<< 6/11:ハドソンお菓子店でいいじゃん | main | 6/13:70才が描くラブコメ >>

6/12:スタッフ+マネー=?

今でも徹夜はできる。できるけど、次の日は1日寝てる。

 

という訳で、ずっと寝てた。起きてから、ノロノロと絵を描き始める。今回の絵はカロリーが高そうだから、とりかかる前から疲れてるという()。カラーカラーカラー…

 

見るテレビが相変わらずない。ネットで「映画業界がやっと気づいたネトフリの怖さ」みたいな記事見た。

 

でも、最近Netflixに疲れ気味。

確かにハウスオブカード、マインドハンター、ストレンジャーシングス、13の理由、すごいドラマが一杯なんだけど。見てるうちに疲れてくるというか。元気がある時に見ると面白いけどね。根本的にどれも同じノリだし、一度何かが流行ったら同じジャンルのものばかり増えてくる。意外と風通しの悪い世界というか…。あと、本当の、本当の意味で面白い、みたいなものが実はない。これの理由はよくわからないけど、ファーゴやブレイキングバッド、トゥルーディティクティブ…ここらはネトフリの質の高いドラマのさらに上の作品だと思うんだけど、ケーブルテレビ局発なんだよね。この違いはなんなのか。お金と才能と競争があって、あと何が違うのか。

 

バラエティやお笑いに関しては、自分の国のものの方が遙かに面白いしね。という訳で、最近はずっと昔のアメトークを垂れ流しにしてる。今のお笑いは目指してる人間も多いし、見てる方も成熟してきてるし、面白すぎます!こないだ全力脱力タイムズで宇治原にボケさせてたのすごい面白かった。

 

ぼくらが中学生ぐらいまではすべり笑いとかなかったもんね。松ちゃんが視聴者の愚鈍さにあきれてたガキの使いの板尾がイチャモンつけてくるコントも、ボク本気でとまどったよ当時は。すごい進化してる。茂木さんが文句言ってた政治を笑いにしてないって問題も、モーリーで解決よ!

wakakitamiki * ふとした話題 * 23:59 * - * - * pookmark
このページの先頭へ