<< 4/3:半周周回遅れ。 | main | 4/5:FLAG137「捕獲」 >>

4/4:中川かのん「Birth」全曲レビュー・その8(最終回)

9・ダーリンベイビ
10・Birth



らぶこーるの後に続く、アンコール的位置づけの曲。スターになったかのんちゃんが最後にプレゼント。そして、エピローグのインストで、ショウは終わりぬ・・・。


「ダーリンベイビ」は黒須克彦さん作曲。この人が神のみに出して下さったデモは全部ボク好みで、1期のキャラソン選びの時にかなりプッシュしたところ、ここで採用してもらえました。どこか懐かしくって、エネルギーがあって、そして切ない曲調、まさにポップソング。エンディングにふさわしい、後を引く曲だと思います。フェイドアウトで遠ざかっていく感じがまた良いよね・・・。松田Pが入れてくれたであろう、最初のかのんちゃんのカウントも効いてる。


実はこの曲で、ボクは声で参加できるはずだったんですよねぇ・・・この曲の観客による「ヘイ!ヘイ!」という合いの手、沢山の人でやった方がいい、ということで手が空いてる人にスタジオ招集がかかっていた。ボクは当然行くつもりでしたよ、ええ。ところが当日、風邪!一昨年の正月以来の風邪が、よりによってレコーディング当日だって・・・。という訳で、咳払い、手拍子に続く声のCDデビューは露と消えたのでした。まあ、いない方がいいと思うけど・・・。


という訳でかのんちゃんのデビューアルバムはエンディングを迎えた訳です。


もうそろそろ、Birth、飽きるほど聴いたわ・・・という方もいらっしゃると思いますが、そういう方はこういう曲順で聴いてみてはいかがでしょうか?



「コイノシルシ」
「ALL4YOU」
「ハッピークレセント」
「LOVE KANON」
「恋、ヨロシクお願いします!(シトロンの曲)」
「らぶこーる」


(アニメかのん編)
(UDXイベント)


「Yes-today」
「ダーリンベイベ」
「ウラハラブ」
「想いはRain Rain」



・・・・・これはどういう順番かと言いますと、これは「収録順」です。東山さんがかのんちゃんとして録音した順番。東山さんは(スタードライバーも同時に出たけど)、かのんちゃんで初めてメインキャラやって、歌の収録もやって、イベントもやり・・・そう思って聴くと、東山さんとかのんちゃんがどんどん一体感を増していってるのが、すごくわかる。18才の青春。レコーディング行く度に東山さんの歌がよくなっているので、これで終わりなんてもったいない。

個人的にも、このアルバムは色々面白い体験ができました。ジャケットやライナーノーツ、後DJCDも関わりましたし、素人が厚かましいことに曲選びやアレンジ、歌い方にまでくちばしを突っ込み、もう原作と同じぐらい思い入れのある「作品」になったと思います。アニメと原作を結ぶ、世界観の一部と言っていいです。松田Pや甲さん始めレコーディングスタッフの皆さん、全曲作詞してくださったzoppさん、作曲編曲をしてくださった皆さん、何より東山さんには改めて感謝です。そして、アルバムを買って下さった皆様に、御礼申し上げます。


是非、この先もかのんちゃんの歌が聴きたいなぁ・・・!セカンドアルバム・・・ううっ・・・。

wakakitamiki * かのんBirth全曲レビュー * 11:53 * - * - * pookmark
このページの先頭へ