<< 3/14:エルシィ誕生日間に合わず | main | 3/16:「結婚するって、本当ですか」第1話 >>

3/15:脂肪分20パーセントのショートケーキ

作画作業4日目。

まだ終わらない。しんどい。

 

こないだ食べたケーキの話を走馬燈のように。

 

北参道のおかしやうっちー、お店に初めて行ったのだ。

今やLESSと並んで一番トレンドのお店。イートインが真骨頂なので、一度行ってみたかった。例の自粛ムードでいつもは当日はとれないお店の予約も「1時間後に行きます」みたいな電話で取れてしまう状況。ほんと何とかして。

 

まずスペシャリテといっていいショートケーキ。ここのケーキの特徴はとにかく「透明感」。もともとレストランのデセール発祥なので、重いものはまず出てこない。水チョコとか食べた気しないものな。

 

このショートケーキも具なし、スポンジのシロップなし、生クリームは脂肪分20パーセントと言う超軽量指向。普通はこういうものは濃厚にしていって、脂肪分も高めていきそうなものだけど、逆のアプローチ。興味深い。これが食べているといい味。バッ!っと一瞬にして立ち上がって、ス!っと消える。ショートケーキの思い出を食べてるみたい。こういうものって単なる薄いものが出てきそうだけどたべてる間はしっかり美味しい。こんなシンプルな構成だからすごく気を使って作らないとこうはならないだろう。

 

 

こちらはタルト。これもすごくシンプルでさわやか。苺が異常にきれい。シェフさんの説明によると、普通は苺は追熟してるものしか市場で手に入らないけど、ここの苺は畑で完熟したものを直接運び込んで使ってるそうな。「そうじゃないとここまで香りも味も立ったモノにならない」。なるほど…。確かに美味しかった(ただ、苺は大体何でも美味しいと思ってしまう人間なので確信はなし)。最近はみんなが知ってるスタンダードなものをもう一度作り直す、みたいなものがトレンドだけど、この店は最先鋒という感じだね。

 

店を出た時にはもう胃袋のなかに何にも残ってないような、そんな気がした。

wakakitamiki * お菓子 * 23:59 * - * - * pookmark
このページの先頭へ