<< 4/25:ようやく最初の関をクリア | main | 4/27:今日はとっても賑やかな一日でした。 >>

4/26:FLAG139「ケース・バイ・ケース・バイ・ケース」

まず告知。
昨日発売になったサンデー超5月号より、神のみのオープニングスタッフだった森田滋君の「新撰組秘闘 ウルフ×ウルブズ」が始まります!


 



新撰組ものか〜。ボク全く新撰組って知らないんよね(それ以前に時代劇全般疎い)。でも、この森田君のマンガで勉強すると大変ひん曲がった属性付きで覚えてしまいそうで怖い!森田くんは高い社会的モラルと低い個人的品性というアンビバレンツな男なんで、清濁併せ持った世界に、得意技の「爽快感」で駆け抜ける。そういう話になるんじゃないでしょうか!(新撰組のことはわからんから触れないw!)


来月は小嶋くんの連載も始まるし、アンケートはがきの欄が足りない!


 


さて、神のみ本編の方は第139話です。今回は神のみの未来を暗示するような展開というか・・・・。桂馬くんが色々な女の子を助けていった結果、どんどん火種がまかれていく皮肉。あまつさえハクアには「大悪人」とまで言われるし。桂馬にしてみれば、なんでこんなこと言われんやならん!の心境ですけど。ハクアのセリフは、実は、主語を女神から桂馬に変えても成り立つんですよね。う〜む。


しかし、だからこそ、この関係はハーレムものと違って、袋小路にならない気もします。月夜の顔とか見ているとね・・・・。まだ女神は残っていますが、女神が全員揃った暁には、桂馬はどうするんでしょうか?



それにしてもディアナはかわいかったね。ディアナのこういうところ、もっとみたいよ〜。

wakakitamiki * 神のみぞ知るセカイ * 20:31 * - * - * pookmark
このページの先頭へ