<< 9/10:ブレードランナーIMAX | main | 9/12:ひねもすネーム >>

9/11:全裸監督

お待たせしました。お待たせしすぎたかも知れません。

全裸監督ついにみました。

 

こういうツイートでも正しいか正しくないか大もめになってしまうぐらいバズってるからね、今。

パラパラって80年代からあったと言う話だけど、「大流行」してたかどうかは???ボク実は知ってるんですけど、80年代に大流行したのはブレイクダンスっすよ(ソースは風見慎吾)!それかランバダの二択ですね。ディスコとか行ったこともないですけど。

 

全裸監督。いわゆる「AVアーティスト」としての村西監督の伝記としては、もう最高の一作だと思う。ボクは世代的にAVに手が届く年齢になったのと村西とおるの黄金期がシンクロしていたので、ダイアモンド映像のAVも黒木香も村西監督も鶴太郎の物まねも散々に目撃してる。多分僕らぐらいの年代の男性の95パーセントが「ナイスですね〜」を正しいトーンで言えるのではないか?

 

村西監督は、日本のリミテッドアニメの進化のように、モザイクや表現規制という枷のある日本のアダルトビデオのなかで「エロ」をより増幅させるシステムを次々生み出した革命家で、後世のアダルトビデオに残した影響はホントに大きい。まああのホラ貝は誰も受け継いでないけど。

 

そのボクから見ても山田孝之の村西とおる、森田望智の黒木香には拍手を送りたいほどの素晴らしさ。正直ネット配信サービスの日本オリジナルのドラマやアニメはイマイチぴんとこないものばっかりだったけど、これは一線を画した出来。これはAVという世界にアレルギーがないなら必見だと思う。

 

一方、「人間」としての村西とおるをどこまで描くのかというところは…個人的にシーズン2での掘り下げに興味のあるところ。村西監督の暴力がとんでもないとかは昔から有名だったけど(まあ、当時の体育会系の世界というのは似たり寄ったりだろう)、それと女の子を話術(応酬話法だっけ?)でAVにだして、会社で同居して一大ハーレムを作ってしまう闇の部分。ここを描くのかどうか。シーズン2でここの部分も描いたら、今の賛否の様相も大分変わるだろうね。許可ととってるとってないの話だと、Netflixの「マインドハンター」だって被害者にも加害者にも許可とってないと思うよ。ただこれは現実そのものであり制作者の覚悟があるのであれば、表現する権利はあると思う。もちろん抗議する権利もある。

 

そういえば、全裸監督の原作やってる本橋さんによる元イエローキャブ野田社長の記事のなかで、「当時のAVの勧誘は即金でポンとお金が目の前に出てくる(←ドラマのなかでもあった)。これは大きかった。表の芸能界ではそれはできない。」というくだりがあったけど、このドラマ自体が表のテレビ界がコンプラをどうやって切り抜けるか汲々としてるのを横目に出てきた「即金ドラマ」という印象がある。

 

それにしてもナビダイヤルの山田君の応酬話法式ネトフリ勧誘めっちゃ面白かった。最高だわ。

wakakitamiki * 映画 * 23:59 * - * - * pookmark
このページの先頭へ