<< 1/16:大人動画 | main | 1/19:見えない物欲を撃ちまくる >>

1/18:FLAG127「ツインブッキング」


かのんちゃんのアルバムのジャケットが神のみ公式サイトで告知されました。ので、こっちでも掲載。色味がちょっと違うでしょう。この絵、ホントはもっと大きいのです。フルサイズの方の絵もCDに入る入るはずなので、お楽しみに〜。



さてさて、神のみは127話です。一斉下校イベントパート第2話。今回は歩美&ちひろ。なんだけど、今週もなかなかうまく行きません。どうにも本気を出せないハクアもちょっとかわいいですが、そのせいでちひろと歩美がニアミス。ちょっとシチュエーションコメディになりかけますが、そうならずに結局1人1人片付けていく感じに。


ここの部分で歩美とちひろと桂馬の探り探りな感じの応対は、描いてて楽くて、「決着なんてつけないで永遠にこの状態でいいじゃん」って気に、描いてる方もなります。まあ、それがラブコメというジャンルなのですが・・・。


例えば、ギャルゲーだと、女の子に連続で会って、さらにその子その子に合わせて色んなことを言ますが、前に女の子に言っていたことなんて、プレイヤーとしてあんまり気にしません。それぞれ別のルートだとわかっているからでしょうか?

でも、マンガだと、ちひろと歩美は別のルートとは全然思えません。ひと繋がりに見えます。もし、ゲームをやったことのない人がギャルゲーをやると、会う女の子ごとに違うことを言う主人公はどういう風に見えるのでしょうね。そして、桂馬は歩美とちひろとの間にゲームと同じような切り替えはできるんでしょうか?それはボクにもはっきりしません。



てな訳で、次は桂馬は図書館へ・・・そこでは何が起こるのでしょう?次ははっきり言って変です!ちゃんとついてきてください。お願いします。はは。



今週のココマ


出てくると、毎回良い味を出す京ちゃま。僕のなかで京って、いとこのお姉さんって感じなんだよね〜。もしくはピアノの先生やってる女子大生とか。リラックスしたお姉さんって感じが。言い回しがラフなところもいい。

wakakitamiki * 神のみぞ知るセカイ * 19:26 * - * - * pookmark
このページの先頭へ