<< 12/16:なのは最終巻7巻発売です。 | main | 12/18:源泉かけながしガンプラ温泉 >>

12/17:ローグワン

ねじの人々の話をしたかったけど、1日では書けなかったので、後日に。

 

昨日はスターウォーズの新作「ローグワン」をみてきました。

スターウォーズのガチのスピンオフ映画って初めてだよね?テレビシリーズとか「イウォークアドベンチャー」とかあったけど。ディズニー的には、スターウォーズもアベンジャーズみたくする気なんすかね。制作費2億ドルだって。

 

ここからネタバレ。

 


いつものジャーン!のファンファーレのない始まりにちょっと違和感。音楽もなんかジョンウィリアムズに似てるよーで似てないモヤモヤする感じ。しかしそれ以上にモヤモヤしたのは、主人公のジンが最初に出会う反乱軍のシーン。この反乱軍と帝国軍の交戦シーンが超カオスなんだよ。帝国軍に先に仕掛けて町中でドンパチやらかし、一般市民を思いきり危険にさらす反乱軍。倒れたストームトルーパーに無慈悲にとどめを指す反乱軍。帝国軍を捕まえて袋を頭にかぶせ乱暴に連行する反乱軍。なんか反乱軍が今まで見たスターウォーズのそれと全然違うんだよ!そしてその舞台である街ジェダは中東の雰囲気を模してある。そう、完全にシリアのメタファーなんだよ。戦争にいいも悪いもなく。反乱軍も帝国軍もすごい迷惑で粗暴な戦闘民族。

 

ええ〜。と思った。スターウォーズは「おとぎ話」だからいいんだよ。こんな「シビルウォー」みたいなドキュメンタリーを見せられても困る。これは制作陣の勇み足だろう…と、正直最初はすごい抵抗感があった。

 

ところが、これがね〜。後半から様相が一変するんだよね。こういう泥臭い仕事をずっと続けていた反乱軍たちの前に、大きな仕事の話が来る。デススターの設計図奪取の計画だ。EP4でのキーアイテムになるあれ。ところが、反乱軍の評議会は意見分裂して、作戦は頓挫してしまう…しかしそこで、反乱軍のなかで今まで汚れ仕事をやってきた連中が独自に義勇兵を結成、「ローグワン」を名乗って、デススターの設計図を盗み出すために帝国軍の宇宙船を駆って突撃する。

 

ここから物語は異次元の熱さを持ち始める。僕らが知ってるスターウォーズという「おとぎ話」がどれだけの無名の人に支えられていたのか。最初のモヤモヤするシーンはわざとだったんだよ。"HOPE"を信じる無数の人たちの手によって命をかけて設計図が運び出されたその時、テロリスト同然だった反乱軍が「おとぎ話」の一部になった。この怒濤の展開、SW史上最高に激しい戦闘シーン。最後の最後まで上がり続けるテンションに、正直思い切り泣いてました。EP3とかね〜これぐらいやってほしかったよね〜。

 

これはね〜スターウォーズファンは必見の映画ですわ。

 

ただ、これはルーカスなら作らない気がするし、ある種のスターウォーズ世界の拡散ではあると思う。だから、気に入らないって人もいるだろうね。EP7は「誰にも嫌われない」ことを目指してる感じがしたけど、ローグワンはかなり踏み込んでる。でも、今回に限って言えばすごい良い。このノリをEP8でやると更に賛否両論になりそうだが、どういう感じで作られているんだろうなぁ。ただともかく、最初にジャーンってファンファーレは入れて欲しい。

wakakitamiki * 映画 * 23:59 * - * - * pookmark
このページの先頭へ