<< 4/14:ハピハピ楠 | main | 4/16:DOA6反省版 >>

4/15:スローハンド・ファストショウ

クラプトンの武道館公演に行く。

 

なんと今回で22回目の来日!ベンチャーズだよ、もう。

にも関わらず、ボクチン、クラプトンのライブは初めてだったんです。高校時代のお友達に「健在なうちにいっといた方がええで!」と言われたので行ってきた。もう色々ビックリすることがあったんだけど、文章にすると長くなりすぎるので、箇条書き。

 

・満員!

すごいよ。武道館の最後の列まで人がおる。来日22回目で武道館5日もやるのに、まだこれだけ満員!チケット15000円だよ!?神様のカリスマに驚愕!

 

・にも関わらず、1時間50分で終了!

全16曲(後述の理由により実際は15曲)。短くない…?チケット15000円だよ!?1曲1000円!何か最近のビッグアーティストのチケット代が異様に高いので麻痺しちゃってるけど。クラプトンのステージって選曲もここ数年大幅には変わってないし、ステージもセットの類い一切なしだし、設備投資してないじゃん。なんで、値上がりを続けるんだろう。クリムゾンが高価なのはまだわかるよ。それだけの準備を感じさせたから。それでもロイヤルアルバートホールより安い!日本に優しい!と言ってる人見たよ。カリスマすごい!

 

・渋い選曲で何度も寝かける!

短くても、すごいアガる曲ばっかりやってくれたり、名曲のオンパレードならまだいいけど。クラプトンったらブルースカバーばっかりやるんさ!ねみーよ!ブルースがわからんヤツは来るなって?そんならこの選曲は武道館でやるべき曲だとおもえん。ブルースってもっと客と演者が近いところでやるべきだと思うんすよ。何度も言いますけど、15000円で武道館でこれでええんだろうか?まあ、満員だからいいんだろうね。アンコール前で前のお客さんも「クラプトンありがとー!」って叫んでたし。

 

・アンコールでピアノのおっちゃんが歌う。

1番ビックリしたのはそのアンコールよ!なんと、ピアノのおっちゃんがボーカルのジョーコッカーの曲。まさかこれで終わりじゃないよね!と思ったら「これをもちまして、本日の公演は終了いたしました…」…。「ほえ〜?」っと脱力する会場一同。何kore?なんで自分で歌わないの?いつもこうなの?調べてみたら、結構最後がピアノのおっちゃんパターンあるみたい。全く解せない。ピアノのおっちゃんはポールキャラックって言って、マイク+メカニクスとかでもやってたそこそこ有名な人。歌もうまい。ただ、それなら途中でよくない?なんで最後なの?嵐のコンサートに行って、アンコールで男闘呼組が歌うみたいなもんよ。男闘呼組もそこそこ有名だよ?でも嵐ファンが「うれし〜男闘呼組を最後にききたかったの〜」ってならんでしょ。さすがにこれはファンでも納得してないだろうさ。何度も言いますけどもチケット代150…(略)これでも前よりよかったってツイート見て、まさかと思って調べてみたら前のツアーは何と4曲は別の人が歌っていた。なんじゃこれは!

 

・それでもギターはすさまじく良かったです。

いや〜とはいえ演奏はよかったです。とてつもない色気のあるギターですよ。エモい!クラプトン身体悪いみたいだけど、ギターに関して衰えを感じなかったよ(攻撃性みたいなものは全然なかったけど)。歌声もよかったし。プレイヤーとしてはまことに素晴らしい。熱心なファンの人にとってはこのギターの音だけでも十分納得なんだろう、というのはわかる。でもボクみたいな外野の客としては、それだけにもっと色々見たかったよぅ。ほんとクラブハウスでやってるみたいなコンサートだったなぁ。

 

 

振り返ると、ユーミンのあのライブが1万円だったと思うと、ユーミンはサービス精神すごいなぁ…。ただ(ボクから見ると)塩なクラプトンでも、こんだけ人が来るんだから、何ももう言うまい。ともかくレジェンドを目の当たりにできて、もう思い残すことはないですな。

wakakitamiki * 音楽 * 23:59 * - * - * pookmark
このページの先頭へ