<< 2/16:ぽんぽんしくしく | main | 2/18:ニューミュージック >>

2/17:FLAG40「スクラップト・ティーチャー」


今回は単行本作業中につき時間ないっす・・・という訳で、イラストは今週のカラー流用。QVGA待ち受けサイズ。


今週の神のみはキリよく40話目。長瀬編は5話目。そして、巻頭カラーでした。巻頭カラーがもらえるというのは、もうかなり前からわかっていたことで、本当は長瀬編はここが最終回になる予定だったのです。しかし、1週ズレこんでしまいましたね。ここまで桂馬はずっと流されていましたが、長瀬の状況を把握したようで、ここからようやく確信を持った動きに変わりました。桂馬が長瀬に自分の方から話しかけるのは5話目にして、実は初めてのことです。そして、3話目で目指していた長瀬先生の心を乱すことにも、ようやく成功しました。

ちなみに、本文16ページ、プロレス会場最後のコマで桂馬のアップがありますが、ここはネームの段階ではセリフが入っていたのに、原稿になった時にはカットしたテキストがありまして。そこには「これで、対等になれただろうか・・・」という身も蓋もないわかりやすいモノローグが入っていたんですねぇ。桂馬は長瀬との力関係を変えることはできたのでしょうか・・・。


ま、次の回は最終回なので、あんまり内容については、言わないことにします。現実の壁につぶかる純を、桂馬が何とかしてくれることを祈って。


ちなみに、今回のシリーズのタイトルは教師もののドラマや映画から採ってます。



今週のココマ



気分によってハクアにもドクロウにも見える不思議なマーク

まあ、今週は何よりもカラーが大変でした!何日かかったかわかんねーっすよ。巻頭カラーというのは負担が大きいので、仕事の遅いボクとしては色んな意味でドキドキするんですが、今回は正月休みが間に入るということで、「さすがに大丈夫だろう」ということで余裕を持って始めたら、正月休みを激しく消費した上に締め切りギリギリですわ。ホントやばかったなあ。英語のセリフも締め切りギリギリに友達呼び出して添削してもらったりして、感謝してます。

まあ、こんな面倒臭いのやろうと思った方が悪いんですが。この時ちょうどバットマンのマンガを読んでいたので、「アメコミかっちょいいなあ」みたいな気分で軽く考えてしまいました。構図的には、ジャニスジョプリンのチープ・スリルまんまっ。せっかくだからタイトルも手描きしたので、今回はデザイナーの人が楽でよかったんじゃないでしょうか。

それでも、キャラクター全部描けて楽しかったのも事実。同じコンセプトで、また描いてみたいですね。時間さえあればナンボでも、なんだけどなあ。
wakakitamiki * 神のみぞ知るセカイ * 18:52 * - * - * pookmark
このページの先頭へ