<< 1/11:京都の冬模様 | main | 1/13:再起動 >>

1/12:FLAG81:「少女・少年」


時間僅少につき、SDキャラ仕様です。

ボクがかつてバンドでドラムをやっていた頃は、こんな感じで、どこでもエアドラム叩いてました。異常者。




そういえば、編集部的には、今日から正月休み明けで平常運行になりました。思えば年末を迎えようとする私が正月にやりたかったことがありましたね。リストにするとこんな感じで。

帰省(2泊3日)
初詣に行く
京都のケーキ屋を巡る
高校時代の友達と飲む
部屋の掃除
PCのOSの再インストール
たまっているマンガの消化
たまっているゲームの消化
たまってる映画の消化
プロットの整理
神のみの先の構想をじっくり練る
単行本8巻の作業



とまあこんな感じでしたね。で、正月休みにできたこと。




帰省(2泊3日)→△(1泊に)
初詣に行く→○(八坂神社)
京都のケーキ屋を巡る→○(パティスリーエス、タンドレス、グルニエドール)



それ以外全部→×



という感じでした。何でこんな机に座ることになったんだろう・・・?おっかしいなあ。



てな訳で、今週の神のみは81話。新しい攻略ヒロインの登場です。前にも言いましたが、僕のマンガの女の子たちの名前は近鉄の駅名から採られてる訳でありますが,五位堂を使う時が来るとは思いませんでした。今回は名家のお嬢様ということで、重厚な名前のヒロインが登場です。



女神探しと駆け魂狩りとどっちにするか迷っていた桂馬ですが、近道かも知れない女神探しより、とりあえず駆け魂が目の前にある以上、駆け魂狩りを続けるしかないようで。「知らん仏より、知っとる鬼じゃ(菅原文太)」というところでしょうか。



結さんは、美生、月夜に続くお嬢様系のヒロインです。今度は和風で非ツンデレ。お母さんに押さえつけられているお嬢様という構図はオーソドックスな感じですが、このお母さんのイメージは「白い巨塔」の高畑淳子さんの感じです。



第1話の時点では、まだまだ何がなんだか、という感じですが、この娘はパーカッションで、ちひろはドラムを探している・・・。何か、結びつきそうな・・・そうでないような?ひとつ言えるのは、今回は「過去最長の攻略」になることは確定的です。天理編より長い。ちゃんと終われるかどうか心配ですが、ともかくお楽しみに。




今週のココマ




心なしかかわいくなった気のするちひろ。何か自分で書いてておいてナンですが、一度「覚えているかも」と言われると、全部意味があるように思えますな。




●そうそう、単行本の告知を変更しました。是非みなさま、よろしくお願いいたします。

wakakitamiki * 神のみぞ知るセカイ * 23:59 * - * - * pookmark
このページの先頭へ