<< 1/25:燃えるテレビ | main | 1/27:おねシンがまだ頭を回ってる。 >>

1/26:すーぱーそに夫

恵比寿で、オアシスの映画「スーパーソニック」を見てきた。

 

数日前のブログでも言ったけど、オアシスというのは音楽もすごかったけど、このギャラガー兄弟のキャラクターってのがとんでもなかった訳で、だからこそ、兄弟が話してるだけのこの映画にもすごく期待感があった。

 

この映画の序盤でも「俺たちがヒットして、フィルコリンズみたいな音楽をぶっつぶしてやる。10年後、フィルコリンズの首がオレんちの冷蔵庫に入ってなかったら、オレたちの負けだ」とかすごい発言。ず〜っと好き放題言って、やってる。それであんなにピュアでストレートでロマンチックな爆音を出す。これで人気が出ない方がおかしい。オアシスというのは、「俺たちの代表」、そういう共感があった。大金持ちなのに全然服もかわらないし、音楽も人格も全く高尚にならない。何だか、昔イングランド代表だったガスコインを思い出すけども、いつまで立っても古い仲間とツルんでパブでくだを巻いてるような。毎週のように大げんかをして解散しかけ、また何事もなかったように元に戻る。こういう兄弟の絆もよかった。

 

この映画はそんなオアシスのデビューから3年間の狂騒を描いている。絶好調の時だ。みんな延々ドラッグでらりっててすごいなと思う。リアムとかプロンプターみたいなの使ってないけど、よく歌忘れないなぁ。

 

全編がドラッグとケンカと暴力と美しいメロディで埋め尽くされている。外国のバンドだからすげーって感じだけど、今の日本でこんなバンド許されないだろうなぁ。近田春夫の話とか聞いてると、誰ぞがやりすぎで記憶喪失になったとか、全部入れ歯になっちゃったとか、日本でも昔のバンドマンのラリり話はすごいけど。…全然、余談だけど、ASKAがあんだけドラッグで叩かれてる一方で、ビートルズのジャンキー師匠だったボブディランがノーベル平和賞とって、NHKスペシャルが追いかけてるみたいなのがどうも腑に落ちない。Nスペも日本の番組なんだったら、ロックにおけるドラッグの歴史とかやればいいのに。一方、この「スーパーソニック」はメンバーによるドラマーのトニーに対するいじめの話をやってたのがすごかった。ほんと昔のインタビューで延々ドラムの悪口ゆってたもんなぁ…で、今でもゆってた。確かに改めて聞くとかなりヘタだけど、それにしても残酷。無反省。でも、ドラマーの方の言い分を初めて聞いたよ。気の毒に。

 

まあ、今のオアシスは本当に解散しちゃってるんですけども…そこら辺の事情が一番聞きたかったのに、全然やらんかった。ちょっと不完全燃焼というか。でも、この映画の制作総指揮はギャラガー兄弟が連名でやってて、いつかもう一度やってくれるような気にもなる。日本のファンをベタボメしてたのが印象的だった。ボク、オアシスの初来日の大阪クラブクワトロを取り逃したことがずっと後悔なんだよな〜あんな狭いところ、もう絶対無理だもん。

wakakitamiki * 音楽 * 21:38 * - * - * pookmark
このページの先頭へ