<< 8/7:ゆきちか君誕生日 | main | 8/9:徳 >>

8/8:和菓子ロック

また打ち合わせの日々にリターン。

 

早稲田松竹で、ザ・バンドの「ラスト・ワルツ」がやってるというので見に行く。

実は「ラストワルツ」はロック史上に残る名作と言われつつ、ボクは最後まで完走したことがなかった。なんとなれば、ザ・バンドの良さが全然わからなかったからなのだ。でも、劇場で釘付けにされたら多分最後まで見るだろうという気持ちで視聴。

 

ザ・バンドが好きという人は相当の音楽好きだと思う。「ロック」というのは自意識の固まりで、その「ハレ」で、非日常なところこそがロックの醍醐味だとボクは思っているんだけども。一方、ザ・バンドは「ケ」の固まりみたいな音楽で、この人達が目指しているのはアメリカの風景としての音楽なんだ。アメリカ人が歴史のなかで、その風土のなかで血肉になっていた音楽。いつぞや洋菓子は常に新しいモノを生み出す必要があるけど、和菓子は変わらないものが求められるって話題にしてたけど、和菓子というのはお菓子であると同時に日本の風景なんだよね。ザ・バンドの音楽ってのはそういう音楽って気がする。和菓子ロック。と言っても、カナダ人なんだけどwでもこの時期は、こういう音楽も「ロック」だったんだよね。文脈的には。

 

でも、年取ってきたら何だか、好きかもって思ってきたよね。何曲かは。

 

ただ、この映画で一番ビビーンと来たのは、やっぱりボブディラン、ニールヤング、そしてヴァンモリソンみたいなゲストの皆さんなんだけども。

このヴァンモリソン、ロック史上でもっともダサイ格好のもっともカッコイイステージかも知れない。ロックで大事なのはハート、これは映画館で見て鳥肌が立った。

wakakitamiki * 音楽 * 23:59 * - * - * pookmark
このページの先頭へ