<< 10/28:さよなら右腕たち | main | 10/30:特にやらない >>

10/29:僕だけしかいない街

やばいですよ。

やばいですよ、レッドデッドリデンプション2

前作もやばかったけど、こっちはさらに鬼やば。もう現実の人生やめてカウボーイになりたい。

 

前に「レディプレイヤーワン」を見に行った話したけど、僕はゲームのなかで他人に会うのが嫌いだ。ゲームのなかに大量に他人がいるなんて、もう現実じゃん。ゲームのなかに出てくるキャラは、僕、そしてNPC。これが僕の求める世界なんだ。なのに、最近はマルチプレイばっかりじゃん。特に海外ゲーム。

 

そんな時代に、このレッドデッドリデンプションは空前絶後のシングルプレイを提供してくれてる!

 

とにかく広大なマップ。とにかく膨大なクエスト。ガムシャラに莫大なセリフの量。並みの日本のゲームが数百本作れるような予算を投入したらこんなにすごいのか。19世紀末の西部がまさに目の前にある。泥とほこり、石の一つ一つがまさにそこにあり、どこまでも広がってる。ような気がする。生きてる間にこの世界を全部網羅できる気がしない。ゼルダは日本らしい、理想の箱庭を作っていたけど、RDR2は巨大な仮想現実を作った。ドラマ「Westworld」の世界というのはこういうものなんだろうね。

 

確かにUIは不便。引き出しを開けるのもボタン長押しで面倒くさい。銃の動作もリアルでハンマーを引く動作も取り入れられている、それゆえにかなりかったるい。そのくせ銃撃戦ではデッドアイとかチート能力使えるし、なんかリアルなのかファンタジーなのか…w

 

でも、スティーブジョブズの作る製品と同じで、要はその美学(面倒くささ)につきあえる価値があるかどうかだ。それは大いにある。しばらく僕はアメリカ建国の魂とともに生きます。Step Right Up!(←街でこの言葉よく聞こえてくるんだけど、ポールの「SAY SAY SAY」を思い出してしまった)

wakakitamiki * ゲーム * 22:50 * - * - * pookmark
このページの先頭へ