<< 6/24:作画作業最終日 | main | 6/26:ネーム中・・・ >>

6/25:FLAG190「遠雷」

六三四の剣みたいに、大学生の桂馬がボートこいで上がってくる再開シーンはどうですか?

 

長らくお待たせしてすみませんでした。


という訳で、190話のお話です。

189話で女神編が終了しまして。そして190話だったのですが、10Pの何だか予告編のようなお話になりました。

そもそも、10pで休載のという流れ。これについては、思いっきり事務的な事情がありまして・・・女神編が終わったら、一度休載を取る。ということは決まっていたのですが、果たしていつ女神編が終わるかということが計りかねてた訳です。しかし、休みは前もって申告しないといけない。ということで、189話か190話までには終わる。189話で終わったら、次は予告にしよう。190話までかかったらそのまま休載。とうことにしてスケジュールを組みました。んでもって、189話で女神編は終わったので、ページ数を縮小して(これは後からでもいけるので)、予告編にした・・・という感じです。

189話までものすごくカロリーのいる作業が続いていたので、「あれ、こんな簡単に描けていいの?」というぐらいすぐに描けました。

この予告編について、本筋的なことはまあ、おいおいわかることですが、メインは女神会になりました。何か女の子だけでわちゃわちゃしたものって結構描きにくいので、これを機会に長尺でやらしてもらったす。どうでした?段々女神達の立ち位置も決まってきて、描いていてなかなか楽しいですね。アポロマルスミネルヴァの子供軍団に手を焼くディアナのやりとり。保育園のようです。ボク的に、良くも悪くも無邪気でモラルも悩みもなさそうなアポロはすごく神様っぽくて、大好きです。


2週間もお休みをいただいてしまって、まことに申し訳ない。ホントは「構想を練るため」みたいな建前があったのですが、単行本と画集作業、その他色んなちょこちょこした仕事で忙殺されて、何も考えてません。まあ、週刊連載ってそんなものだよね。

まあ、先の事はまだ言わなくてもいいか。という訳で、水曜日から再開する神のみ、どうぞよろしくお願いいたします。

wakakitamiki * 神のみぞ知るセカイ * 23:24 * - * - * pookmark
このページの先頭へ