<< 9/27:家族はつらいよ3 | main | 9/29:ネームの値段 >>

9/28:スターウォーズ・アイデンティティーズ

なんかボクはどこに言っても「若木さんって、社交的ですね〜」って言われる。

 

確かにぼくは誰とでもよく話す。人見知りということはないと思う。それはやっぱり関西育ちということもあるんだと思う。でも、関西人のよく話すは実はおびえから来ているものであり、人と会ってない時のボクはいたたまれないものがある。毎月飲み会の幹事をやっているのに、誰かを誘ってどこか行くとかここ数年したことがない。「シン・ゴジラ」を畑先生と見に行って以来ないんじゃないか?誘われるとどこでも行くが…つまり、ごく一般的な漫画家と何ら変わりない。

 

という訳で、月一回の飲み会がボクの社交の生命線な訳だ。

 

 

その人達と天王洲アイルでやってる「スターウォーズ・アイデンティティーズ」に行く。

あがる〜。寺田倉庫はボウイ展以来。スターウォーズの展覧会というものは初めてだけど、今回は「写真撮影OK」というのが実に嬉しい。

 

いきなりボバ君登場。うれしぃ〜。改めてそばで見てみると、スターウォーズのミリタリー感覚を感じる。宇宙という舞台に硝煙や砂の匂いをさせてる。これがいい。

 

そのスターウォーズのデザインを作ったのがジョン・モロ氏なんだけど、間近で見てそのスケッチの余りのヘタさ素朴さに驚愕。亜アウトサイダーアートのような趣。

 

でも、その時に一緒に行ってたアニメーターさん曰く、

 

「絵の巧い人はいくらでもいるけど、アイデアを持ってるイラストレーターはあんまりいない」

 

↑至言だよね。実際この絵の持ってる新しさはすごかった訳で、めっちゃキレイに描かれたジャージャービングスの100万倍すごい。

 

あぁ〜いたなぁこの人。デススターでうろちょろしてた。何してるドロイドなんだろ。そばで見ると何から作られているのか想像できて楽しい。

 

…なんと言う感じで、実に楽しい展覧会だったんだけど、贅沢を言うならばEP4のアイテムが意外と少ない。スターデストロイヤーもミレミアムファルコンも実際のプロップなんだけど、帝国のものなのよ。Xウイングとか展示そのものがなかったし…。これだけの大きな作品だから全てを展示するのはムリだけど、EPI4至上主義のワタクシとしてはもっとEPI4のものが見たかったかも(それでも結構あるけどね)。

 

ダースモールどこにおった?

 

 

帰りはそのまま歩いて品川に行き、最後のアンナミラーズへ。

 

実はアンミラに来るのは初めてだったりする。一時は隆盛を誇ったアンミラだけど、もう品川に1店、ハワイに1店を残すばかりになった。もっと早く来ていればよかったけど、これまでは入る勇気がなかった。

 

そこで件のアニメーターさん曰く

「若木さん、運がいいですよ。1店になったおかげで今品川では全部の制服が見られますよ。」

強者おった。

 

しかし、夜遅くの入店だったので、3種類ぐらいしか見られなかったけど、間近で見る伝説のアンミラ制服は実にインパクトがあった。英語版のアンミラのwikiでもVGとかPiaきゃろの話に終始しとるものな。チェリーパイは全然美味しくなかったけど、大した問題じゃない。

wakakitamiki * 映画 * 23:59 * - * - * pookmark
このページの先頭へ