<< 2/24:HEY提督の戦果報告 | main | 2/26:春遠からじ? >>

2/25:トーマスジェロームニュートンって素敵な名前

阿佐ヶ谷の映画館、ユジク阿佐ヶ谷ではボウイ特集が始まった。「地球に落ちてきた男」、「デヴィッド・ボウイ・イズ」、「ジギースターダストモーションピクチャー」の三本立てだ。初日の「地球に落ちてきた男」だけ見に行った。

 

なぜ「地球に落ちてきた男」だったかと言うと、この映画、めっちゃくちゃ退屈な映画なのだ。DVDで何回か見たけど、毎回途中で寝てしまってた。でも、映画館で見たら意外と新しい発見があって見られたりするんじゃないか?と思って。

 

ユジク阿佐ヶ谷はホームシアターを少し大きくしたぐらいのちんまりした映画館だけど、こんな風に黒板にスタッフさんが愛のあるイラストを一面に描いてあったりして、素敵な雰囲気。

 

さて、映画の方だけど、何回も見て何が起こるかわかることが逆に良い方向に働いて、2回寝ただけで最後まで見守れた。大勝利と言っていいただろう。も~この映画はボウイがとにかくかっこいい。しかも、ちんちんまで見れる。最高。それにつきる。ヒロインより綺麗なんだから。これで映画の長さが30分なら「つまんなかったけどボウイが綺麗だったらいいか」と思えるけど、139分もあるとさすがにキツかった。映画館のなかで誰かの大きないびきが聞こえてきたのも無理からぬことかな。

 

でもまあ、この映画のおかげで「ステイション・トゥ・ステイション」や「ロウ」が生まれたと思うと、重要な作品としか言いようがない。

wakakitamiki * 映画 * 20:29 * - * - * pookmark
このページの先頭へ