<< 11/7:ほっとけホットケーキ | main | 11/9:RDR2の伸びしろ >>

11/8:KOIメイツアルバム・003&004「筏洋子&梶川舞」

筏洋子&梶川舞

 

KOIの1話登場組を除くと、1番人気があったような気がするコンビ。

 

「とにかく何でも楽しくやる!」という二人組で、この二人には大層なストーリーは似つかわしくないので何にも考えてなかったw何しろ悩みなんてものは全くない二人なのだから。

 

舞ちゃんと洋子は、持って生まれたアイドル素質で来るべくしてNEMSにやってきた。そのアイドル素質というのは、方や「恐ろしくモテる」ということ、方や「ヤンキー」だということ。


舞ちゃんは何となく常に「ちゃん」を付けてしまうけど、モテる。モテるは芸能人の基本の基本スキル。青山辺りに行くと、「セミプロ」っぽい人が一杯歩いてる。遠目から見てもめちゃかわいくて、きっと芸能人なんだろうな。でも、本当のスターになるような人って、こんなものじゃないんだろうと思う。女優さんとか、学校に行くまでの道すがら告白する人が列をなしてたってマンガみたいな話あるもんね。グラビアアイドルとか、目の前で見ると「こんなバランスの身体の人ってこの世にいるんだ…」ってビックリするもんなぁ。

 

舞ちゃんもそういうタイプの人で、とにかく小学生の時から男の子に取り囲まれていた人生なのだ。モテるための努力とか一切したことのない、天真爛漫さ。羨ましいこと。そして彼女は奇矯なことに、寄ってくる人全員の話を聞いていたんだろうと思う。だからこそ、1000人とつきあってましたみたいなことになる。彼女のつきあってるがどこまでを指してるかわからないけど、もしかしたらボクでも一度はデートに行ってくれるかもしれないような…舞ちゃんはある意味神様なのだ。

 

 

一方、洋子は埼玉のマイルドヤンキー出身。

 

小泉今日子の暴走族爆走初日の出伝説に見られるように、ボクらの若い頃はかわいい子というのはまんべんなく不良文化に身を投じていた。本人の意思はともかく、強い男が彼女たちを放っておかないのだ。小学生の時はただ普通にかわいかっただけの子が、中学に行ったらみんな怖い感じになって、ボク撃沈。そして、アイドルの親衛隊と言えば、オタクとヤンキーの巣窟。アイドルはヤンキー文化と隣り合わせだった。

 

従ってNEMSにヤンキーのDNAを持った人間がやってくるのは必然であった。もっとも、洋子は家がヤンキー文化なだけで、本人はいたって普通のトラクター大好き女。オープンマインドで友達思いのヤンキーの良いところだけを受け継いだ娘だった。

 

舞ちゃんと洋子の共通点が一つあって、それは結婚願望

 

二人とも、アイドルになったら素敵な出会いがあるはず…と言う夢を持つドリームガール。トップアイドルになるとかそういう上昇志向はまるでない。舞ちゃんは本当に自分が好きになれる男を探しに、洋子は姉二人が結婚で失敗してるので地元で婿捜しというのに限界を感じて(!)、ともに素晴らしい出会いを待ち望んでいるのであった。

 

ただし、現実でそんなすごい出会いがある訳じゃなし、まして瀬奈のような、男とほぼ縁の無かった人間もいる訳で。そういう方々のために、舞ちゃんのデート講座というものがNEMSハウスで夜な夜な開かれていた。これは舞ちゃんが今まで出会った男の話をただ聞くだけ、という会なのであるが、これが洋子始め、男に縁がなかった連中を興奮のるつぼへとたたき込んでいたのであった…という話、是非描きたかったなぁ。この二人がまほろと接触した日にはどんなことが起こったんだろうね。

wakakitamiki * キングオブアイドル * 03:27 * - * - * pookmark
このページの先頭へ