<< 9/27:偉大な発明の話 | main | 9/29:なの菓子66話の話 >>

9/28:「名画」を見る意味の話

なんか、またジャンプマンガがドラマ化するんだね。月曜ドラマランドみたいになってきてるね。

 

今日はひたすら原稿。

若くてニコ厨のスタッフさんたちのために、昔の「名画」みたいなものを今週は流しながら作業してる。

 

昨日今日みていたのは、

 

12人の怒れる男

(一部屋でメガヒットは作れるという映画)

 

 

とか、ポセイドンアドベンチャー

(パニック映画に見せかけた生足映画)

 

とか、戦場にかける橋

とか。

 

戦場にかける橋、久々見たけどよかったなぁ〜。それぞれが真面目にやった結果が大惨事、みたいなサラリーマン川柳みたいな反戦映画。これぞ名画。

 

ボクも別に映画好きって訳じゃあなかったんだけど、連載を始める時に大量に見て詰め込んだ。名画というのを見る意義というのは、もちろん勉強にもなるんだけど、自分の見たり描いたりするものが何から始まってるかを知ってることは重要だし(無意識のパクリとかも防止できる)、打ち合わせでのイメージの共有にも役に立つ。自分しか知らないものを話しても、相手に同じものを想像してもらってるかわからないからです。

wakakitamiki * 映画 * 14:50 * - * - * pookmark
このページの先頭へ