<< 3/1:かすみと艦これ | main | 3/3:はんぶん不思議 >>

3/2:量より質、プレミアムver

喫茶店トンボロと洋菓子店セシルエリュアールの神楽坂コラボがあるというので行ってきた。

 

相変わらず開いてるか開いてないか当日のシェフの体調に聞かないとわからない()セシルエリュアールの鈴木シェフによるパフェが3種、ワッフルが1種。トンボロ開店時それなりに人が並んでて、ボクと妹もそこに並んでたんだけど、そこに何も知らない通りがかりの人が来て「なにか並んでるよ〜」「なんだろ〜」と置かれたメニューを見て「パフェ2000円!すごい値段!」って驚いていた。その人達はもっとビックリするだろう。用意されるであろうそのパフェの小ささに!

 

セシルエリュアールは、なのは洋菓子店のモデルのようなお店で、実際取材までさせてもらったお店だけど、とにかくこだわり抜いた材料と製法で旨い・高い・わからないヤツは食わなくてよし!というロック気質なお店なので。

見よ、この一見喫茶店のメニューのような素朴なワッフルを(まあ、実際喫茶店のメニューなんだけど)。これが1700円。しかし、このソースの濃厚さ美味しさよ。ワッフルも美味しかった。鈴木シェフも機嫌良さそうで何より。セシルのデザートコースでのシェフのうんちくは実に勉強になるんだけど、時間がなくて行けてない。また行きたいなぁ。

 

その時に妹からジャムを受け取る。新宿伊勢丹で今出てるビオモモハシモトのコンフィチュールだ。

ビオモモハシモトはイデミスギノの出身のパティシエ夫婦でフランスに移住して土地の果物を使ってコンフィチュールを作っているんだけど、これが火を入れないジャムなのだ。確かにイチゴは砂糖かけて一晩置いておいたら多少ジャムっぽくなるけど、それを一週間ぐらい続けて作るらしい。実に面倒な製法だけど、果物の風味が火で変わらないから良いらしい。ただし3000円以上するのだ。セシル同様、こだわるとどんどん値段は高くなる。これでも求める人がいるから商売として成立するのだった。

 

食べてみたら、確かに美味しい。でも、ショウガが入ってるせいで、いつも食べてる苺のジャムと比べられなかった。せっかくのイチゴの風味を残した作りなのに…。それより横のゴマのプラリネ美味しすぎるでしょ。これヤバい。

wakakitamiki * お菓子 * 23:59 * - * - * pookmark
このページの先頭へ