<< 6/4:明日からかのんちゃん展 | main | 6/6:桂馬くん誕生日 >>

6/5:FLAG188「It's All Right」&FLAG189「初めて恋をした記憶」

次の単行本は2冊出ますが、それでも女神編に全然追いつけませんねー。なんでこんなに連載と単行本が離れてしまったのか・・・。せっかく2冊出るんで、今回はおまけも力入れたんで、来月はよろしく。まあ、2冊同時に出ることで「重大な計算違い」も出てしまった訳ですが、これは店頭に並べば一目瞭然ですが・・・まーいいか。ドンマイドンマイ。


さて、そう言ってる間に、本編の方では女神編が終わりました。


女神編は、始まった時から、(途中は全く考えていませんでしたが)結末が大体決まっていました。そして、考えていた通りの結末になりました・・・のではありますが、実際にたどり着いた場所は、神のみの連載のなかで培ってきたキャラクターへの思いと、ボク自身への価値観への自問自答、それと神のみという連載そのものの意味が絡み合って、自分の現時点での全能力を使い切った思いがあります。それだけにいつも以上に不安もあるのですが、皆さんはどうだったでしょう・・・。


ハッピーエンドともアンハッピーエンドともとれない話ですが、とにかく「強い」結末であれ、と思っていました。だから、最後は女神達とヴィンテージの段取りはもうすっ飛ばしました。最後は1つのことだけ描くつもりでした。


女神編ではハーレムを扱いましたが、主人公に「本命」がいる場合の「結果としての疑似ハーレム」と違って、神のみのような全員均等に扱う正真正銘のハーレムものの結末というのは、すごく難しいものがあります。一般的には、ハーレムものというのは「女の子に許してもらう」ことでしか結末が迎えられないものです。桂馬はそういうものをあらかじめ念頭において、ずっと攻略をしてきました。大義名分のもとに。


しかし、そういうものすら許されない「女神がいない女子」という存在に関して、どういう結末を用意すればいいのか。神のみの物語のキャラクターはどこかで、自分がどういう役割が、心のなかで感じているようなところがあります。桂馬とちひろはどうしたくて、どうしたのか。あんまり事細かに説明しません。でも、桂馬の女神編の最後のパートナーはちひろしかないと思っていました。ちひろには、翼もない、恵まれた設定もストーリーもない、だからこそ、物語に負けず、自由に輝ける。



この回は、ちょうどボクの30代最後の原稿になります。そこでちょうどこんな回にあたって・・・まじめに神のみの最終回を先に描くつもりで描きました。価値観と言う意味ではこれ以上のものを、この先描けるかどうか・・・。絵的にも、ちょうどGW進行が重なったことで、いつもの倍の時間をかけて描くことができました。ギターも全部ポーズとって写真とって、描いたしね。もうパースもばっちり。スタッフの皆さんもドロドロになりながら手伝ってくれました。ありがとうありがとう。

 


ありがとうと言えば、曲について。
「初めて恋をした記憶」
この曲に関しては、本当にアニメスタッフの皆さんのご協力に感謝です。


実は、この曲は、最初からこの女神編の最終回のために用意された曲なんですよ。


まだアニメの1期の頃。アニメで使う候補曲の膨大な数のデモを聞いてる時に、ボクは「初めて恋をした日」というデモ曲に出会ったのです。この曲調、特に歌詞がすごくよくって、「この曲、ちひろのキャラソンに使ってもらえませんか」と、ボクは松田プロデューサーに直訴。その時は「まあ、まだ1期だし、ちひろの曲も作るかどうかわからないから・・・」ということで、その時は保留になりました。


その後、アニメ2期の曲準備の段階になった時に、ボクは改めて「あの曲を候補曲のなかに入れてください」と再プッシュ。しかし、ここでも曲調が地味という理由で「初めて恋をした日」はシングル曲として落選、ちひろのシングル曲は「It's All Right」になったのでした。こうなると、あのデモ曲は使われる場所がなくなり、他の番組の候補曲として流れてしまうかも知れない。


そこでボクは松田さんに、「あの曲の権利を買わしてくれ」と申し出ました。他であの歌詞を使われないように、ボクの方で押さえようとしたのです。その時はもう女神編は始まっていて、ボクはこの曲で終わろうともう決めていました


すると、なんと松田さんは「そういうことであれば、お金を出す必要はないです。アニメの方で予算とって曲にします」。と、甲さんと曲を仕上げてくれて、阿澄さんが歌まで入れて、完成曲にしてくれたのです。だから、この曲は「キャラソンを連載で使った」のではなく、「連載で使う曲を先にアニメで使った」という形だったのです。ホントにお世話になりました。実はねぇ・・・・2-Bペンシルズverアレンジも・・・・ごにょごにょ。まあ、これはおいおい。


もう思い残すことはないな!

と思っても、神のみはまだ続きます。続いてしまうです。描かないと、キャラクター達が路頭に迷ってしまうのです。で、次回は、アバンタイトルのような・・・そんな回です。どうぞよろしく。

wakakitamiki * 神のみぞ知るセカイ * 22:21 * - * - * pookmark
このページの先頭へ