<< 1/24:晴耕雨耕 | main | 1/27:きまぐれサヴァなのは >>

1/26:コミケはそもそも女子のものだけども

遂に17年目を迎えた日本のバレンタインの天王山「サロン・デュ・ショコラ」。久しぶりに参戦してきますた。

 

女のコミケとか言われてますが、伊勢丹→新宿NSビル→国際フォーラム→またNSビルと会場が転々としてる歴史はちょっと似てる。最近人が多すぎてちょっと敬遠してたけど、妹が行くというのでつきあう。

 

くそ冷たいビル風に吹かれながら新宿NSビルへ。奥はパークハイアット。都庁前って、何回行っても方向感がわからん。

 

なか入るともう人だらけ行列だらけ。今年の「シャッターサークル」はアルノーラエールのクレープの模様。大ホールをつっきって外の廊下まで行列が続いてる。タブレット1枚2500円〜のチョコにこんだけの人が集まってくるって…去年辺り、参加したシェフさん自身がが「チョコにこんな高い値付けするなんて信じられね〜」的なこと言ってたけど、初見の人がみたらどういう場所かと思うだろうな。こんな高いチョコを愚鈍な男どもにあげる訳がない。ここにいる全ての女子が自分用のチョコを買いに来ておるのだ。

 

いやまあ、一部それ以外にも目的があるんだけども(後述)

 

ボクはとりあえず、持ち帰りは置いておいてイートインへ。

 

とりあえず、フリスホルムのチョコホッドドッグに突撃。これが一番食べたかった。ホットドッグにチョコレートをかけるという。一見うげっと思うけども、カレーの隠し味にチョコを入れるとコクが出るという話だし、おかしな味ではないだろうとは思ってた。が、食べると予想以上におかしな味ではなく、見事にケチャップと混ざってとんかつソース化してた。ここまで違和感ないと、1000円払った感じがしないwケチャップとかマスタードなしで、チョコレートと塩だけとかの方がよかったかな。

 

んでもって、今年イベント全体で推している「ルビーチョコレート」を使ったナオミミズノのデセールへ。

ルビーチョコレートは、ブラック、ミルク、ホワイトに続く「第4のチョコレート」とか言うらしいけど、一見すると着色してあるようにしか見えないピンクのチョコ。ところがこれが天然カカオの色だと言う。これはインパクトあるなぁ。食べてみるとちょっと果実感を感じるホワイトチョコという感じ。まあ、実は「第4のチョコ」って去年一昨年大流行だったブロンドチョコもそう言われていたんだよね。でもまあ、ブロンドチョコははっきり立った味してたから、ボク的にはブロンドチョコが好きかな。今年もブロンドチョコの板チョコ買って帰ろう。

 

後は今年はペルーのチョコレートのブースがあって、ペルーのチョコレートも買う。それにしても女性だらけ。妹と待ち合わせのしやすいこと(頭一つ背丈が違うので、男はすぐに見つけられる)。コミケとか言われてるけど、最近はとみにシェフさんのアイドル化が進んでいるので、アイドルのフェスのイメージもすごくある。特にイケメンシェフへの視線が熱い!すごいかっこいい海外のシェフさん一杯いた。モリヨシダさんも新刊も既刊も完売してた。ボクもこんだけMOFシェフが一同に会するのを見る機会がないし、楽しかった。小山シェフも、エヴァンさんもフェルベールさんもフツーにウロウロしてる。

 

ただ、あんまりチョコを買いすぎても消費に困るだけ、という事実をいい加減覚えたので、あんまり買わず退出。久しぶりに来られてよかった。イートインは結構すんなり座れることもわかったので、イートインを楽しみに来年も来ようかな。

wakakitamiki * お菓子 * 23:59 * - * - * pookmark
このページの先頭へ