<< 11/29:アイリッシュマン | main | 12/1:ケーキ界のチケ発 >>

11/30:ハリーin東京国際フォーラム

今日は細野晴臣のライブを聴きに東京国際フォーラムへ。

 

今回のコンサートは細野さんのデビュー50周年のアニバーサリー公演で、1日目はライブをやって2日目はイエローマジックショー。イエローマジックショーはまあテレビでみたらええかと思ってライブの方に参戦。

 

1曲目の銀河鉄道の夜のエンドテーマの生演奏にちょっと感激。

細野さんの生を見るのは松本隆バースデーの時とベルウッドの記念イベントに続いて3回目。今回は自分のソロだけど、ろっかまいべいびいとか恋は桃色とか風をあつめてみたいな超有名曲はなし。せいぜい北京ダック。それでも会場はずっと盛りあがっていた。

 

何というか絶妙の温度のライブ。

熱くもぬるくもなく、まさに「体温の音楽」という感じ。いつまでも聴いてられそう。

 

ハリー細野はもう音楽の神様というよりも仏様という感じで、どこにも力が入ってない。でも、こんな枯れたおじいさんのおかげで今の日本の音楽の何割かは存在するんだから…。すごい貫禄。

 

しかしねー細野さんの体温を感じるには東京国際フォーラムは広すぎる。席からの視界もよくない。せめてこの半分のキャパで見ないとどうにも空気が薄い…!昔は尖ったアレンジでやってた「スポーツメン」もカントリーみたいなアレンジに変わってた。なんか砂漠のテントでやってるような音楽なんだよね。

 

途中のゲストのREIさんって女性ブルースシンガーがものすごい迫力でギター一本で会場を熱で埋め尽くしていたから、やろうと思ったらやれるんだよね。どんだけ広くても。でも、細野翁はその熱のある演奏の後でゆらりと出てきて「すごいね〜」と感心しながら、またゆったりと音楽やってるんだよ。こういう境地になりたいよ。

 

 

とにかくすごかったREIさん。

クラシックからブルースやってるらしく、一音一音、音が立ってるブルース。インパクトあったなぁ。プロフィールみてたら「おじさんの妄想が生み出した娘」みたいな子。名作劇場のヒロインみたい。

wakakitamiki * 音楽 * 23:59 * - * - * pookmark
このページの先頭へ