<< 6/26:鍵盤ハーモニカ | main | 6/28:サンデー発売日 >>

6/27:「キング・オブ・アイドル」SONG7の話

かわぐちかいじ先生の「沈黙の艦隊」って有名なマンガがあるんですけども、そのアニメを最近見て、当時は荒唐無稽だと思われた「核ミサイル一発で大国アメリカと対等に渡り合う」という序盤の設定を、今北朝鮮が結構似たような感じでやってるのを見て、かわぐち先生すごいな〜と思うことしきりなんです。

 

ということを踏まえて、「キング・オブ・アイドル」の第7話のお話です。

 

まほろ砲再びたつ!

 

これぞ少年誌における不殺最終兵器かも知れない。

その存在が絶大でありながら、発射することは絶対にないんだから(下ネタ)。

 

もう存在感ありすぎで、他の要素がぶっとんでしまうのが難点。担当さんも「まほろ砲がでると編集部が沸き立つ」って話してた。他の回では全然何にも言わないくせに。とまあ、今は突出しちゃってるんだけど、そのうち色々バランスが取れてくる予定だよ。

 

 

・NEMSクリニック

人間ドック並の検査ができる施設と、豪華な更衣室を持つNEMSの病院。IOSを扱う演者の体調管理とメイツたちのプライバシー保持のため、自前の病院はNEMSには必須の施設です。

 

ここはボクが毎年行っている人間ドックの病院を思い出しながら描いています。20代以下の人達には検査着に着替えてまで検査するなんて、全然ピンと来ないでしょうね。40代ともなると、毎年やらないといけないのですわ。今年もいい加減予約入れないといけない…はぁ〜めんどくさいなぁ〜。

 

 

・モニターされるIOS

IOSの位置がわかってしまう、藍先生のモバイル。結構怖い。

 

 

・クラスメイトのメイツたち

 

今回はまほろのクラスであるF1組の人達が沢山コマに映っていましたね。それぞれどんな人たちなのか気になりますが…ボクが今回の話で一番苦労したのが、舞ちゃん&洋子のコンビです。

 

何が苦労したかと言うと、ここですよ↓

この○の部分にヘコミを入れるかいれないか、半日ぐらい悩んだ。結局ヘコミを入れなかった。ここをポニョっとさせると肉感的になるんだけど、えっちくなりすぎるかな…と思って今回はやめた。

 

男は下半身全裸にすぐさせるくせに、女の子には思い悩むフェミニストのボクだった。

 

 

・良心のオブジェクト

そしてあっさり下半身をむかれたまほろ。

 

ここ何度か「あれはオブジェクトなのか、実際は見えているのか、どっちなんだ!?」という熱心な読者の方からの質問がありました。ここは改めてはっきりしておきますと、実際、マンガのなかでは何も出ていません。誰がオブジェクト出すんだって話ですが!これはモザイクだと思って下さい。はい。これ取ったら連載即終わりますよ。

 

 

さてさて、連載即終了なみの狼藉をよりによってチーフトレーナーの前でかましてしまったまほろたん。次はどうなるのでしょうねぇ〜。これ単行本だと、1巻の最後の話になるんですけども。週刊で読んでる人は1週間で続き見られてよかったですね〜。

wakakitamiki * キングオブアイドル * 06:42 * - * - * pookmark
このページの先頭へ