<< 9/5:200ぐらい回記念 | main | 9/12:FLAG200「New Order」 >>

9/6:モナドの窓=who?

昨日ツイッターでボクの高校の先輩が推理小説の作家をされてて、その方が推理小説の評論で「神のみ」を(ボクが後輩であることとナンの関係もなく)取り上げてくださってる、ということを知ったので、早速買ってみました。



小森健太朗『探偵小説の論理学』

かなり用語が哲学よりで難しい本ですwしたがって、時間の都合、神のみの付近しか読めなかったのですが、神のみを推理小説のはしっこにあるものとしてとりあげてもらったのは嬉しかったです。新しいものを何も使わずに視点を再生するコンセプトとして、ボクは明らかに推理小説をもとにしていました(ボクは萌えを再生する方法として推理を使っていたので、考えの方向は逆かも知れませんが・・・)。この評論で神のみのコンセプトの半分ぐらいは説明できちゃいます。


しかし、哲学は難しいなあ。もと哲学科だけど。

wakakitamiki * - * 21:42 * - * - * pookmark
このページの先頭へ