<< 8/22:焼きミート君 | main | 8/24:ああ、終わる・・・。 >>

8/23:FLAG23:「一花繚乱」


ダブルヒロイン
春日楠&桜井ひより
まだ描きかけー。


お盆の合併号で一回空いて、今週からまた新しいシリーズの開始です。今回は「そろそろ先輩も見たいな」ってことで、3年生の女の子を出してみました。ところが、年上というところを強調するつもりが、ネームの成り行きで他の部分がフォーカスされることになってしまいました。まあ、これはこれでいいか。かわいいものが好きな武道家、これも近年ではかなりのメジャー属性、という感じがいたしますが、この先どういう展開になるのでしょうか・・・。


今回武道家になった理由の一つは、「先輩は先輩でも強い先輩はどうですか?」という担当さんからの要望があったのですが、更にその理由は、「若木さん、アルバでアクション描いてたんだから、それもう一度見たい」と。という訳で、今回、チンピラがノされるシーンはアルバを思い出しながら描きました。お気づきでしょうか?楠に撃退される連中は、アルバで撃退されていた連中ですよっ。懐かしいなあ。ボクは男キャラの引き出し、特に悪い男の引き出しが極端に少ないんで、もう開き直ってあいつらもう一遍出しましたわ。リョーくんって名前だったのかよっ。ボク的には、ここが今回一番面白いところでした。


この話はアルバからのもっとはっきりしたインスパイアがある訳ですが、それはまあ、ストーリーが終わった後でいいかな・・・。



今週のココマ

今回はココマよりも、巻頭のおまけすごろくに尽きるでしょう。

ボクにこんなカラー企画与えていいのかなあ。でも、嬉しいな。この双六でボクが関わったのは、女の子の名前と絵だけです。この当時は単行本1巻の作業と通常作業が平行進行中で、時間全然なかった。にも関わらず、担当さんから「あのーせっかくだから描き下ろしでオリジナルのヒロインの立ち絵1枚ください。すごろく用に」というオファー。「時間ないっすよ!」と言いながら、コス2つに表情差分6枚とかむやみに描きました。こういう企画は初めてだったので、張りきった。

すごろくの中身は担当氏のディレクションで、ボクはノータッチです。すごろくの中身にも本当は参加したかったのですが、締め切りがエラくタイトだったので、ボクにチャンスがありませんでした。残念。でも、よくできてると思いますよ!しかし、ボクのマンガを読んでいる読者層が、双六を遊ぶとは知らなかった。驚きの企画だよなあ。

結局描く意味余りなかった水着のひより↓
wakakitamiki * 神のみぞ知るセカイ * 22:39 * - * - * pookmark
このページの先頭へ