<< 7/9:時間を摘むツム | main | 7/15:サイクル >>

7/10:メモリーインラスベガス・(6)ミントとキャンディとチョコ

作業しながら、「ビックリボウスキ」をダラダラと見る。すさまじくオフビートな映画だけど、コーエン兄弟の映画で一番好きな映画(の一つ)。こういう映画やテレビ番組って日本でも結構あるけど、これは個性が際立っていて会話がすごい面白い。タランティーノスタイルだけどこっちは会話が全然かみあってない。玄田さんの吹き替えがもう最高。


そのビックリボウスキの冒頭で、スーパーで買い物をするシーンがあるんだけど、その大きさ。それを見て、ラスベガスでも一番楽しかったタダの時間つぶしがコンビニだった。



物量の多さ!

コンピニといっても、ちょっとした小さなスーパーぐらいあるんだけど、お菓子だけでもうなるほどの種類がある。


日本も店売りお菓子の大国で、相当なお種類のお菓子があるけども、アメリカの、特にフレーバーの種類の多さには舌を巻いた。同じキャンディ、M&Msだけですごい種類の味がある。ツイッターでも画像あげたけど、オレオだけで6、7種類並んでる(しかもビッグサイズ)。クリームが多いオレオと、三枚重ねのトリプルオレオとか同時に出さないといかんものなのか?日本も相当な種類が一年に出るが、それは大体期間限定とかでリレーしていくもの。場所の制約もあるしね。それがここでは一同に介している。飲み物のコーナーでも一緒で、コーヒーも水もめちゃくちゃ種類多い。大学生だったら相当毎日食べ比べ飲み比べできそうだ。味の方は日本人好みかはわからんが…。

しかもどれも量が多くて、こんなの食ってたら体重が大変なことになるぞ、と思って棚の横を見ると、「意識が高い人w」向けのオーガニックで身体にいいクッキーやクラッカー、ドライフルーツのコーナーがこれまた多様な布陣で用意されてる。さすが消費大国というか、あらゆるニーズ向けに商品があるという感じ。うーん。スピルバーグの「未知との遭遇」とか「ET」なんかで見るモノで溢れた子供部屋に小学生の僕は相当憧れたものだけど、今だとなんか無駄が多そうだなぁと思ってしまう。年取ったね。

しかし、ミント味の多いこと。

wakakitamiki * ラスベガス旅行 * 03:12 * - * - * pookmark
このページの先頭へ