<< 10/7:単行本作業開始 | main | 10/10:「キング・オブ・アイドル」SONG20の話 >>

10/8:ベルウッドレコード45周年

カラー表紙以外完成。表紙はもうちょっとかかりそう。

 

仕事場を抜けて、行きたかったコンサートに行く。

ベルウッドコンサート45周年記念コンサート。

 

ベルウッドは、URC、エレックと並んで、日本のフォーク・ニューミュージックの礎を築いたレコード会社。まあ、ボクが生まれた時にできたんで、全然知らないんですけども。大学生の時に復刻のCDが出て、その時によく聞いてた。

 

細野晴臣、はちみつぱい、あがた森魚と創設期のメンバーの貫禄はすごかったけど(鈴木茂のギターの音の良さにもうメロメロ)、若い人達のカバーがとにかくよかった。グリムスパンキーの「はいからはくち」とか、キセルの「終りの季節」とか、良い曲は新しいエネルギーで何度でも蘇るんだね。

 

仕事中にコンサートに行くと、普段は原稿描きで見て見ぬふりしてる自分と向き合う時間が長くなって、鬱になっちゃうんだけど、曲をずっと聴いてるうちに浄化されたよ。音楽ってすばらしいなぁ。

 

帰ってから小沢健二の「SONGS」を見た。歌詞の出し方がかわいかった。KOIでも歌詞の出し方は毎回色々考えるんだけど、マンガの"構造的障壁"というものがあって、パッと一度にしか歌詞が出せない。時系列で歌詞を出そうと思うと、マンガのコマは横書きに進行するのに、横書きの文字は左から右に読むという逆の特性がぶつかりあって。コマも歌詞も縦書きにすれば行けるんだろうけど…う〜ん。

wakakitamiki * 音楽 * 16:53 * - * - * pookmark
このページの先頭へ