<< 10/27:時間なす | main | 10/29:敵が多過ぎて海が見えない! >>

10/28:FLAG26「地区長、誇りを取り戻す。」


あわー、もう一度くくろーっと。

さてさてー、5週に渡って続いたハクア編、遂に完結いたしましたー。いやー毎回4話構成だと短いなーって思ってましたけど、5話ともなるとたっぷり描ける反面、物語も大きくなってしまうので、体力取られますね!特にこのシリーズはカラーが2回も入り、しかも、単行本準備も入ったので、とにかく時間との戦いでした。


にも関わらずというか、ボク個人としては描線がちょっとキレイになった気がするんですが、いかがでしょうか・・・。それもこれも、ハクアどんのおかげかしらん。ハクアはパーツが多いから描くのは大変だけど、絵の密度は上がるんでいい感じ・・・。


ハクアは序盤は神様に振り回され、後半は自分の悩みに振り回されと、優等生にとっては大変な体験になってしまいました。ある場所で一番だった人間が、落ちぶれる。よくあることですわ。一度一番になった人間は、大概、さらに過酷な場所で一番になることを求められますからね。スリップストリームが使えない立場は大変です。


私なんか、一番になったこともないどころか、誰かから少し褒められるだけで、次も褒められないと・・・というプレッシャーにつぶされて人生何度も逃亡しましたねぇ。そんな私が、このシリーズでは2回も巻頭カラーになったんですよ!サンデー連載陣の先頭!それはそれは恐ろしいプレッシャーですよ・・・。思わず、黒丸氏に相談しちゃったよ。「ねえねえ、巻頭カラーって吐きそうにならへん?」と。


ハクアはドメスティック・アイドルから、ワールドクラスに飛躍できるのでしょうか。こうご期待ってところで・・・。いつもだったら、シリーズの最終回なんで、ハクアのプロフィールを書くところですが・・・今回は書きませんよ。なぜならー。えーっと、また来週!



今週のココマ

なぜ、空を飛んでいるのに生徒たちを抑えるかというと、駆け魂の巻き添えに一緒に吸われないためです。

ちなみに、今回のシリーズのタイトルは「赤毛のアン」風でお送りいたしました。
wakakitamiki * 神のみぞ知るセカイ * 18:33 * - * - * pookmark
このページの先頭へ