<< 7/23:カラーイラストのコスパ | main | 7/26:非日常のさじ加減 >>

7/25:男はつらいよ純情詩集

またも寅さんプチブーム到来。

 

寅さんって、1作1作すごいよくできてて面白いんだけど、2本連続でみたら寝そうになるんだよね。あまりにも同じ形式だから…。だから1週間に1本ぐらい見ていくのが丁度いいみたい。

 

前は初期のばっかり見てたけど、今回は70年代の寅さん中心。寅さんが成長するのをやめて(?)寅さんという人情兄貴キャラクターを全うしてる時代だけど、この頃は出てくる俳優さんがすごくよくって人気作が連発。まあ大体毎回同じような話だから、見てる側もこの型のなかで誰がどんな役を演じるのかという視点が強いみたいで、寅さん映画の人気ランキング=男優女優ランキングみたいなとこある。そうじゃなかったら、知床慕情があんな人気なはずがない…知床慕情おもしろいか?

 

そのなかで、ボクが一際いいと感じてるのは純情詩集。

これは男はつらいよのなかでも、物語の良さが際立ってる。この話の寅さんは本当に輝いてる。王子様みたい。あの寅さんがだよ。寅さんみたいな人と誰が結婚するんだ、っていつもの建て付けがここでは逆転してる。寅さんをそんな風に見るヒロインってのは一体どういう人か…最後は本当に涙なしでは見られない。

 

ボクこれ子供の頃に見て、その記憶に残ってたよ。そうでなくても全部展開わかっちゃう訳。でも、泣けるんだよね…山田洋次はすごいわ。でも、連続でみたら寝ちゃうんだろうけど。

wakakitamiki * 映画 * 23:59 * - * - * pookmark
このページの先頭へ