<< 9/14:Satsukiのスーパーシリーズの現在 | main | 9/16:艦これ >>

9/15:高畑勲展in竹橋

昨日はSatsukiのあと、高畑勲展へ行った。

 

高畑勲の業績を東映動画からかぐや姫まで並べたもの。歴史長いので結構ダイジェスト的。ホルス多め。

 

ボクは「じゃりン子チエ」を今でもずっと見てるぐらいで、人生で宮崎駿より高畑勲の方がより多く影響を受けてると思う。

 

「おもいでぽろぽろ」見た時は「ここまで緻密にやるなら、もう実写でええんちゃう」とか思わず思ってしまったけども…。高畑勲がアニメーションに遺したもの。という展覧会タイトル。アニメ史上もっとも高い教養と知性を持った人物の一人である高畑勲は一方で絵が描けなかった。それゆえに(?)「どうやってアニメという絵のなかに命を吹き込むか」「なぜ、この人がこの物語に出なければいけないのか」そういう"理由"を誰よりも強く追求していたような気がする。そして優秀な犠牲sy…おととスタッフとともに生み出される膨大な新しい表現。その追求の過程は、そっくりそのままアニメの表現の進化の歴史になっている。「ハイジ」「マルコ」「アン」の名劇3作品の価値。これを超えるテレビシリーズはおそらくもう生まれないと思う。こんな志の高いものを作る必要性がもうない…。

 

ホルス制作時の膨大なメモの山、場面毎の「テンションチャート」の細かさに、この人の下で働く大変さを実感できてクラクラする。例えばアシスタント先にヘルプで行って、「まず作業に入る前にこれを読んで置いて下さい」とか言ってこんなの渡されたらもう辞めよかなって思うよな。

 

でも、その膨大なメモも読んでいると、何を描こうとしているのかよくわかる。こういう羅列的なメモというのは読めば読むほど散漫になって訳がわからなくなるけど、高畑勲のメモは読めば読むほど深い。ただ、これでも氏の考えのほんの一端でしかなく、わかったようなそぶりを見せたら怒号が飛んできそうな怖さがある。宮崎駿はよくこの人の下であれだけやれたなぁ…。

wakakitamiki * 映画 * 23:59 * - * - * pookmark
このページの先頭へ