<< 9/12::「キング・オブ・アイドル」SONG15&16の話 | main | 9/14:キングオブアイドル1巻発売詳細 >>

9/13:サンデー発売日・巻頭カラー

今週のサンデー、「キングオブアイドル」は単行本1巻発売情報浸透巻頭カラーです。表紙はがんばりました!どうぞよろしく〜。

 

 

昨日ネームが終わったあと、どうしても見たかった「ベイビードライバー」をバルト9まで見にいった。

この映画は爆音でみないと話にならない。

 

エドガーライト監督作品はギークで饒舌な作品が多かったのに、今回の作品は全く主人公ベイビーが話さない。寡黙。その代わり、彼がイヤホンで聞いてる音楽がずっと彼の心を映しだしているのだ。

この冒頭シーンの迫力!爽快感!どっちか言うとキッチュなジョンスペンサーの曲をこんなにかっこよく使うとは!

 

上のムービーでもあるけど、画面切り替えや効果音までも曲のテンポと合わせてある。この映画は演者は全く歌わないけども、音楽を演出のど真ん中に使ったという意味でミュージカル映画と言える。これは意欲的だなぁ。残念なのは、自分が英語がわからないことよ。歌詞の内容まで演出に入っているだけに、言葉の壁が悔しかった。しかしまぁ、エドガーライトにあるまじきメジャー感(!)のある映画だわね。

 

にしてもね。ガーディアンズオブギャラクシーといい、最近の洋画はBGM代わりに懐メロを絶えず流し続けるというものが結構多い。かっこよくていいんだけど、「これ何の曲だったかな〜!」って思い出すのに集中力使っちゃうんだよね〜。ドクターストレンジもピンクフロイドの曲名を思いだそうとしてる間に事故のシーンを中途半端な気持ちで見ちゃったし。痛し痒しだよ。

 

キングオブアイドルでも昔のアイドル曲をずっと歌ってるだけの回とか作りたいけど、色々著作権が…。

wakakitamiki * 映画 * 07:17 * - * - * pookmark
このページの先頭へ