてます。だから、サンデーの方でも新しい企画を出しましたwすごい褒められましたよ←これいつ描くんだ?という訳で、みなさまこれからしばらくの間よろしくお願いします。

 

他のモロモロなことはまたおいおい。

wakakitamiki * 結婚するって、本当ですか * 23:59 * - * - * pookmark

3/15:脂肪分20パーセントのショートケーキ

作画作業4日目。

まだ終わらない。しんどい。

 

こないだ食べたケーキの話を走馬燈のように。

 

北参道のおかしやうっちー、お店に初めて行ったのだ。

今やLESSと並んで一番トレンドのお店。イートインが真骨頂なので、一度行ってみたかった。例の自粛ムードでいつもは当日はとれないお店の予約も「1時間後に行きます」みたいな電話で取れてしまう状況。ほんと何とかして。

 

まずスペシャリテといっていいショートケーキ。ここのケーキの特徴はとにかく「透明感」。もともとレストランのデセール発祥なので、重いものはまず出てこない。水チョコとか食べた気しないものな。

 

このショートケーキも具なし、スポンジのシロップなし、生クリームは脂肪分20パーセントと言う超軽量指向。普通はこういうものは濃厚にしていって、脂肪分も高めていきそうなものだけど、逆のアプローチ。興味深い。これが食べているといい味。バッ!っと一瞬にして立ち上がって、ス!っと消える。ショートケーキの思い出を食べてるみたい。こういうものって単なる薄いものが出てきそうだけどたべてる間はしっかり美味しい。こんなシンプルな構成だからすごく気を使って作らないとこうはならないだろう。

 

 

こちらはタルト。これもすごくシンプルでさわやか。苺が異常にきれい。シェフさんの説明によると、普通は苺は追熟してるものしか市場で手に入らないけど、ここの苺は畑で完熟したものを直接運び込んで使ってるそうな。「そうじゃないとここまで香りも味も立ったモノにならない」。なるほど…。確かに美味しかった(ただ、苺は大体何でも美味しいと思ってしまう人間なので確信はなし)。最近はみんなが知ってるスタンダードなものをもう一度作り直す、みたいなものがトレンドだけど、この店は最先鋒という感じだね。

 

店を出た時にはもう胃袋のなかに何にも残ってないような、そんな気がした。

wakakitamiki * お菓子 * 23:59 * - * - * pookmark

3/14:エルシィ誕生日間に合わず

作画作業3日目。

しんどい…もう二度と週刊連載はやらない!

 

…って前の連載の時思ったでしょ。なんでまた始めてるのさ。

 

でも、スタッフの子への贈り物(バレンタインのお返し)を買いにエーグルドゥースへ。

 

そしてそのままデリーモでパフェを食べる。

「パフェ ルビーフレーズ」これは目白店限定らしい。

 

美味しい、ルビーチョコレートって定着しないと思ってるんだけど、結局生き残ってるね。そこのフィヤンティーヌが、どうしてもコーンフレークと錯覚してしまう、ああ、ミルクボーイのせいで!すごいね、5分で世界が変わるって事もあるんだね。漫才もロックと同じようなパワーを持ってるんだなぁ。

wakakitamiki * お菓子 * 23:59 * - * - * pookmark

3/13:ジマーマンこない

ボブディランの公演が中止に。

 

トホホ…。

まあ、覚悟はしていたとは言え、寂しい。

コロナウィルスは全然大したことないと個人的には思ってるんだけど、老人には話は別。うつったら大変だもの。

 

おやつ。

エルメのフレジエ。

ボクはピスタチオ好きじゃないけど、このフレジエは毎度うまい。このピスタチオの香りといちごの味のマリアージュ(!)が実にすばらしく、ただのムースリーヌよりピスタチオでなくちゃ、と嫌いなのに思ってしまうぐらい。エルメの魔法の惚れ薬よ。

wakakitamiki * お菓子 * 22:38 * - * - * pookmark

3/12:プロメア

今日からスタッフが入って作画作業。

どうやら、やんだくんは神戸のイベントに出る決心を固めている模様。

 

