<< 6/19:ムービング仕事場 | main | 6/21:B4スキャナーとは言わないけど。 >>

6/20:「キング・オブ・アイドル」SONG6の話

世の中には面白いマンガが一杯あるなぁ〜なんて。見るマンガ見るマンガ面白くって、もう自分のマンガ描いてていいのかな〜って思うよ。保安官エヴァンスとか面白いよね。

 

いや、自分のマンガ、キャラや世界観は相当面白いと思うんだけど!ちゃんとボクがそれに見合う運営を行えているかどうかは、いつも気になる。

 

という訳で、「キングオブアイドル」第6話のお話です。

 

・クラス名簿

(クリックで拡大)

 

クラス名簿。作画的にはこれがメインだったかも知れない今回のお話。名簿はルーム単位で並んでおりますので、隣同士がルームメイトということに。そう思って見てもらえると、この先の画面の隅の楽しみが増えるかと思われます。特に次のお話は。

 

クラス名簿を作るということは、この先のストーリー展開も固めてしまうので、結構勇気がいるんですけど、大分1人1人のキャラもわかってきたので公開。こういうのは欽どんじゃないですけど、良い子・悪い子・普通の子みたいな感じで集団があります。スゴイ人、すごくない人、フツーの人。モバマスみたいに突出した人ばっかりだと、物語上は色々不具合があるんですよ。ゲームならいいですけど。特に一番下の列って何なんだよという感じですが、全員のプロフィールは単行本でおいおい明かされます。

 

 

・18ページ

今回のお話からKOIはおなじみの18ページになりました。KOIはとにかく作画に負担がかかることは予想できるので、18ページだと時間が足りなくなりそうで、4話と5話は実験的に16ページでやりました。そしたら今度はネームにすごく難航しましてね〜(苦笑)。も〜10何年もやってると、何を考えても18ページの発想になっちゃってるんですね〜。全然収まらないので、それで6話は18ページに戻ったんで、なんか使い慣れたグローブでプレーしてるみたいですよ。まあ、そういう予定調和がイヤでページ数減らそうって考えていたんですけどね〜。これからはまた18ページになると思います。

 

 

・瞳ちゃんという人

瞳ちゃんは、「空っぽ」な人なんです。

でも、その「空っぽ」なことに何となく危機感を抱いている人なのです。よくいますよね、留学したら何かが起こると思ってアメリカとか行っちゃう方。でも、そんなことで何も変わる訳がないのですが、でも、「空っぽ」でもいいと思うんですよ。本当は。でも、むしろ頭がよかったりする人に限って、充実感が得られなくって宗教にはまったりしてしまったり。

 

でまあ、瞳ちゃんはその空っぽなところに、「自分の歌」じゃなくって、「まほろの歌」を入れてしまった感じがあるのが、ちょっとこの先の大丈夫かなぁ…。とにかくあぶなっかしい瞳さんです。

 

でもね、何かこの話不完全燃焼でね。単行本でリベンジしたい。もっと瞳はかわいく描けたような気がするんだ。

 

 

・FIGHT FIGHT

 

もし君が

暗闇で悲しんでいる時は

僕が小さな光になるよ

 

もし君が

立ち止まって悩んでいる時は

僕が背中を押してあげる

 

いつだって そばにいる

 

FIGHT FIGHT!

 

ほんの小さな力だけど

 

君に受け取って欲しいんだ

君の笑顔が 見たいから

 

 

↑まほろが歌った歌。今までは80年代っぽい感じの歌だったのですが、これは何か90年代っぽいですね〜。これ2曲作って、担当さんが選んでもらったものです。恋ちゃんが歌ってるところがあんまり見えないけど、場面にはあってるね。

 

 

さてさて、次のお話は身体検査だって。何も起こらない訳がない。

次もよろしくお願いいたします。

wakakitamiki * キングオブアイドル * 18:37 * - * - * pookmark
このページの先頭へ