<< 4/11:アニメ神のみ2、本日より始まります。 | main | 4/13:DEVILS in TSUTAYA >>

4/12:FLAG137b「コアクマのみぞ知るセカイ」


写真は、アニメにあわせて作ってもらった、マテリエルの林シェフによるケーキです。単行本を持っていって、「ハクアのイメージ」で作ってもらいました。さすがクープ・デュ・モンドにショコラのピエスモンテの日本代表で出場したお方。素晴らしいと思いませんか?味も美味しかったー。


アニメの2期の1話もとってもよかったですね。なんかもー既に7回ぐらい見てしまいましたよ。普通、ラブコメ話は、女の子と女の子との接点(イベント)を追いかけるのがメインな訳です。しかし、神のみというお話は、男子も女子も描いて、そしてイベント、と、同時に裏で進行してるストーリーも謎解き的に描かないといけない。1期はその各要素のバランスの調整を延々とやっていたような気がします。そこでの色々な経験が、少しのインターバルを経て、楠の1話目では一気に全体の歯車が噛み合ってたような気がします。


OPEDについても、1期がすごかっただけにハードルがかなり上がったと思いますが、皆さんもご覧になったように、2期も素晴らしかったですよね。特にOPは曲がめちゃくちゃ時間がかかっていて、松田さんが現場で言い訳を延々としていた記憶しかないんですがw曲も映像も待っただけの値打ちがあった、と思えるクオリティです。ホント1期にも言ったけど、自分のマンガでこんなOPを作ってもらえるなんてね。幸せなことです。OPは恋人選びなんだ!お見合い写真なんだ!といつも思ってるんだけど、桂馬も女の子もカワイイことよ。しかし、ちひろは・・・これはサギだよw


ともかく、これからしばらく、よろしくお願いいたします。


 


そして、本編ではアニメでもさらにへっぽこぴー感が高まるエルシィのフィーチャー回でした。前回のエルシィ回同様、スケジュールを立て直す目的もある10ページ回なのですが、結構面倒な作画な上に、この原稿をやってる途中で震災が発生し、結局、ほとんどいつもと同じだけの時間がかかってしまいました。


内容については見ての通りです。エルシィって意外と要領がいいというか、自分の居心地のいいようにどんどん順応していくんですねぇ、そして、マイペースがゆるされる毒のなさ。桂馬と一緒にいるにはこれぐらいじゃないとダメなのかも知れません。ハクアが桂馬のバディになって以来、ますますエルシィの天然パワーのすごさを実感しました。


この話を踏まえて、この次の回を見てもらえると、色々比較ができるかな・・・と思います。この物語は、主人公目線のラブコメでありながら、桂馬目線でラブが成立せず、桂馬という異物に関わって「しまった」女の子たちの行動がラブのメインになってくるでしょうね。でも、少年誌だから、そういうものは大きな尺で描けないし。いつかわからないけど、神のみが終わったら、同人誌かなんかで、それぞれの女の子目線の本でも作りますか。

wakakitamiki * アニメ神のみ * 21:56 * - * - * pookmark
このページの先頭へ