<< ☆/☆:クッソ長い作品紹介告知ページ(Ver2.0) | main |

9/12:16bitセンセーション単行本第1巻が発売されます

告知です。

 

KADOKAWA版「16bitセンセーション」の単行本第1巻が、来週月曜14日から発売されます。が、既に東京では発売されていますので、大急ぎで告知をします。

 

コロナ直撃でコミケが開催されず、新しい話が描けなくて悲しいやらスケジュール的にはホッとしてるやらなんですけど、そんななか単行本発売という特殊イベントが発生。これは大変だけど嬉しい。

 

しかも特典の施策がすごくって、ボクもよく把握しておりませんが各店舗で色々な特典がついております。

 

・とらのあな…有償特典テレカ&タペストリー、イラストカード、

       色紙プレゼント 

・アニメイト…イラストカード、結婚するって本当ですか連動特典

・メロンブックス…イラストカード、クリアファイル

・COMICZIN…イラストカード

 

多分こんな感じだと思われます。詳しくは公式ツイッターでの告知をご覧下さい。

 

https://twitter.com/16bitSensation

 

 

この16bitセンセーションというお話について、とりとめのないお話をしますが、ボクは美少女ゲーム博士ではありませんし、子供部屋でゲームを細々とやっていた人間ですから、16bitセンセーションはゲームのトリビアや業界のゴシップについてのお話ではありません(もちろん、それなりにはありますが)。個々のタイトルについては詳しい解説本が既に世の中にありますし、まして1話1年というスピード感じゃあ細かいことは追いかけられないですから。どうしてもメイビーソフトのゲームがないと許せないとか、ミンクのツーショットダイアリーがない歴史は考えられない!という方がいらっしゃったら、ごめんなさい。
 

この代わり、このお話で描こうとしているのは「文脈」です。

 

まあ、もちろん、イラストの話が中心なんですけど、もう5話も続けてるうちに大分広がってきて、もうこの際美少女ゲームの現代まで繋げちゃおうと。

 

このブログで昔書きましたけど、ダヴィンチのモナリザがもし明日初めて世の中に登場しても、今と同じぐらいの評価を得たでしょうか?逆にダヴィンチより前にダヴィンチより上手い人が今、発見されたとしても、その人はダヴィンチ以上の評価を得るでしょうか?コンテンツ(内容)が歴史的傑作を作るのか、コンテキスト(文脈)が歴史的傑作を生み出すのか。やっぱり傑作にはそれが生まれる理由があるのです。

 

初期の美少女ゲームは、ポルノ小説やエロマンガと横一線で紹介されていましたし、ボクらも雑居ビルの二階とかで買っておったんです。それが90年代に入って美少女ゲームだけが大いなる人気を博し、この間発売20周年を迎えましたけど、Keyの「AIR」が発売される頃にはWINDOWS発売レベルの祭りが発生したのですよ、アキバではね。なぜこういうことになったのか。色んな偶然必然の文脈。それを追いかけていきたいなぁと思っております。

 

それにしても、この内容を単行本でホントに出せるのかって思いましたけど、結果的には、まあほぼ同人誌通りに出せることになりました。まあ、どれぐらいほぼなのかは、買ってもらって同人誌版と比べて見て下さい!これはこれで面白いですよ。

 

 

オマケページも充実。漫画にコラムに対談。一杯入ってますんで、同人誌を既に持ってる方にもそれなりに楽しめるものになっていると思います。特に各年代の美少女ゲームのジャンル別の分類は面白いですよ。

wakakitamiki * 16bitセンセーション * 18:03 * - * - * pookmark
このページの先頭へ