<< 7/10:選挙の話 | main | 7/12:EURO結果の話(ミニ) >>

7/11:マンガと若い子の話

忙しいのにベルセルク読んでしまって、ちょ〜寝不足で今日の仕事。

 

ボクはこの仕事の人の割にはマンガ読まない。とにかく嫉妬がひどいwからね。人のマンガ読むとこんにゃろーって思っちゃう。でも、本当にすごいマンガを読んだ時は子供のようにすがすがしい気分になる。「マンガでこんな表現できるんだ!」「ボクもマネしたい!」ってね。まあ、ボクのマンガで主人公が歯で剣をぶんまわすなんて場面でないけどね。

 

頭はベルセルクで占拠され、胃袋はカレーで占拠される。

昨日選挙の投票後に食べたカレーがパワフルすぎて、まだお腹んなか残ってるよ〜。美味しかったけど。

 

そういえば選挙だけど、民主党じゃなかった民進党があれじゃ、自民党の圧勝もむべなるかな。若い人も与党指向だったってニュースもあって。今の時代は浮動票なんてものは存在しなくて、「そのままでいい人」と「どうでもいい人」しかおらんのだね。「どうでもよくない人」「このままでいいのかなぁって迷ってる人」ってのが浮動票というものだからね。

 

うちの仕事場の女の子(20代前半)に聞くと「政治に全く関心がない」「投票も行ったことない」「投票行っても変わらないんじゃないですか?」という典型的な無関心だもの。

 

「じゃあ、投票いかないってことは、例えば、明日、消費税30%にしますって言ったら受け入れるの?」「政治家は僕らの税金で働いてるのに口は全く出さなくていいんですかねぇ」みたいな定番の言い聞かせにも。「仕方ないですねぇ」みたいな。投票率上がる訳ないね。ボクも人のことは言えないけど、ほんと、欲望も少ないから不満も少ないんすよ。

wakakitamiki * - * 15:19 * - * - * pookmark
このページの先頭へ