<< 10/5:寒くなってきたなぁ。 | main | 10/7:ミッドタウンには行けませんが、 >>

10/06:FLAG23:「地区長、脅迫される。」


昨日のボツコマに色付け。まだ途中。


まずは


A:口内炎、ようやく治りかけです。治療メールくださった方々、ありがとうございました。ホームドクターがこんなにいて何と頼もしいこと。色々ツールが揃ったので次の口内炎が来るの楽しみなぐらいです。うそです。

A:プリンの作り方ありがとうございました。

A:1万ヒット、おめでとうございます。



さて、第23話はハクア編2話目でした。


今回は桂馬がハクアにどう対応するかというのが一つのポイントでしたが、別にいつも通りというか、相変わらず現実を呑んでかかる神様です。

そして、今回の話は設定話が出てきます。設定話は善し悪しで、世界観を深められる良い部分の一方で、設定を話している間の話のスピード感が著しく失われるという大きな欠点があります。

特に最近のマンガは世界観が重厚なものが多いですから、設定をどういうタイミングで、いかに効率よく話すか、というのが人気と内容の両立を求められる少年マンガの重要タスクです(青年誌なら、ずっと設定話みたいなことも許される場合もあるみたいですが)。ジャンプの連載なんかは10回先が見えないということで、1話目でストーリーを犠牲にしても当面の設定をとにかく話しきる(巻き込まれ型の場合は2話目で)、みたいな感じがありますが。苦労しますね。

まあ、今回のハクア編の序盤はせめて、「ただ立ち話だけをしている状況」というのをどうやって避けるか、ということで色々工夫をしています・・・。




前回も話しましたが、ハクアという名前について。続き。いつも女の子キャラの名前はひらめきで作るんですが、キャラの立ち位置がいつもと違うということで、今回は考えて作りました。

後ろ半分に関してはうる星のランちゃんから来てるって話しましたが、ハクアという名前。この名前は、僕の「高飛車な女の名前は、ア段の文字で終わる」という、アスカとシャナとベルトーチカとクシャナぐらいしかサンプルのいない最強理論で決まりました。あ、ラビニアとかもいたな。西園寺えりかとか(←あ、これは違ったか。えりかは妹の方でしたね)。同級生の美沙とかどない。おお、いるじゃんいるじゃん。

で、最初は「ジュラ」という名前を考えていたんですが、ジュラって男の名前だよなーってことで、じゃあジュラ紀の一つ後の時代で白亜だ。ということで、ハクアにしようと。だから、ハクアは最初のキャラ表では銀髪だったんですねぇ・・・最後に青髪に変更になりましたけど。結構悩みましたが、結果的にハクアはかなり良い名前じゃないかと思ってます。

名前付けにはいつも悩むので、僕がキャラに名前をつける時は上のように、大概の場合縛りをいれることにしています。神のみでも、攻略対象の女の子の名前や、土地の名前には法則があります。その枠内で考えることで、悩む余地を減らしているのです。まあ、時々枠に縛られて逆に悩むことありますが。


桂馬がハクアについてしまったおかげでエルシイの出番はまたもや(!)少なくなってしまいましたが、この先エルシイの出番はあるのでしょうか・・・。次回は更に設定話です。



今週のココマ

おや、エスパー魔美!?でも、魔美ちゃんおらんっ。
wakakitamiki * 神のみぞ知るセカイ * 21:22 * - * - * pookmark
このページの先頭へ