<< 6/28:ゲットアウト | main | 7/1:機能的≠実用的 >>

6/29:プロフェッショナル・ウィン

単行本のカラー素材を出す。

お盆進行で大変。しかし、それにしても、今週は睡眠時間が少ない…!

睡眠削ってるのに、仕事が遅れていくミステリー!

 

まあ、多分サッカーのせいなんだろうけど。

 

昨日、日本代表がベスト16進出を決めた。

昨日は何と視聴率44パーセント以上だったそうで。うわ〜30パーセントは絶対超えると思ったけど、44パーセントとは。

 

それだけに昨日の代表の戦いぶりに喧々囂々という感じだね。でも、ワールドカップを何回か見てるとわかるけど、グループリーグのひどい談合試合は1大会に1、2回は絶対に発生するから、こんなのサッカーの一部だよね。ただまあ、それを、他力本願の状況で、負け試合で、しかも日本代表がやるってのは新鮮というか画期的だったねw

 

昔、トルシエが「日本には守備の文化がない」って言ってた。日本はリードしてる状況でスピードダウンしたり、相手にあえて攻めさせたりする戦術が昔から苦手だ。これは日本が攻撃が好きとか、守備が苦手とか、そーゆー訳ではなく、日本人は「正々堂々としてないとバツが悪い」というメンタリティの人が多いんだ。だから、ちゃんとスポーツしたがる。これ正々堂々が好きな訳じゃない、「バツが悪い」という何とも複雑な精神構造。だから、守備をしてたり、さぼったりしてるとバツが悪いから、攻めてるように見える方がいい。

 

ところが、昨日の日本代表はかなりバツの悪いことを平然としていた。これはある種の日本代表の成長と言ってもいい。今回ワールドカップの日本選手の守備のプレーとかはかなり汚いこともやってて、いいじゃんってwフットボール!って感じだよね。フットボールって全然スポーツじゃない、特にワールドカップはね。

 

今回の試合運びはプロフェッショナルファウルみたいなもので、結果のためにクールな損得勘定をしたってことだよね。それで進出できる鍵になったのがフェアプレーポイントってのがまた皮肉が効いてますな。フェアプレーポイントみたいなのが敢えて設定してあるってところが、逆にサッカーがいかにフェアプレ−が珍しいってことかと表してるような気がする。次はベルギーかあ、楽しみだね〜。

wakakitamiki * サッカー * 12:21 * - * - * pookmark
このページの先頭へ