<< 10/29:仕事とお給料 | main | 10/31:至宝の巣窟 >>

10/30:サマーレッスン上方修正

ガラーンとしてしまった仕事場で、PSVR「サマーレッスン」を改めてやったら、めちゃくちゃ面白くて

 

誰にも気兼ねせずにやれるとなると、とにかく近づきたい放題。眺め放題。なんとまあ興奮することよ!5センチぐらいまで近づいても、ひかりちゃんは全く気付かない。とんでもないなこれ。でも触れないからさ~、何とかしたくて必死でひかるちゃんにふぅふぅ息吹きかけてたよ。44才のおっさんにここまでさせるなよ。でも、PS4のデュアルショックの真ん中のタッチパネルに息吹きかけて反応させたりできないのかなぁ?3DSみたいにさ。それできたらラブライブとかまたブームくるね。

 

なんてこと思ってることをおくびにも出さず、スタッフさんと単行本作業中。

 

カラー。

 

それでもう一つ評価の変わったものがあって。今まで見てなかった「ガールズ&パンツァー劇場版」を見たのだ。テレビ版は2話ぐらいまで見た。まあ、色々な戦車や兵器にまつわるしがらみは横に置いておいても、僕的には「戦車が男が動かした方がいい」という絶対的な価値観がどうしてもぬぐえなくて、スポーツだと割り切っても、ランジェリーフットボールを見ているような気分になるんだよ。そりゃ見た目はかわいいけどね。スポーツとして出来がよければいいほど、余計にそう思ってしまって乗り切れないでいた。

 

しかし、そういう引っ掛かりをドカーンと吹っ飛ばしてしまうほど圧倒的な出来の劇場版。名車ばかり30両VS30両の戦車戦なんてドリームマッチ。その期待感を裏切らないパワーとスピードとアイデアに満ちた攻防の連続。とにかくすごい密度。こないだ飲み会で、「シンゴジラと君の名はどっちが面白かったか」という話題になった時に「その二つよりガルパンの方が面白いよ」って言われて、どんな馬鹿なと思ってたけど、もしかしてそうかもしれない。この映画を見てる時の気分はシンゴジラのヤシオリ作戦が全編で繰り広げられているような圧倒的に持続する快感がある。これを爆音上映でみたい人の気持ちは実によくわかる。

(でもやっぱり、男が動かしてたらもっとよかったなぁ…女の子は一人か二人でいいよ…隊長だけとか。でもこれで男や、ガタイのいい女の子がやってると急に兵器感がでて拒否反応がでるかもね。こういうハイパー砂場遊びみたいなのがちょうどいいのかな。)

wakakitamiki * ゲーム * 15:01 * - * - * pookmark
このページの先頭へ