<< 11/8:アルバトロス誕生日 | main | 11/10:ループ >>

11/9:伊藤かな恵さんの朗読劇

エレベエトル遁走曲(フーガ)。

伊藤かな恵さんが主役格で参加してると聞き、高田馬場の劇場でやってる朗読劇に行く。朗読劇というのはどういうものかと思っていたけど、アフレコを正面から見ているような感覚。声優さんたちの演技してる様子がよく見える。何だか会場のお客さんもキャストのファンの人たちが多い感じで和気藹々としたムード。

 

でも、内容は結構凝ってて、エレベーターで下の階を押すと過去に行ってしまうというエレベーターガールのお話。正直過去に行くプロット上の必要性あんまり感じなかったけどw、声優さんの演技が面白くて最後まで楽しく見れた。伊藤さんもすんごい台詞多かったし、アフレコで見るより全然臨場感あってよかった。

 

 

終わってから歩いて家まで帰ろうとしたら、なんか呼び止められた。

 

「あの〜若木先生ですか?」

 

なんと、ボクの劇を見るツイートを見て出待ちをしていたというのだ。吉祥寺から。ええ、ボクごときにこんなことがあると思わなかったからビックリした。しばらく話をして、お菓子をもらって別れる。すると、

 

「あの〜若木先生ですか?」

 

ええ…なんと、もう一人。なんだか嬉しいような悪いような気になる。これ、出会えてよかったよね。空振りだったら悲しいもの。ここでもすごい熱い神のみ話を聞かせてもらった。

 

帰りながら企画を考えようと思っていたけど、突然呼び止められたのでドキドキしてしまって、ぼんやりしながら帰った。こういうことがあるとビックリするけど、やっぱり嬉しいものだ。ただ同時に、ボクに話がしたくても、どうしようもない人もいるんだろうなと思うと申し訳なくなる。自意識過剰かも知れないけど、もしかしてボクがお菓子屋に行ったツイートする度に誰かが来てたかも知れない(お菓子屋のツイートは基本事後ツイートだけど)。京都とかでツイート連射してる時もそういう雰囲気を感じたことがあったものね。

 

ボク神のみやってる時にサイン会とか一回もやらなかったから、一度何かやった方がいいのかな、なんて思うけど、二人でもこんなにドキドキするんだから、沢山の人を相手にするなんて耐えられるか命が心配なの。

wakakitamiki * ふとした話題 * 09:50 * - * - * pookmark
このページの先頭へ