<< 1/9:生き残れミスド | main | 1/12:緊急検証TheMovieを見て >>

1/10:恋のバカンス

Youtubeで懐かしい「恋のバカンス」のOPを見かけた。

これ、VHSにはなったけど、ブルーレイになってないんだよねぇ。ならないものか。

 

このブログで恋のバカンスの話をしたことなかったのが意外だった。このドラマは黛勘九郎こと明石家さんまが同時に3人の女性とつきあってる話で、さらにそこから偽装婚約もしてしまって、4股交際をするという「コメディ」。普通ならこんな話ドロドロにしかならないはずなんだけど、これをさんまというお笑いモンスターが口八丁手八丁、舌先三寸でどんなシリアスなシチュエーションもバカバカしく変化させながら乗り越えていく、という酷いwドラマ。これはさんまもお気に入りのドラマらしく、「さんまって実生活でもこんなんなのか?」というリアリティがあるというか、サイテーなのにサイテーさんまを見てる人も好きになってしまいそうになるような…「心はロンリー気持ちは…」と「男女七人」シリーズの究極完成版と言う風情のドラマであった。

 

しかし、さんまですらドラマが進んでいくうちに単なる悪人に近づいてきて、難しいものだな〜と思っていた。そして、このドラマこそ神のみ女神篇の同時攻略のインスピレーションになってる。桂馬=さんま。是非、恋のバカンスのBGMを流しながら、女神篇の序盤を読んでみてください。でも、今やなかなか見られないドラマだけども…。

wakakitamiki * - * 23:59 * - * - * pookmark
このページの先頭へ