<< 4/26:トゥーム令嬢ララ | main | 4/29:モグラの声 >>

4/28:FLAG223「ボーイミーツチーフ」FLAG224「Twice in a Lifetime」

黄金週間。みなさんいかがお過ごしでしょうか?

改めて
単行本21巻、お買い上げまことにありがとうございました。
今回もツイッターで沢山メッセージいただきました!もしリプしたのにボクお礼言ってないという方、いらっしゃったら指摘してください(ここで言っても気付かれないかな)

さてさて、ただいま私はもう次の単行本が6月に出ますので、GW明けすぐに耳を揃えて素材を出さねばなりませんぞ。

カラー下絵。来週月曜日までにカラー4枚とモノクロ30ページと単行本本文チェックをしないといけないのですなぁ。これ、新人だったら大急ぎでも1ヶ月半はかかりますよ。それがスタッフを使って1週間であげる。なんで、こんなことが可能なのか。昔の人はこんなことを連載2本同時とかやってたんですから。超人ですわ。

この単行本作業のせいでボクがGWにやろうと思っていた諦めた&延期したもの↓

友達との飲み会。
免許の更新
耳鼻科
歯医者
イデミスギノのイートイン
人間ドック
本厄のお祓い
アニメのカラー仕事何個か

つか、伸ばしたからといって無くなる類のものじゃなく、ほとんどのものがいずれ行かないといけないものなんですけど〜。こうして大病を見逃していくんだろう。連載作家には「健康診断のために年に1回休載とれる」権利があってもいいと思う。


つー訳で、休みなく神のみ漬けの毎日(つーか、他のマンガも描きたいんだけど、時間全然ない)を送っておりますが、今週と先週分の神のみのお話をしましょう。

先週でうらら編が終わりました。ボク的には(今のところ)過去編は4部構成になっていまして、うらら編で第1部が終わった感じです。導入ですなぁ。

そして、223話から、攻略は新しいフェーズに入ります。ドクロウちゃんが実は、「カギ」となって、桂馬は室長のドクロウと初対面。そして、桂馬がドクロウから話された、桂馬が過去から来た理由は・・・というお話でした。

この223と224話は、過去編の設定の核心部分です。

女神編を終わってまた通常攻略、なんてことは考えもしなくて。神のみというマンガはもうストーリー的にはとうに折り返しは過ぎてると思うんですよね。大テーマ的にはもはや残り1つか2つぐらいしかないです。

マンガというものはどういう風にラストに向かって収束していくか・・・ということを考えると、神のみのような設定が色々絡んだ作品というのは、最後は毛糸をほどいていくような、設定が全部わかって、収まるところにみんな収まって終了。みたいな感じになってしまう気がするんですよ。特に桂馬に上昇志向の目的がないので、チャンピオンになって終了!みたいなわかりやすさがないんですな。


そこで、徐々に閉じていく物語を段取りにしない、閉じつつ広げる、というものができないか、と言うのが過去編における一つのチャレンジです。こういう時間と因果の関係はゲームでは定番大ネタの一つでもありますし、神のみという話では絶対にとりあげようと思っていましたが、やってみるとこれがものすごい大変です。無事に着地できるかどうかわかりません。まあ、どうなるかわからない話ということをやりたかった訳ですけども。これがどれぐらい続くかわかりませんが、次の話からはまた新しい展開になります。どうぞよろしくお願いします〜。

wakakitamiki * 神のみぞ知るセカイ * 20:10 * - * - * pookmark
このページの先頭へ