こうなるとこちらも腹くくってヘルプの手配とかしなきゃならない。

 

そのやんだくんが持ってきてくれたプロメアのブルーレイ。

見たかったんだこれ。

見てみたけど、ええ…これすごい傑作じゃないっすか。

 

昔、週刊朝日の「山藤章二のブラックアングル」でゴリの押し寿司なるものがでてきたけど、この映画はまさに特上極上のゴリ押し寿司。話は全然わけわかんないんだけど、すさまじい言葉と音と動きの洪水で何もかも成立させてしまうすごさ。キルラキルもそういう話だったけど、暑苦しさの密度ではプロメアがさらに勝る。やんだくんは「スパイダーバースより面白い。4回見に行った」と言ってたけど、それも頷ける出来。プロットとテーマ性はスパイダーマンに分があるけど、それ以外はプロメアかも。こういう70年代ロボットのオマージュみたいなアニメって結構深夜アニメであったけど、大概ニッチというか古くさいだけなんだよね。でもこれは根底は変えないままオマージュで終わらずに今の時代でも十分新しさを感じるものなってる。さすがとしか言えない。

 

このノリで、アストロ球団とか作ってほしいかも知れない。

wakakitamiki * 映画 * 23:59 * - * - * pookmark

3/11:震災から9年

ネーム直しが終わって作画に入る。

 

今日は震災の日だ。赤十字に寄付しなきゃ。

NHKも「花が咲く」あんまり聞かなくなって、今はパプリカばっかりだ。風化させちゃいけないよね。ボクは震災の時はアニメもやってた時期だし、セットで忘れられそうにない。怖くて一度京都に戻ったけどアフレコがあるからすぐに東京に戻ってきたり、CDのレコーディングをドアを開けながらやってたり、色々あったなぁ。今でも津波の映像を見られない。怖くて。

 

サンドのお風呂の番組も東北スペシャル。

 

サンドの二人が出てるクローズアップ現代見たけど、二人とも震災だからと言って特に感傷的になる訳でもなく普通に笑いに持って行ってたのが印象的だった。忘れられなくないけど、でも特別扱いされることも地元の人にとっては迷惑なんだろうね。農産物とかでも普通に何も考えず扱われてほしいものね。

↑それにしてもこの番組のナイツ塙!自衛隊の人に体当たりしていって「すみません、迷彩だからわかんなかった」って!すごいね。あぶねーヤツだわw

wakakitamiki * ふとした話題 * 23:59 * - * - * pookmark

3/10:LESSのイチゴタルト

日曜日でスタッフさんを返して、そのまま月曜一人で泣きながら仕事。

 

何とか原稿完成して、提出。

 

ちょっと寝て別仕事のラフ制作。

 

ラフを出したところで電池が切れて爆睡。

 

 

夜にネーム直しがあったけど、始めたのは夜の11時から。

 

起きてLESSのイチゴと豆腐のタルトを食べる。今一番イケてるパティスリーの美しいタルト。素材感のある台にイチゴが美味しい。でも大分劣化してた…あ〜。寝る前に食べるべきだったね。

wakakitamiki * お菓子 * 23:59 * - * - * pookmark

3/9:ボクの新しい連載

今週発売のスピリッツに予告が載りました。

 

来週から連載始めます。

タイトルは

 

「結婚するって、本当ですか」

 

です。

 

既にツイッターで色々リプをもらってますけど、みんなサンデーでやると思ってたでしょ。ボクも今年の始めまでそう思ってたのですが、人生というのは色々選択肢が出てくるものでございます…。その顛末については来週ここでお話したいと思いますが、色んな意味でチャレンジのある連載になりそうです。常にチャレンジ。常に脱皮!

 

週刊連載やるつもりなかったんですけどねぇ…ボソ

 

という訳で、来週からまた毎週よろしくお願いします。

wakakitamiki * 読者の方々への連絡事項 * 23:59 * - * - * pookmark
このページの先頭へ