<< 12/27:りんごちゃん | main | 12/30:平成の汚れは平成のうちに…? >>

12/28:16BitセンセーションVol.5のおはなし

またコミケの季節がやってまいりました〜。

で、今回も16Bitセンセーションが出ます。

 

よ〜し!

場所!3日目・A88です!みつみさんと甘露さんのところで頒布します〜。

 

表紙!

マモーが表紙に!

 

今回はVol5、1996年が舞台。一時代を築いた9801DOSというプラットフォームが、遂に最後の時を迎えます。痕、Piaきゃろ、下級生、そしてYUNO。ラストを飾るにふさわしい沢山の傑作美少女ゲームが生まれたこの年。9801というハードへの哀悼と感謝を込めて、今回は特にプログラムという視点から描きます。

語り部はアルコールソフトのプログラマー・守くん。1巻では10才だった彼も大きくなりました。生粋の98っ子のマモーは98の最後をどう迎えるのか…。

 

そして、アルコールソフトはますます拡大、キキララも絶好調〜。

 

一方、メイ子とかおりさんは売れたら売れたなりの悩みが…

 

個人的にもハードとしての9801というのは興味があり、今回は当時のプログラマーの方々のお話を聞かせてもらいました(お話していただいた方々にホント感謝)。DOS時代の美少女ゲームとは何だったのか?今に何を残したのか?その貴重な証言を元に、(時間もあったので)最高密度でお送りしまーす。

wakakitamiki * 読者の方々への連絡事項 * 11:23 * - * - * pookmark
このページの先頭へ