<< 4/25:紅と青 | main | 4/27:FLAG95「SISTER SECRET」 >>

4/26:補足。

今日はカラーを描いています。


そう言えば、ツイッターで僕が話した内容の「ガイドライン」について、ここで書いておこうかな。


よくマンガは、絵とかストーリーとかで評価されてるんだけど、僕的にはそういう端的なスペックでの評価では漫画家の全体像が見えないような気がして。絵が巧くなった=いい漫画家になったとは限らない。強化はされるかも知れないけど。むしろ前にブログでも言ったけど、技術が上がっていくと、新人は必ず一度劣化するしね。むしろ「こうしなくてはいけない」という形式に作家をはめてしまうような気がする。



時間がないので、詳しくは説明しないけど。
僕が自分の体験から得た新人が連載を獲れるまでの必要条件とは。


 


1・強力に描きたいもの(価値観)を持っている

2・それが、マンガ上に十分に表現できている

3・それが読者が楽しめるものになっている

4・1-3の要件が、コンパクトなエピソードやページ数で表現できる。

5・4の要件を何度も繰り返し出せる世界観やストーリーラインがある。



こういう感じ。1が一番大事で、ここは人によって作り出せるものじゃなく、また変にいらっちゃいけない部分。2は「テンポ」とか「語り口」みたいな技術的な部分だけど、1と密接にリンクしていて、ここもなかなか教えられるものじゃなく作家性のコアな部分。ちなみに新人の漫画賞は1か2をある程度満たしていれば何かしらの賞はとれる。1>2なら佳作タイプ。1<2なら入選タイプ。しかし、どっちか言うと1の方が上にすんなり行ける可能性があって、語り口でマンガを描くタイプは編集の直しが受け入れられず、低迷するルートもままある(僕がそうでした。僕はほぼ2だけで賞を獲ったので何を描けばいいかわからず、漠然とした「いいマンガ」みたいなものと戦う羽目になりました)。


この1・2がどこにあるのか、作家が知らなかったら探すのが編集者の仕事かも知れない。これは技術論ではなく、その作家の人生がどうであるかという話。



3以降が主に編集者の出番。作家性のなかから受ける部分を集中させる(受けない部分を切り捨てるという訳じゃなく1と2を持ってるその作家という人間全体をどういう風に魅力的に紹介するか・・・ということ)。僕の感覚では、1と2が揃ったら、クラブサンデーやサンデー超でまず連載。そのなかで3を磨いていって、5を見据えた4の状態を作って本誌読み切り。それで5を加えて本誌連載というのが机上の空論ルート。本当はこの後「ヒットする条件」みたいなところまで行きたいけど、これは自分の体験がないのでわからない。


新人は最初から自分が1-5まで全部持っていると思っているもので、それをより分け、通用する部分をしない部分を評価しながら、落ち込んだり復活したりを繰り返して、もう一度作家が全てを理解した状態で5に至る流れをどれだけ短時間で作れるか・・・。



まあ、この評価の運用をどうやるかってのはまだわかんないんだけどね。漫画描きだから、机上の論理以上のものは考えられないのね。


なんでこんな話になったかは、ツイッターを見ていただきたい。

wakakitamiki * セカンドデビュー * 22:06 * - * - * pookmark
このページの先頭へ