<< 7/30:イベントできる | main | 8/1:バトンリレー >>

7/31:何でもゲームにできる

ネームが完成。

 

そこからずっとデススト。

 

ゆで太郎でもこんなに積まないというぐらい積んで運搬。

 

デススト、最初のムービー地獄でめげそうになりました。最初は歩き方がわかんなくて、何度も荷物を川に流されました。その度にやめたろか!って思ったけど、運び方がわかってきたら、なんかせっせと運び出してる。ゲームの結末を見たいというより、ただ運びたい。テクテク歩くだけ。それが楽しい。あと、オンラインに繋いでると他のプレイヤーがどんどん道とか整備しちゃうから簡単になっちゃう。だから早く進めたい。

 

でも小島監督の目の付け所。物流をゲームにしてしまうって。こういうのシミュレーションゲームならありそうだけど…一人の運び屋の仕事をオンラインで結んで大きな絆みたいにしちゃうモチベーションの作り方すごい。ファンタジーなんだけど、人間の社会の営みの話にもなってる。特に今の状況で、配達員というものの存在をみんなが意識するなかでこういうゲームを丁度出してるってのは、時代感もってる人だなぁ〜って気がする。

 

道が全部綺麗になったら嬉しいだろうな〜。

wakakitamiki * ゲーム * 23:59 * - * - * pookmark
このページの先頭へ